5・4西口プロレスで風香&渋谷のタッグ再び…ハチミツ&見た目がと対戦!
header
2008年|11月|12月|





5月10日

「風香引退記念試合」DVD発売記念トークショー&即売会

523日(日)午後6時~(午後5時45分より受付)
水道橋・貸会議室 内海 101会議室
(千代田区三崎町3-6-15)
JR水道橋駅西口より徒歩1分。ルノアールの2件先で、フィットネスショップと東京学院の間です。

<参加費>
6,500円(DVD代金が含まれます)
<お問い合わせ>
風香祭プロデュース 0336784226

※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

 



5月7日

引退記念試合のDVDを発売します!

FUKAMATSURI FIN~風香引退記念試合~
<定価>6,000円(税込)、<収録時間>220

<収録内容>
2010328日 後楽園ホール
<風香祭オープニング・ヤングファイト>
●紫雷イオ  vs 花月
<風香祭ランブル・時間差バトルロイヤル>
●(出場者)鈴木みのる、堀田祐美子、FUKAキッド、闘牛・空、ボリショイキッド、さくらえみ、
タニー・マウス、宮崎有妃、GAMIKAZUKI、カリビアンKIM、りほ、紫雷美央、
菊タロー、FUJITA、アントニオ小猪木、ジャイアント小馬場
<風の女・虎戦士有終の降臨~ティグレFUKAファイナル>
●ティグレFUKALEON vs プリンセサ・スヘイ&HIROKA
<風香祭MENSファイト>
●ウルティモ・ドラゴン&円華 vs NOSAWA論外&MAZADA
<チューチャー・エース・バトル>
●桜花由美&大畠美咲 vs 栗原あゆみ&夏樹☆たいよう
<風香引退記念試合~フォーエバー風香~>
●風香 vs 高橋奈苗

特典映像
各選手から風香へのメッセージ
<ダイジェスト収録>
●格闘技引退試合 シュートボクシング風香 vs 朱里
WAVE 風香&渋谷シュウ&大畠美咲 VS GAMI&紫雷姉妹
NEO 神取忍&風香 VS 井上京子&さくらえみ
●みちのく ザ・グレート・サスケ&風香 VS 気仙沼二郎&栗原あゆみ
●パッション 高橋奈苗&風香&しもうま和美 VS アジャ・コング&田村欣子&水波綾

5月23日(日)に即売会を行います。追って告知しますので是非、ご参加ください。



3月28日

風香引退記念試合、最後の風香祭は大成功!これにて風香は引退しました!

FUKAMATSURI FIN~風香引退記念試合~
328日(日)後楽園ホール    (観衆1,550人=超満員)

<第1試合>~風香祭オープニング・ヤングファイト~シングルマッチ 151本勝負
○紫雷イオ(824秒、ライダーキック→体固め)花月●

<第2試合>~風香祭ランブル 時間無制限勝負~
○りほ(1924秒、オーバー・ザ・トップロープ)鈴木みのる、FUJITA
※(退場順) 1.堀田祐美子2. GAMI 3.カリビアンKIM 4. ジャイアント小馬場5.FUKAキッド6.菊タロー 7.KAZUKI 8.ボリショイキッド 9. さくらえみ10. アントニオ小猪木 11.タニー・マウス12. 宮崎有妃 13.紫雷美央14.闘牛・空





<第3試合>風の女・虎戦士有終の降臨~ティグレFUKA FINAL
タッグマッチ151本勝負
○ティグレFUKA    vs     HIROKA
 LEON             プリンセサ・スヘイ●
850秒、マック&ジャックナイフ)                    



<第4試合>~風香祭MEN'Sファイト~ タッグマッチ201本勝負
○ウルティモ・ドラゴン  vs    NOSAWA論外
 円華                MAZADA
1143秒、アサイDDT→片エビ固め)                      

<第5試合>
~風香リクエストマッチ フューチャーエース・バトル~タッグマッチ 151本勝負
桜花由美       vs    栗原あゆみ
大畠美咲            夏樹☆たいよう
15分時間切れ引き分け)                      



<第6試合>
風香引退記念試合~フォーエバー風香~シングルマッチ 30分1本勝負
○高橋奈苗(1633秒、ナナラッカ→エビ固め)風香                      







 

 


3月26日

飛行機トラブルでダーク・エンジェル欠場、代わりにLEONが参戦!

(最終情報)

①本日、来日予定でしたダーク・エンジェルは飛行機トラブルにより到着が間に合わなくなり後楽園大会への出場は無理とたりました。プリンセサ・スヘイ、HIROKAは午前717分着のアエロメヒコ航空58便で日本に到着。後楽園大会はダーク・エンジェルに代わり、LEON(JWP)が出場。ティグレFUKAとのマスクウーマン・タッグを実現させます。ティグレFUKA&LEON対プリンセサ・スヘイ&HIROKAとなりました。何卒ご了承ください。

②当日券情報…Sシート、Aシート、Bシート、Cシート、Fシートは完売。Dシート(当日料金5000)Eシート(当日料金4000)がそれぞれ若干枚数あります。これらの席が売り切れた場合は、東西バルコニー立見(3500)、南側立見(3000(を販売いたします。


引退記念試合で発売される最新グッズ情報④

最後の大会フォトブックが完成しました。今回は風香のデータがぎっしり詰まった1冊となり、BATTLE年表を始め、リング・ファッション集、キック大全集、何と言っても目玉企画なのが男女プロレスラー&格闘家&関係者とのツーショット・アルバムでしょう。総勢200名以上のツーショットは圧巻で、風香にとってもいい記念になります。24Pで定価は1,500円。限定部数ですのでお早めにお買い求めください。

   ▲左が表紙、右が裏表紙です!



3月25日

サムライTVで最後のMCにトライ…あゆみ&夏樹もゲスト出演!

 324日(水)の午後10時から生放送された、ファイティングTVサムライのニュース番組「SARENA」で風香がMCに挑みました。引退まであと4日を残すところになりましたが、意外に落ち着いてMCをこなしたのです。進行をRINGSTARSの泉井弘之介氏が担当し、風香を好フォロー。後半からゲストに夏樹☆たいよう、栗原あゆみが登場し同世代3人によるトークでしたが、噛み合ったかどうかは微妙。それでも、時折り夏樹が急にテンションを上げたりして盛り上げていました。番組の最後には両親が風香にメッセージ。これには風香も感激ひとしおでした。大会当日はサムライTVのニアライブとして、午後11時から3時間に渡り引退記念試合を放送します。会場で応援できない方は是非、サムライTVで風香の最期を共有してください。

  


3月24日

引退記念試合で発売される最新グッズ情報③
大会終了後は水道橋でグッズ販売&ツーショット撮影会決定!

<風香引退記念グッズ情報>

①大会記念フォトブック…1,500
②オリジナル・プロレスカードセット…1,000
⑤各種ポートレート…1,000
⑥福袋・限定10個…5,000
⑦写真付サイン入り色紙…1,000

※会場の都合上、試合後のグッズ販売が出来ないため午前1045分より5F受付にて
一部、商品の発売を行う予定(変更の可能性あり)。またSシートをお買い上げの方に限り、午前1130分開場のところ、午前1115分にロビー売店のみ開場いたします。

※また風香からファンの皆様に接する時間を設けたいという意向があり、試合終了後の午後4時から水道橋駅西口から徒歩30秒のところにある「フィットネスショップ水道橋店」にてグッズ即売会&ツーショット撮影会を行うことになりました。みなさん、引退試合を終えたばかりの風香に労いの言葉をお掛け下さい。

328日(日)1600~「フィットネスショップ水道橋店」(東京都千代田区三崎町3613 寺本ビル1F ※雨天の場合は4Fにある格闘技&トレーニングジム「MASTER JAPAN」に場所を移し行います。

水道橋駅西口より徒歩30秒、「ルノアール」の隣です。

 



3月23日

渋谷が怪我で欠場、桜花が代打出場、渡嘉敷の出場は中止!

FUKAMATSURI FIN~風香引退記念試合~
328日(日)後楽園ホール 1230

(カード変更)
①渋谷シュウ選手が鼻骨骨折および眼窩底骨折のため、欠場となりました。代打として桜花由美選手が、大畠美咲選手とJDスター軍を組み出場します(桜花は予定していたバトルロイヤルは不参加)。尚、渋谷シュウ選手は特別リングアナとして、この試合をコールいたします。ご了承ください。
<第5試合>
~風香リクエストマッチ フューチャーエース・バトル~タッグマッチ 151本勝負
桜花由美(WAVE)     vs   栗原あゆみ
大畠美咲(エスオベーション)    夏樹☆たいよう(パッション・レッド)
   
(カード中止)
渡嘉敷勝男さんが出場するエキシビジョンマッチは中止になりました。渡嘉敷コメント「ボクシングコミッションからストップが掛かりました。エキシビションまで禁止とは、長年ボクシングをやってきた私自身も知りませんでした。出場することを楽しみにしていたため、すごく残念に思います。申し訳ありませんでした」。よって次のカードは中止となりましたので、何卒ご了承ください。<第6試合>
風香祭スペシャル・エキシビジョン~渡嘉敷勝男ワンファイト~ 3分2ラウンド
渡嘉敷勝男  vs  木村嘉人(渡嘉敷ジム=フェザー級4回戦)


3月22日

サムライTVで風香特番放送!

 328日の引退を目前にして、風香の引退特番が放送されています。第1回目は321日(月)午後11時からオンエア。この1時間で風香の軌跡がわかる内容となっており、地元奈良で各名所や中学校など所縁の土地を訪ねたり、自宅にもカメラが初めて潜入した。家族が風香への思いを語り、風香のお宝グッズが収められた部屋も紹介されている。そしてデビュー前から現在に至るまでの貴重な試合映像&インタビューが満載。これもディレクターの村山ペンギンによる力作なのだ。リピート放送は次の通り行われます。
 3/24(木)20002100
 3/27(土)15001600
 3/28(日)23002400
 3/29(月)9001000

        



3月20日

引退記念試合で発売される最新グッズ情報②

風香引退記念写真集
「FOTOLIBRE/FUKALIBRE」
定価/3,500円(税込)、52P 特典DVD付

328日に引退する風香のラスト写真集。格闘技引退試合として行われたシュートボクシングの熱闘を始め、メキシコでのラスト・ファイト、スタジオ特写、メキシコ・ロケを敢行。風香の魅力が詰まった1冊だ。

(特典DVD映像)
FUKA  ADIOS MEXICO
228日 アレナ・ロペス・マテオス
風香&プリンセサ・スヘイvsダーク・エンジェル&HIROKA
◆ティグレFUKA メキシコ・ラストファイト
225日 アレナ・ナウカルパン
ティグレFUKA&フロール・メタリカvsディアボリカ&レディ・メタル

           

3月19日

パッション風香が充実の熱きファイトで新木場に別れ!

"完全燃焼"をテーマに紅い鉢巻きを付けた風香が、パッション・レッドのメンバーとして弾けた!最初で最後のパッション風香となり、高橋奈苗&しもうま和美と組んで登場。対戦相手はアジャ・コング&田村欣子&水波綾という3人。ジュニアの王座を狙うしもうまは、水波を意識して闘えば、風香は田村と真っ向勝負。前半は田村に翻弄されたが、試合が進むうちにキックがヒットする。アジャとは一瞬の遭遇で終わったが、風香はプランチャで場外に飛んで見せるハッスルぶり。水波が奈苗相手に大善戦したが、最後はイクボムで完全フォール。パッションに凱歌が上がったのだ。風香はパッション・トレインや1パッションも体感。思い出の地、新木場で有終の美を飾ったのだ。さあ、引退試合まで待ったなし…あと9日後には運命の日を迎える。

風香「周りの情熱に持ってかれて、いつもより意地とか見せられたと思うから…本当にいい試合だと思うから、パッション・レッドに入れてもらって、こういう試合を組んでもらって本当に良かったです!ありがとうございました!技も感情も今日はすごく合格点でした。最後の新木場ということもあって、いい試合をすることが1stRINGに有り難うということなので、それが出来てすごく良かったです。何かここ最近の試合はランナーズ・ハイみたく、試合中にしんどいとか痛いというのを前より感じなくなったので、なんかドンドン感情が前に出るようになりました」。

パッション・レッド興行 1PASSION
319日(金)新木場1stRING
◇パッション・メガミックス 301本勝負
○高橋奈苗&風香&しもうま和美(2321秒、イクボム→エビ固め)アジャ・コング&田村欣子&水波綾●

  



3月18日

引退記念試合で発売される最新グッズ情報①

引退記念コンプリート・コレクション
風香THE BEST2009
2009年風香の軌跡&風香祭12完全収録~

収録時間/225分 FMP-109  定価/6,000円(税込)

引退を発表した2009年、風香にとっては大いなる行動の足跡を残した。3度の海外、宿命の一騎打ち、6度の風香祭開催、他団体出陣と全43試合をダイジェストで網羅。風香を語る上で重要な1年だった。また、新木場で最後の風香祭を完全収録。

<特典映像>
FUKA MATSURI12~風香祭新木場FINAL
1223日 新木場1stRING 
<新木場聖戦オープニング・バトル>
●カリビアンKIM vs アントーニオ本多
<メキシコ~センダイ未知との遭遇>  
●下田美馬  vs  DASH.チサコ
<柿本家ファミリー劇場(最終回)>
●風香&闘牛・空 vs 柿本政秀(父)&柿本元気(長男)
<風香祭DEハイスピード>
●高橋奈苗&藤本つかさ vs 夏樹☆たいよう&パッションRay
<風香祭2009クライマックス>
●風香 vs 里村明衣子

  



3月16日

沼二郎の婚活ならず…風香がサスケとのタッグ実現、みちのくマットで旋風!

最初で最後となった風香のみちのくプロレス参戦は、サスケとのタッグで出場。気仙沼二郎&栗原あゆみとメインで激突し、有終の美を飾ったのだ。引退を記念して開催された同大会だが、サスケにとっても久しぶりのミックスマッチとあり、基本的には男女は絡まないルール。試合はサスケと沼二郎が重厚なグラウンドの攻防を展開。風香と栗原は女子プロ レスらしいスピーディーな動きを見せる。沼二郎は時折、セクハラ攻撃を見せ風香を動揺させるが、これはサスケが阻止。「男同士、女同士が闘う!」そんなサスケの忠告を沼二郎は聞くはずはない。沼二郎はヒップアタックで風香を苦しめたが、サスケの救援に救われる。サスケは久しぶりにラ・ケブラーダを沼二郎に放った。勢いが付きすぎてサスケは足を負傷。風香は栗原を追い込むが、なかなかフォールには繋がらない。昨今のミックスマッチは、男女の闘いが普通に繰り広げられるがみちのくでは、男女が絡みそうで絡まないシンプルな形となった。勝負は風香がドールFを沼二郎に爆発させ、サスケがコーナー最上階からのサスケスペシャルXver10.2セグウェイを投下した。敗れた沼二郎だが、婚活中とありパートナーの栗原にプロポーズ。あっさりフラれると、今度は風香に「引退後に結婚を前提に付き合ってください!」とアピール。間髪入れず風香は断ると沼二郎は大の字に倒れたのだった。

風香「秋田に来るのは初めてだったので、すごく楽しみにしていたから、すごく楽しめました。本当に楽しかったです。男子は男子、女子は女子と今までやって来たミックスマッチとは違い、あゆみちゃんと試合をしているみたいでした。(最後の栗原戦について)引退を発表してから、やってみたい選手に栗原の名前をずっと挙げていたので、こういう形で実現させてもらって、良かったです。」、サスケ「まず(風香が)本当に大館に来るのか、私が半信半疑だったですから(笑)。もしかして、ドタキャンとかされるんじゃないかと心配でしたね。だって東北が最初で最後でしょ?引退間近かで、みちのく自体も最初で最後でしょ?ありがとうございました!」。

みちのくプロレス 春の東北ツアー最終戦
316日(火)大館市民体育館
◇ミックスマッチ 時間無制限1本勝負
○ザ・グレート・サスケ&風香(2157秒、サスケスペシャルXver10.セグウェイ→片エビ固め)気仙沼二郎●&栗原あゆみ





    

    

   



3月15日

後楽園大会の追加発表&チケット情報!

FUKA MATSURI FIN~風香引退記念試合~
328日(日)後楽園ホール 1230PM

(追加カード)

<第4試合>
~風香祭MEN'Sファイト~ タッグマッチ201本勝負
ウルティモ・ドラゴン       NOSAWA論外
(闘龍門MEXICO)   vs     MAZADA
円華               (東京愚連隊)
※Xとして発表した選手はフリーの円華となりました。

 

(チケット情報)
あと2週間を切りましたが、大会の残りチケットは次の通りです。
Sシート/15,000(完売)
Aシート/10000円…事務局に1枚あり
Bシート/6,000円…後楽園ホール、事務局に数枚のみ
Cシート/5,000円…後楽園ホール、チケットぴあ、事務局に数枚あり
Dシート/4,000円…後楽園ホール、チケットぴあ、e+、DEPOMART、事務局にあり
Eシート/3,000円…後楽園ホール、チケットぴあ、e+、DEPOMARTに数枚あり
Fシート/1,500円…後楽園ホールに数枚あり



3月14日

神取と夢のタッグ実現で京子&さくらに激勝!

 NEO10周年記念大会のセミに抜てきされた風香は、“ミスター女子プロレス”こと最強の議員でもある神取忍とタッグを結成。NEOの重鎮、井上京子&さくらえみと対戦した。試合は半年ぶりに神取が、まったくブランクを感じさせないファイトを発揮。それぞれが個性を発揮し、キャラクターが浮き彫りにされ観客を沸かせた。風香は京子の雪崩式ブレーン・バスターに叩きつけられるが、さくらとはキックとチョップ合戦を展開。神取は1本背負いから、腕十字にさくらを極めると、風香はコルバタからのクリストで好フォロー。風香は神取とのタッグで勝利を収め、NEOマットの最終戦を飾ったのだ。

 神取「でもね10周年と言っても、10年の意味はすごく大きいし。10年の積み重ねの中で何かさせてもらいたかったし、逆にこうしてリングで闘えたことにある意味で感謝している。これから20年、30年続けてもらいたい」、風香「引退前のカウントダウンに、神取さんみたいなすごい方と組めて、本当にいい記念になったし、それで勝てたのですごく嬉しいです。この京子さん&さくらさんに勝った勢いで引退まで突っ走りたいと思います!」。神取「やっぱり、闘う国会議員はいつでも期待に応えなきゃいけないし。風香選手は初めてこうしてリングに立ったんだけど、いいものを持っているし、もったいないよね。やりやすかったよ。いろいろな面が絡み合って、思い出深い試合になったんじゃないかな。」

NEO SPECTACLE IN 聖地 川崎
314日(日)川崎市体育館
◇タッグマッチ 201本勝負
○神取忍&風香(742秒、腕ひしぎ十字固め)井上京子&さくらえみ●

    
 
  




3月11日

渡嘉敷勝男が風香のために25年ぶりにリング登場!

  本日、キムカツ恵比寿本店で追加カード発表会見が行われ、プロボクシング元ライト・フライ級チャンピオンの渡嘉敷勝男が参戦することが決まった。

風香「渡嘉敷さんとは元々、プライベートでの知り合いでして、風香祭にいつも来ていただいて。渡嘉敷さんがある時『俺も試合がしたいな~!』と言ったのを、周りのみんなが聞き逃さずに『是非、やってください!』という流れから、本当に実現することになりました。渡嘉敷さんはこれが本当に最後と、おっしゃってくれているので、渡嘉敷さんの最後、風香祭で燃え尽きてくれることになりました。私も引退なので、二人で燃え尽きたいと思います!」、
 渡嘉敷「引退して
25年経ちますから、渡嘉敷ボクシング・ジムというのをやっているんですけど。12年ですか…世界ランカーも出て、世界タイトルマッチもやっていますが。25年も開いてまして体も鈍っていますから、まあせっかく友達の風香ちゃんが引退するということで、じゃあ俺も何か協力したいな、協力出来る事があればと思ったら、セミファイナルで出場してくれと。俺も5階級位上の(笑)プロボクサーと、23歳の選手なんですけど。これを最後に…ガチンコ勝負は最後にしようかと。もう50になりますからラスト・ファイトのつもりでやります。女性ばかり上がる女子プロレスのリングに上がれて嬉しいですね(笑)。女子プロを見に来る人はボクシングをあまり見たことがないと思うので、ボクシングの魅力も見せれるように、血と涙の結晶を見せたいですね」。

     

FUKA MATSURI FIN~風香引退記念試合~
328日(日)後楽園ホール 1230PM

<追加カード>

<第6試合>
風香祭スペシャル・エキシビジョン~渡嘉敷勝男ワンファイト~ 分2ラウンド
渡嘉敷勝男  vs  木村嘉人(渡嘉敷ジム=フェザー級4回戦)
※風香の引退に花を添えるため25年ぶりに渡嘉敷勝男がリングに立つ。

渡嘉敷勝男  
1960727日生まれ、沖縄県出身。781228日、ボクシングの名門、共栄ジムでプロデビュー。811216日、WBA世界ライトフライ級王者となり、5度の連続防衛を記録。84年に現役を引退し芸能界入りし、“トカちゃん”の愛称でタレントとしても活躍。現在は渡嘉敷ボクシング・ジムの会長として後進の育成に力を入れる。現役時代の対戦成績は2519勝(4KO42分。

~風香祭ランブル 時間無制限勝負~
追加選手としてKAZUKIJWP)、FUJITA(東京愚連隊)が出場する。



3月10日

渋谷と万感の5分間…WAVEJDスターの盟友トリオが実現!

 引退まで残り4試合となった風香だが、最後のWAVE参戦はJDスター時代に苦楽を共にした渋谷シュウ、大畠美咲とトリオを組み、風香マニアのGAMI、パニック・パワーの妹分である紫雷姉妹と対戦した。実は引退試合でこのトリオを考えていたこともあり、風香にとって一番、思い入れの強い仲間との再会マッチとなった。試合は3本勝負で行われ、1本目は渋谷がイオをダイビング・セントーンでフォール。2本目はイオがイオデジャネイロで、渋谷を切って落とす。3本目は接戦の末、風香がドールFGAMIからピンフォール勝ち。JDスター・トリオが勝利を得たが、マイクを持った風香が渋谷とのシングルマッチを懇願。すると5分間の闘いのゴングが鳴ったのだ。同期で互いの長所・短所を知り尽くしている両者は、持てる力を出し切ったが5分間は短かった。試合後、この日に出場した全選手がリングに上がり、1発づつコーナーに立つ風香めがけて突進する。桜花はビッグブーツを思いっきり、風香の顔面に直撃させる。これには風香も吹っ飛んだ。最後はWAVE流のお祝いで、風香がケーキの洗礼を浴びてリングを後にした。

 大畠「風香さんに引退まで組むことは無いと思っていて、WAVEさんで組んでいただいて、しかも最後は3人で力を合わせて勝てたので嬉しいです」、渋谷「風香とは同期なんですけど、あまり組んだりやったことも少なかったんですけど、こうやって最後にやれて、勝てて良かったです」、風香「私も最後、どうしても絡みたいと思っていたので実現できてすごく嬉しかったし。最初はなかなか出れなかったので、このまま出れないまま、二人が勝っちゃたらどうしようと思っていたんですけど(笑)。GAMIさんは私が全然、勝てない頃から「風香ちゃん!風香ちゃん!」って言ってくれて。全然、存在感が無かった私をGAMIさんが言ってくれることで、存在感を出してくれた。その意味で風香と言うキャラクターを確立したのはGAMIさんなので、GAMIさんと最後、出来てよかったし…紫雷姉妹もずっと風香祭で協力してもらったので、今日の6人は思い入れの強い選手ばかりだったのですごく良かったです。その中でもデビュー前から苦楽を共にした渋谷というのは、どうしてもやりたかったので。この6人でも十分、満足なんですが欲を出して、今日は勝ったらやらせてほしいと言うつもりでいました」。

Weekday WAVE
39日(火)新木場1stRING
THREEGAME’s・WAVE~メモリアル編・さよなら究極のアイドル~603本勝負
風香&渋谷シュウ&大畠美咲(2-1)GAMI&紫雷美央&紫雷イオ
①渋谷(952秒、ダイビング・セントーン→片エビ固め)イオ
②イオ(112秒、イオデジャネイロ)渋谷
③風香(145秒、ドールF→片エビ固め)GAMI

◇特別試合 51本勝負
風香(時間切れ引き分け)渋谷シュウ

       

3月9日

最新号のSUPER LUCHASでまたもや表紙ゲット!

今週発売のSUPER LUCHASで、風香がまたまた表紙の一角に加わりました。先日のアレナ・ロペス・マテオスでの「FUKA ADIOS MEXICO」の模様が掲載されました。今週号の週刊プロレスでも、メキシコでの写真&インタビューが載ります。ついにあと3週間を切りましたが、風香のマスコミ攻撃は止まりません。

   

  



3月8日

ティグレFUKAの応援用マスク&フィギュア発売!

39WAVE新木場大会は、風香にとって馴染みのある元JDスター・トリオで最後の出陣となります。そしてメキシコから帰国し初の試合であり、国内では131日の仙女以来、37日ぶりとなります。この日から数え、あと17日間の現役生活…皆さん、しっかり目に焼き付けてください。

WAVEで発売するのはメキシコ土産の2種類。ティグレFUKの応援マスクを、アレナ・ナウカルパンの出場プログラムを付け15000円で発売。限定25枚でWAVEでは18のみ販売。またティグレFUKAのビッグ・サイズ・フィギュアが一体6000円。限定5体のみです。

   


3月6日

引退試合直前、最後の試合はパッション興行カード決定!

風香がパッション・レッドに加入した大会「4PASSIN」のカード発表がアイスリボン道場で、ファン公開で行われました。風香のカードは、高橋奈苗&しもうま和美と組み、アジャ・コング&田村欣子&水波と6人タッグで対戦。これが正真正銘、引退試合直前の最後の試合となります。また、それが新木場1stRINGというのも、何かの因縁でしょう。パッションを注入されたパッション風香“にご期待ください!

4PASSION~前後裁断~
319日(金)新木場1stRING 1900
◆パッション・メガミックス 6人タッグ 301本勝負
高橋奈苗     vs    アジャ・コング
風香            田村欣子(NEO
しもうま和美        水波綾(仙女)

   ▲アイスリボンの会場でカードが発表された。

 

3月5日

マリアッチ風香はいかがですか!?

  メキシコの正装であるマリアッチの衣装を着た風香。ベージュのカラーが良く似合うが、ソンブレロを被るとまさにセニョリータそのものだ。今回、「FOTOLIBRE」の撮影でこの格好をしましたが、ソカロ広場に姿を現すと、道行く男性の視線を釘付けにしました。引退記念試合の行われる3月28日、後楽園ホールで緊急発売される「FOTOLIBRE」はまさに、プロレスラー風香・最後の写真集となります。追ってまた情報をお届けしますが、マリアッチ風香も魅力的でした。

      



3月2

神取との夢のタッグが実現!NEO10周年に花を添えるか!?

NEOの10周年記念大会が行われる314川崎で、風香が神取忍とのタッグを実現させ、井上京子&さくらえみと対戦が決まった。風香と神取のリング上での接点はこれまで無かったが、2年半前に1度雑誌の取材で対談を行っている。参議院議員会館に足を運び、神取の部屋で束の間の時間を過ごしたことがあった。丁度、風香が痴漢逮捕で警察から贈呈された感謝状を持参し、神取に誉められたのだ。風香も神取も、プロレスを世の中に広めているという共通点があり、京子&さくらと話題の顔合わせとなる。

NEO SPECTACLE IN 聖地川崎
314日(日)川崎市体育館 1630PM
◇スペシャルタッグマッチ
神取忍&風香  vs 井上京子&さくらえみ

 ▲2007年にレディース・リング誌で対談。


2
28

メキシコ最終試合でHIROKAからフォール奪い、有終の美を飾る!

 風香のメキシコ最終戦が行われるアレナ・ロペス・マテオスは、郊外のトラネパンテラにある会場で、様々なインディー団体が開催する場所。風香は誰よりも早く会場入りし、リングを使った練習に余念がない。メキシコでは珍しい、女子だけの興行だけにプロモーターもモデルケースにしたい様子。試合前には入場式が行われ、主役の風香がスペイン語で挨拶するとヤンヤの喝采。するとHIROKAが乱入し、風香を突き飛ばす
 試合は「レレボス・インクレイブレ・インターナショナル」という風香&プリンスサ・スヘイvsダーク・エンジェル&HIROKAの、テクニカ&ルーダの混合マッチ。通常は敵味方同士だけに、いつ裏切りがあるかもしれない。風香はエンジェルと注目の初コンタクト。前回の遠征では初タッグを結成したが、日本のファンにとっては夢の顔合わせ。互いにアームホイップの応酬を見せ、互角の展開。1本目は途中でスヘイとHIROKAがルーダの合体を見せると、風香とエンジェルもダブル・ドロップキックで対抗。二人を場外に蹴散らすと、風香が油断したスキにエンジェルが得意のライネータでギブアップ勝ち。2本目も時折、ルーダがダブルの攻撃を見せたが風香がコブラツイストでHIROKAを締め上げると、スヘイがカングレーホをエンジェルに決めた。3本目は風香とエンジェルが激しいキック合戦で意地の張り合い。再び仲間割れしたHIROKAとエンジェルだが、エンジェルが世界一美しいプランチャ・スイシーダを場外のスヘイに炸裂すると風香は電光石火のマックでHIROKAを丸め込みフォール勝ち。風香がメキシコ最終戦を見事に勝利で飾ったのだ。奇しくもこの日は、風香のデビュー6周年だった。

試合後は風香のセレモニーが行われ、ニセ大仁田ことロッキー・サンタナ、スペル・ルチャス誌のオカンポ編集長から花束、プロモーターのマヌエル・フローレスから記念楯が贈られた。風香はスペイン語で「グラシアス!ムイ・アモール・メヒコ!グラシアス、アディオス!」と感謝を示した。ところがパートナーのスヘイが花束で、風香を襲い日本での対戦を煽ったのだ。

風香「最後だから、すごく頑張れたと思います!ダーク・エンジェル選手、HIROKA選手、スヘイ選手すごく、いい選手なので私はいつでも応援させてもらっています。次は日本で試合をさせてもらいますが、負けないようにしっかり練習を積みたいと思います。試合はすごく楽しかったです。メキシコの皆さんは、すごく暖かくて日本人の私にも応援してくれるので、また今度は遊びに来たいと思います!」

228日 ~FUKA ADIOS MEXICO
アレナ・ロペス・マテオス
◇時間無制限3本勝負

風香&プリンセサ・スヘイ(2-1)ダーク・エンジェル&HIROKA
1本目
エンジェル(539秒、レイネーラ)風香
2本目
スヘイ(411秒、カングレーホ)エンジェル
3本目
風香(541秒、マック)HIROKA

   

   

  

 FOTOGRAFO ISMAEL SALGADO GUEVARA ¨ROSTRO OCULTO” 

2月27日

乗馬を初体験!FOTOLIBREに掲載します!

 午前中から撮影のため、メキシコシティーの郊外に行く。そこはカバージョ(馬)を乗せてくれる観光地みたいなところ。ここで風香はマリアッチの衣装を着て、初めて馬に乗ったのだ。衣装はスカートだから撮影では、馬に跨がることは出来ない。「恐~い!恐~い!」を連発したが、そこはバランス感覚も良く無事に乗っていたのだ。この写真も、引退記念試合が行われる後楽園大会で発売する「FOTO LIBRE」に掲載されます
 

226

パンディータの店でサイン即売会は大盛況!

 午前中に大川カメラマンの計らいで、なんと仮面貴族ミル・マスカラスとツーショット撮影。マスカラスも「ルチャドーラか?」と満面の笑顔で対応してくれた。午後1時からは「METRO」という新聞の取材に応じ、コスチューム姿で撮影。そのあとにインタビューを受けたが、記者からも引退を惜しむ声が上がっていたほど。
 夕方からはパンディータのカフェでグッズのサイン即売会に。ここはメキシコの風香マニアが集結。約
1時間に渡りファンとのコミュニケーションに努め、50人ばかりのファンを喜ばせた。

   


2/25

メキシコ遠征①ティグレFUKAが感激のメキシコ登場!

風香は現地時間の223日、アメリカンとメキシカーナ両航空機を乗り継ぎロスを経由し午後630分にメキシコシティ入り。ロスで5時間のトランジットにも関わらず、空港で食事をした後も機内食を平らげ食欲旺盛ぶりを発揮した。宿泊するホテル・プエブラに到着後、その日は時差ぼけでなかなか寝付けなかったというが、24日は午後から撮影で着用する衣装を探し、アレナ・コリセオ付近に出向いた。昼食はもちろんメキシコ料理。夜もホテル近くのファミレスでタコスを食べ、自ら進んで屋台の食事にも通ったのだ。
 25日は午前中から引退記念として発売する「FOTOLIBRE」の撮影。教会&ソカロ広場でメキシコ風衣装を着て、すっかり変身した姿をカメラに収めた。出来映えは、328日までお待ちください。その後は日本食レストラン「チャセキ」で昼食。午後5時半過ぎにホテルを出発し、試合会場のアレナ・ナウカルパンに向かった。この会場は闘龍門MEXICOに隣接しており、IWRGという独立団体が週2度の定期戦を開催。最近ではレボルシオン・アマンドラの3人がここで試合をしている。風香はまだ誰もいない会場でマスクを被り、ティグレFUKAとなり一人で黙々とリングの感触を確かめた。メキシコは各会場でリングが常設されているが、コンディションが全部違うため、入念に受け身を取りロープワークを確認しなければ危ない。じっくり約1時間に渡り練習を繰り返すと開場する時間となった。
ティグレFUKAとしてメキシコ最終戦に臨んだが、相手は言葉もわからぬルチャドーラの猛者たち。初期のJdに参戦したことのあるフロール・メタリカと組み、対戦相手はディアボリカ&レディ・メタル。女子がセミファイナルに抜擢されるのは、異例のこと。最後に客席の上段にある入場ゲートから登場したFUKAには、ファンが群がり「フーカ!」コールが飛ぶ。ルーダの二人が威嚇し、FUKAをなかなかリングインさせない。試合形式は時間無制限3本勝負で、ルチャ・リブレでは定番だ。

1本目はルード軍の猛攻撃で、デァアボリカがアイコノクラズムでメタリカをフォール。すると間髪入れずメタルが、FUKAを畳み込むようなエステカ・インディアで丸めた。タッグマッチの場合、双方に勝利しないと成立しないルールとなっているのだ。2本目もルーダ軍は攻め込むが、場外に落とされたFUKAは珍しく怒りを爆発させ、メタルに容赦ないキックを浴びせる。そのFUKAがディアボリカの両腕を取ると、コーナーからジャンプしメタルにティヘラを仕掛け二人を同時に投げつけた。そしてメタルにティヘラから、ドールFを炸裂させコブラツイストで締め上げる。メタリカは豪快なパワーボムを繰り出し、テクニカ軍が2本目をものにした。3本目はメカリカがメタルにカサドーラを掛けるが、ディアボリカがアシストしメタルが押さえ込む。FUKAもメタルにカサドーラ、これは完全フォールとなり、FUKAとディアボリカで勝利を争う。ディアボリカが観客に「こっちの勝ちだ!」とアピールしている背後にFUKAはキックを見舞わせ、619で倒しさらにエルボー・ドロップから勝利を奪ったのだ。すると場内は「フーカ!」コールに包まれた。メタリカがFUKAの目をマスク越しに隠すと、なんとプロモーターから記念の楯が贈られるサプライズ。出場選手がリングに上がると、アレナ・ナウカルパンとしてFUKAの引退セレモニーが行われたのだ。FUKAがマイクを持ち、つたないスペイン語で挨拶。退場する際も多くのファンが取り囲み、FUKはサインや写真撮影に応じた。バックステージに戻ると関係者が拍手で迎え、FUKAもすっかり恐縮した。

FUKA「ティグレFUKAは最初で最後だったので、試合自体も自信があったわけではないから。でも退場出来ないくらい(ファンが)囲んでくれて本当に感激です!最初にメキシコに来た時、メキシコにはもう行きたくないなという思いが正直あったんですけど、今は一番大好きな国になりました!試合は日本とテンポとか重要視するものが違うので、私は次々に畳み掛けたいのに向こうは場外で休んだりとか、毎回毎回戸惑うけど、その戸惑いも楽しくなってきました。試合後にパートナーに目を隠されたんですよ。裏切れて、また襲われるかと思ったら、目を開けたら目の前にこんな楯があったので、すごく感激です!宝物にしたいと思います!」。ティグレFUKAは微かだがルチャの世界に足跡を残した。それにしても心暖まる大会だった。

225日 メキシコIWRG定期戦
アレナ・ナウカルパン
◆タッグマッチ 時間無制限3本勝負
ティグレFUKA&フロール・メタリカ(2-1)ディアボリカ&レディ・メタル
1本目
レディ・メタル(625秒、エステカ・インディア)FUKA
2本目
メタリカ(437秒、パワーボム→エビ固め)ディアボリカ
3本目
FUKA543秒、619→片エビ固め)ディアボリカ

        

   

写真提供/大川昇(アレナ・ナウカルパン)

 



2/24

最後のWAVE参戦で渋谷&大畠とのJDトリオ出陣!

 224日(水)、WAVEの新木場大会で風香のラスト参戦が発表され、JDスター時代の仲間だった渋谷シュウ&大畠美咲とのトリオが実現。対戦相手にはGAMI&紫雷姉妹が選ばれ、風香と縁の深いメンバーによる6人タッグが行われることになった。風香&渋谷&大畠は文字通り、苦楽を共にした間柄。当初、引退試合のカードにと案が出たほど、風香にとっても感慨深い顔合わせとなる。これでGAMIのセクハラも見納め?であり、紫雷姉妹と闘うのも最後となった。引退を控えたメモリアルな試合だけに、かつてのJDスターを愛したファンは必須なのだ。

WAVE Weekday WAVE
39日(火)新木場1stRING 1900
6人タッグ603本勝負
風香&渋谷シュウ&大畠美咲 vs GAMI&紫雷姉妹(美央、イオ)

           



2/22

メキシコIWRG定期戦のカードが決定!ティグレFUKAはセミに登場!

 225日(木)=現地時間にIWRGの定期戦に出場する、ティグレFUKAのカードが決まった。FUKAはセミファイナルに登場しフロール・メタリカと組み、ラ・ディアボリカ&レディ・メタルと対戦します。メタリカは初期のJd’に参戦経験があり、昨年は遠征中の江本敦子とカベジェラ戦で勝利を収めている実力者。ディアボリカはレディ・アパッチェのライバルとして、CMLLAAAで活躍し、現在はフリー。メタルはアルシオンの旗揚げイヤーに長期滞在し、ガミメタル(GAMI)のモチーフにもなっている選手。いずれも歴戦の兵だけに一人、スペイン語がわからないFUKAがどんな奮闘ぶりを見せるのか。

IWRG定期戦
225日(木)アレナ・ナウカルパン 20:30
◇時間無制限3本勝負
ティグレFUKA&フロール・メタリカ vs ラ・ディアボリカ&レディ・メタル

      



2/19

風香引退記念試合はサムライTVのニアライブで放送!

 328日、後楽園ホールにおける風香の引退記念試合は、CS放送のファイティングTVサムライで、当日の午後11時より3時間に渡りニアライブで放送されることになりました。会場に来れない人も、生観戦する人も是非、ご覧下さい!その直前の322日(月)午後11時からは「風香引退特番」も放送され、324日(水)午後10時からの「SARENA」ではMCを担当します。こちらの方もお楽しみに!3月はサムライTV&風香がコラボします。



2/18

メキシコでの最終大会のポスターが完成!

 風香のメキシコ・ツアーの最終戦は、「ADIOS FUKA MEXICO」と題した女子の大会を開催。未決定だったHIROKAのパートナーが、なんとダーク・エンジェルに決まりました。テクニカとルーダが組む試合形式だが、風香にとってスヘイとの初タッグ、ダーク・エンジェルとは初対戦となります。このほど大会のポスターが完成しましたが、風香を中心にデザインされています。セミではラ・コマンダンテ&ラ・チョラvsジョセリン&フロール・メタリカがラインナップされています。

2
28日(日) アレナ・ロペス・マテオス
~レレボス・インクレブレス・インターナショナレス~
風香&プリンセサ・スヘイ vs HIROKAダーク・エンジェル
※テクニカとルーダが組むという形式



2/17

3度目のメキシコ遠征は現地で特別大会を開催!

 23日から3度目のメキシコ遠征に出発しますが、今回はプロモーターの要請で「アディオス・ツアー」を開催。ティグレFUKAのお披露目を始め2試合に出場が決まっており、ファン・イベントも行われる。28日にはロペス・マテオスで女子だけの興行が行われ、風香がメインで出場。メキシコにおける有終の美を飾る。

風香アディオス・ツアー(メキシコ遠征) スケジュール
2
23日(火) メキシコ入り
24日(水) プロモーション
25
日(木) IWRG定期戦 アレナ・ナウカルパン
~ティグレFUKAメキシコFINAL
26日(金) 風香FAN FEST(パンディータの店でサイン即売会)
27日(土) プエブラ試合予定
28日(日) アレナ・ロペス・マテオス
ADIOS FUKA MEXICO」と題した女子の大会を開催。
~レレボス・インクレブレス・インターナショナレス~
風香&プリンセサ・スヘイ vs HIROKAX(サプライズ選手)
※テクニカとルーダが組むという形式
31日(月) 帰国(2日(火) 日本着)

▲風香のメキシコ最終戦でタッグを組むスヘイ。



2/16

最後の風香祭カード決定!高橋奈苗とのシングル対決が引退試合!

FUKA MATSURI FIN~風香引退記念試合~
328日(日)後楽園ホール 1230PM

11:40AM~12:10PM 日本ベンチャー大学卒業式
                リング上で行われます。
12:20PMより  オープニングact 松岡里果Live
                風香ファミリーのアーティスト、松岡里果のミニ・ライブをお届けします
12:30PM  オープニング・ダンスパフォーマンス
                お馴染み、風香&いれずみベイビーによるダンス

<第1試合>
~風香祭オープニング・ヤングファイト~シングルマッチ 151本勝負
紫雷イオ     vs    花月(仙台女子プロレス)

    

<第2試合>
~風香祭ランブル 時間無制限勝負~
<出場選手>鈴木みのる(パンクラス・ミッション)、FUKAキッド(風香祭)、ボリショイキッド(JWP)、タニー・マウス(NEO)、宮崎有妃(NEO)、さくらえみ(アイスリボン)、りほ(アイスリボン)、堀田祐美子、GAMIWAVE) 、桜花由美(WAVE)、闘牛・空、カリビアンKIM、紫雷美央菊タロー、アントニオ小猪木(西口)、ジャイアント小馬場(西口)

<試合形式>最初に2選手で闘い、1分経つごとに2選手づつ同時にリングイン。最後まで残った選手の勝利となります。登場順は未発表。勝敗はフォール、ギブアップ、オーバー・ザ・トップロープで決まります。



  

<第3試合>
風の女・虎戦士有終の降臨~ティグレFUKA FINAL~ タッグマッチ151本勝負
ティグレFUKA    vs   HIROKACMLL
ダーク・エンジェル      プリンセサ・スヘイ(CMLL
CMLLTNA

※風香のマスクウーマン・バージョンであるティグレFUKAのラストマッチ。パートナーはCMLLTNAで活躍するダーク・エンジェル。対戦相手はCMLLの最強ルード、HIROKAとスヘイが来日。スヘイは実に10年半ぶりの来日となる。

<第4試合>
~風香祭MEN'Sファイト~ タッグマッチ201本勝負
ウルティモ・ドラゴン       NOSAWA論外
(闘龍門MEXICO)   vs     MAZADA
    X (後日発表)      (東京愚連隊)

<第5試合>
~風香リクエストマッチ フューチャーエース・バトル~タッグマッチ 151本勝負
渋谷シュウ(WAVE)   vs   栗原あゆみ
大畠美咲(エスオベーション)   夏樹☆たいよう(パッション・レッド)
※風香が個人的に思い入れのある4選手によるタッグマッチ。渋谷&大畠はJDスター時代の僚友。栗原&夏樹は同世代のライバルだった。

<第6試合>
スペシャルマッチを予定。※後日の発表となります。

<第7試合>
風香引退記念試合~フォーエバー風香~シングルマッチ 30分1本勝負
風香     vs   高橋奈苗(パッション・レッド)
正真正銘、これが風香の引退試合。6年間の現役生活のすべてを高橋奈苗にぶつける。
3年ぶりのシングル対決で過去、風香の22敗。

~風香引退セレモニー~
今回、通常の選手・関係者による花束贈呈は行いません。風香らしい華やかな最後をお届けします。ご期待ください。

風香が会見で急きょ、パッション入り!

 本日、午後2時よりスカパー本社において、風香引退記念試合のカード発表が行われました。風香自身から全カードが読み上げられ、引退記念試合で対戦する高橋奈苗も同席。ここで奈苗の申し出でにより、風香のパッション・レッド入りが決まりました。

風香「高橋さんと接するようになったのは、4年くらい前なんですが。練習中からの熱いファイトに魅かれて…あと試合をいっぱい見るようになって、どこのリングでもお客さんが喜ぶと言うか、私が見ている中でこんなにお客さんを熱くし、お客さんを笑顔にさせる選手はいないんじゃないかと思うので。競技者としては勿論、エンターテイナーとしてもすごく尊敬しているので、最後の対戦相手とさせていただきました。この対戦相手が決まるまで、例えば“思い出マッチ”としてJDスターの選手とタッグマッチをやろうかとか、渋谷シュウのように苦楽を共にした選手とやるとか、あとは同期で5試合目みたいな試合を組もうかといろいろ考えた結果…やっぱり自分が最後は燃え尽きたい!10年、20年経った時に『あの時は本当に頑張れた』って、思い返せるようにしたかったので。自分が燃えつけられる最高の相手を選ばせてもらいました」

奈苗「このたび、風香の引退試合の相手に選んでもらいました高橋奈苗です。始めに話しを頂いた時は、とてもビックリして自分でいいのかなと…風香の最後と言うことは今、女子プロ界で一番人気もあって、たくさんの人が応援している。その対角に並ぶのが自分というのは、何か『え!』っと思って。どうなんだろうと正直、思ったんですけど風香と接してきて、あまり多くを語らないけど、熱さはすごく感じていて。風香祭でも何回も、タッグを組んだり、闘ったりさせてもらったんですが、そのたびに内に秘めている情熱と言うのが伝わってきて。すごく熱い選手だなという気持ちもあったので、最後は自分がしっかり後悔のないようにリングに沈めてあげたいなと思います。最後まで風香には、自分を倒しに来てほしいし、全力で100パーセントで倒しにいきたいと思います。もしかしたら、高橋奈苗にしないで、もっといいところを見せたかったなと思っちゃうかもしれないけど、自分を相手に選んだので風香も覚悟して闘いましょう!」

風香「はい!」

奈苗「ここで自分から言いたいことがあるんですけど、あの…週刊プロレス(モバイル)さんでの風香のコラムありますよね。自分は見たんですけど、風香が『あと半年あったら、パッション・レッドに入りたい』という文が載ってたんですよ。あの319日にパッション・レッドは興行をやることになりまして、そのテーマが“前後裁断”と言って、過去も未来も無く今を懸命に生きることを信念にしてやっています。大事なのは今だと、そう思ってやっています。大事なのは今、なのです!だから風香!時間なんか関係ないんだよ!半年とかごちゃごちゃ、そんなこといいんだよ。風香がパッション・レッドいいなと思ってくれた気持ち、その気持ちが自分はすごく嬉しくて、すごく胸にくるものがあったの。あの、風香の今の目標は何?」

風香「引退までに完全燃焼することです」

奈苗「うお~完全燃焼!いいでしょう!それにさ、風香が持っている熱にパッション・レッドが持っている熱をプラスして、一緒に燃え尽きようよ!あの、風香にこのパッション・レッドの証しの赤い鉢巻きを渡したいと思います!よかったら319日、この鉢巻きを巻いて一緒にパッションしようよ!」

風香「(鉢巻きを見つめ、そして巻いて)お願いします!」

奈苗「おっ!おっ!(と拍手し)似合う!」

風香「はい、すごく驚いた展開なんですけど…パッション・レッドは今、良くも悪くも話題を振りまいていると思いますが、自分が入ることで明るい話題で持ちきりにしたいと思います!自分は他のメンバーのように表に見せれる情熱は無いかもしれないけど、でも内に秘める闘志はあるつもりなので、それに加えてパッション・レッドさんの外にも発進する熱さを吸収して、最強の情熱でパッション・レッド興行、引退試合に臨みたいと思います!」

奈苗「おっ!イエ~イ!それじゃパッション・レッド入りということで(拍手する)。引退試合に選んでいただいて、シングルに向けて一緒に横に立ってさらに熱を加速して最後、328日ですね、リングに立ちたいと思います!よろしくお願いします!」

――高橋選手は引退試合で、後輩の相手を務めるのは初めてですか?

奈苗「初めてですね…自分もここまで来たなと、いろいろな意味で思うんですが。しかも今回で(引退試合の相手は)5人目になりまして、もう立派な女子プロレスの“送り人”に成長したなと。最後を託されるということは、本当に光栄なことと思うので。プロレスラーの人生の最後を、自分に託すという気持ちに応えられるように。後輩を見送るのは複雑ですが、しっかりと大役を果たさせてもらいたいと思います!」

――パッション・レッドでは鉢巻きに文字を入れていますが?

風香「時期が時期なので、完全燃焼という文字を入れたいと思います」

――これまでの奈苗戦を振り返ってみて?

風香「やっぱり試合の前は恐いし、試合中は強いし…試合中は嫌だなと思うけど、やり終えた後に一番、達成感があって充実するというか、やって良かったと思うのが高橋さんだったり、お客さんからも、いつまで経ってもあの試合は良かったと言ってもらえるのが、高橋さんとの試合なので。でも頑張ったというのは、すごく嬉しいけど、それだけで終わりたくないので、最後まで勝ちにこだわって今回こそ勝ちたいと思います」

――格闘技戦も終え、引退試合のカード発表も終えた心境は?

風香「まだ慌ただし過ぎて実感が湧かないというか、寂しいと思う時間が無い現状なんですが、これから引退試合に向けて準備を進めるにつれ寂しさが出てくると思うし。だけど自分が寂しい、寂しいと思うよりは松尾さん方式じゃないけれど、みんなで笑って終わりたいと思っているので。あまり寂しさは感じないで、最後まで全力で走って、寂しくなるのは終わってからでいいと思います」





2/14

RINGSTARS最新号は風香の大特集!

 発売中のRINGSTARSは、引退を控えた風香の大特集号となった。表紙、裏表紙、中身も巻頭インタビューに始まり、全15ページ丸ごと風香、風香、風香…女子プロレス団体の主要会場で発売中。一般書店は25日から店頭に並ぶ予定だ。定価1,800円。



2/13

格闘技引退試合は判定負け、それでも気分は爽快でテンカウントを聞く!

格闘技引退試合と銘打たれたシュートボクシングの後楽園大会で、風香は朱里(SMASH)と対戦。結果は判定の末、朱里の勝利となった。先に朱里が入場したが、特にパフォーマンスを見せずに登場。対して、南側後方から派手なダンスで姿を現した風香は、場内を魅了し颯爽とリングイン。23ラウンドの試合は、1ラウンド目からお互いに撃ち合いを展開。どちらかと言えば、裏拳を出すなど手数で風香がリードに見えたが…2ラウンド目から朱里がリーチを活かし、パンチが顔面にヒットする。3ラウンド目に入ると、風香は何度も首投げを狙うが、ポイントは奪えない。反対に朱里はコーナーに詰め寄り、的確にパンチを当て圧倒する。3ラウンド目は完全に朱里がポイントを奪った。勝負は判定となり、30303029302820で朱里の勝ちとなった。敗れた風香だが、マイクを持って挨拶。「私の引退試合がある時にこんなにたくさんのお客さんが来てくれて、本当にすごく嬉しいです。自分は去年1年間、体調を崩していて、すごい悔しかったけど、でも最後は絶対にここのリングで終わりたいと思っていたので、こういう結果になってしまったんですけど、こんなにたくさんの方に最後を見届けてもらえてすごく嬉しいです。これからまた長い人生があるんですけど、今回ここい挑戦したという自信をもって、これからの頑張っていきたいと思うし、これからますますシュートボクシングが発展していくように、もう試合はしないけど応援していきたいと思いますので、みなさんこれからもシュートボクシングの応援よろしくお願いします。どうもありがとうございました」。そして、シーザー武志会長から記念の縦が贈られ、格闘技戦引退のテンカウント・ゴングが鳴らされたのだった。

風香「清々しい気持ちです。最後までやりきることが出来たのは、すごく良かったと思います。前回は緊張しすぎて何も周りの声が聞こえなかったので、今回は冷静に行こうと考えたら、逆に冷静になりすぎて、周りの声が全部聞こえて、相手のパンチも『あ、痛い』って気ずいてしまって。集中力足りなかったのかなって試合中に感じました。負けてしまったけど、笑って引退したいと思います。(朱里は?)すごく心が強い方で、リーチがすごく長くて、そこから届くのっていうのがビックリして。気持ちがすごく強い選手なので。今、格闘技もプロレスもしてるって言ってるけど、プロレスはあんまりプロレスラーとして、認められていないところもあるので、プロレスでも一線になってもらって、女子プロレスを盛り上げる手助けをしてもらいたいと思います。(格闘技を振り返って)本当にこれに出会ってなければ、シュートボクシングだけじゃなくて、プロレスラー風香の今もないと思うので、この競技に出会ったことはすごく大きいし。終わってしまうのは正直、寂しい気持ちですけど、自分の置かれている体調だったりとかを考えると、これ以上やることは難しかったので、ちょうどいい終わり方だと思います。シュートボクシングは本業じゃない分、一生懸命やっていれば認めてもらえるところは、あったかもしれないけど、プロレスは一生懸命やったからって結果が出なければどうなのかなって言ったら、絶対に認めてもらえないので。プロレスに関してはもっとシビアに、勝ち負けだけじゃない勝負にこだわって、興行に勝たなきゃいけないと思いました。もっと大きい試練が出てくると思うので、最後まで気を抜かないように怪我しないように頑張りたいと思います。私はカメラの前では悔しかったり、怒ったりする感情を出すのが苦手なので、こういう表現になってしまいますけど、最後みなさんの期待に応えられなかったという現実を受け止めて、残り少ない期間ですけど、最後の最後まで成長していきたいと思いますので、あと1カ月半、応援よろしくお願いします。どうもありがとうございました」。

SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦「維新ーISHIN-其の壱」
2月13日(土)東京・後楽園ホール

23ラウンド(48kg契約)
朱里(判定=2-0)風香

 

   
▲撮影/大川昇


2/12

シュートボクシング前日計量&会見
「その集大成を明日は全部出したい!」(風香)
「打たれるのを覚悟で出る杭になる!」(朱里)

 ついにシュートボクシング最終決戦を明日に控えた風香が、前日計量&会見に挑んだ。48㎏契約の体重は風香が47.65㎏で、対する朱里が47.95㎏と共に1回でパス。両選手共、減量のためかなりスリムになった。続いてルール・ミーティングが行われ、会見に移った。風香vs朱里は全10試合中の5試合目にラインアップされている。

風香「今回、シュートボクシングで格闘技戦の最終試合になりました。最後に気合いを見せるため、エクステを付けてきました。コスチュームと合わせているので、そこにも注目してほしいです。シュートボクシングはデビュー戦を迎えたかと思ったら引退試合になって、「冷やかしか!」みたいな感じですが、私的には大まじめにやってきたので、その集大成として明日は全部出せたらいいなと思います。よろしくお願いします!」、朱里「私は引退する選手に負けてられないと思いますし、もっともっと上に行こうと思っているので、こんなところで足踏みはしません。私は打たれるのを覚悟で出る杭になります!」。
――今日、相手の選手を見た印象は?
朱里「この前と同じように可愛いなと思いました(笑)」、風香「前回、お会いした時よりも、すごく痩せられてて。減量をしてまで、この試合に臨んで下さってすごく嬉しかったです」。







2/11

引退直前、最後の出場はパッション!

 328日、後楽園ホールで引退試合を行う風香だがその直前、最後に上がるリングが決まりました。それは、熱さと情熱を誇るパッション・レッドの新木場大会です。パッション興行は第1回に出場しRayと対戦したが、それ以来の参戦だ。週プロ・モバイルで「私にもしあと半年の時間が残されていたらパッションに入りたかったな…」という言葉に、高橋奈苗選手が即、反応し出場が決まりました。場所も思い出が詰まった新木場…これが新木場で正真正銘のラスト・ファイトです。

4PASSION~前後裁断~
319日(金)新木場1stRING 700PM
(入場料金)パッション・シート/6,000円(最前列・1パッション&お土産付き)
パッション・サポーター/5,000円(南ひな壇中央・お土産付き)、パッション指定席/4,000円、レディース・シート/2,000円(当日のみ)、小中高学生/1,000円(当日のみ)

▲大会の開催を発表したRay&夏樹

2/9

NEOの10周年大会に出場が決定!

 引退までに風香が出場する大会はシュートボクシング以降、メキシコを除くとざっと5大会未満というところですが、NEOの10周年記念大会が行われる川崎市体育館でのビッグマッチに出場が決まりました。NEOには後楽園を中心に出場していたが、タッグ王座やハイスピード王座に挑戦したことがありました。今回、対戦相手は未定ですが風香にとって引退まで最も大きい会場への出場となります。

NEO NEO SPECTACLE IN 聖地川崎
314日(日)川崎市体育館 1630



2/8

風香&サスケのコンビが沼二郎&栗原と対戦!

 風香が特別参戦する、みちのくプロレスの大館大会のカードが正式に決まりました。メインで風香はザ・グレート・サスケと組み、気仙沼二郎&栗原あゆみというスペシャル・マッチを行います。風香にとっては最初で最後のみちのくプロレス参現役生活で最後の地方試合、そして最後のミックスマッチとなります。おそらく栗原あゆみとの対戦も最後になるかと思います。とてもプレミアムな大会ですが、大館大会のプロモーターも気合が入っていて、きっと記憶に残る大会になるでしょう。

みちのくプロレス 風香引退記念大館特別大会 
3月16日(火)秋田・大館市民体育館 18:30
◇タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ&風香 vs 気仙沼二郎&栗原あゆみ


2/5

328後楽園大会、第1弾出場決定選手発表!

FUKA  MATSURI FIN~風香引退記念試合~
2010328日(日)後楽園ホール 
開始/12:30PM 開場/11:30AM

(第1弾出場決定選手)
風香、高橋奈苗、堀田祐美子、さくらえみ、FUKAキッド、ボリショイキッド、タニー・マウス、宮崎有妃、闘牛・空、カリビアンKIM、栗原あゆみ、夏樹☆たいよう、大畠美咲、紫雷姉妹、りほ、ウルティモ・ドラゴン、菊タロー、アントニオ小猪木、ジャイアント小馬場

※追加出場選手、及び全対戦カードは2月中旬に発表します。

<チケット料金>
Sシート/15,000(完売)Aシート/10000円、Bシート/6,000円、Cシート/5,000円、Dシート/4,000円、Eシート/3,000円、Fシート/1,500円、小中学生/1,000円(当日のみ)



2/2

3
度目のメキシコ遠征が決定!現地では専門誌の表紙になった!

 風香自身、3度目のメキシコ遠征が決まりました。今回はメキシコのプロモーターから「風香のアディオス・ツアー」を開催したいという要請があり、223日から1週間のスケジュールでメキシコ行きとなります。すでに今週発売の「スペル・ルチャス」では表紙を飾り、2ページに渡りインタビューも掲載されました。風香にとって2度目の表紙獲得です。23日にメキシコ入りし、大会のプロモーションや取材活動、そして2~3試合に出場し、「FUKA FAN FEST」と題したファン・イベントも行われる予定です。またティグレFUKAでの出場もリクエストされ、1試合は女・虎戦士として本場ルチャに挑みます。詳しい日程はまた紹介いたします。



2/1

シュートボクシングの勝利をめざし、K―1の山本優弥と特訓!

3月末の引退までカウントダウンとなった女子プロレスのアイドルレスラー風香(25=フリー)が2月13日、シュートボクシング「維新-ISHIN-其の壱」で元ハッスルのKGこと朱里(スマッシュ)と対戦します。現役最後の「格闘技」の戦いに向けて燃える風香は、K-1で活躍中の山本優弥(25=青春塾)に指導を申し込み、直接手ほどきを受けました。さて、風香がもらった「必勝アドバイス」は?

 日刊スポーツの携帯サイト「ニッカン★バトル」で、風香×山本優弥の合同練習と対談を、2月上旬から数回に分けて掲載します。お楽しみに!!



1/31

最初で最後の仙女マットでチサコと激戦の勝利!

 引退間近で実現した仙女初参戦は、何度か対戦したことのあるDASHチサコと対戦。チサコはさすがにホーム・リングとあって、いつもにも増してふてぶてしく自由奔放に風香を攻め込む。足の取り合い、アキレス腱合戦でチサコは有利になったが、風香は変則の入り方からヒザ十字固めで形成を逆転。風香の顔面めがけてショートレンジのキックを連発するチサコに、風香はキックで応戦。チサコはミサイルキックの連発を仕掛けるが、風香は雪崩式ブレーン・バスターで投げ捨てた。試合は回転エビ固ねやジャックナイフでフォールを狙ったチサコを、一瞬の外道クラッチで丸めた風香が辛くも勝利した。
風香「仙女のお客さんはすごく熱気がありますね。仙女の人への応援でも、盛り上がってすごくやり易かったです。(チサコは?)元気がすごく良くて、仙女は選手数が少なくても、一人一人でもっているので…本当に集中していかないと後輩だからって、絶対勝てるとは思っていなかったし、自分も勢いに負けないようにかかっていきました」。

仙台女子プロレス「2010仙女新春大会」
131日(日)Zepp Sendai
201本勝負
風香(1052秒、外道クラッチ)DASHチサコ




1/29

スカパー情報誌の取材を受けました!

スカパーの番組情報誌の取材を2本と、スカパラのインフォメーション用録画撮りが行われました。50万部以上も発行しているという「月刊スカパー!」と「スカパー!e2 TVガイド」の2誌で人物クローズアップされたのです。これはプロレス・ファン以外の読者が目に触れるため、風香の認知度アップにも繋がります。いずれも2月下旬の発売ですが…なぜスカパーの情報誌に掲載されるのか、それは何となく察しがつく人もいるでしょう。その件も含めて2月中旬には正式にカード発表を行います。



1/28

シュートボクシングに向けて週プロでインタビュー!

今週発売の週刊プロレス(No1510)において、シュートボクシングに挑む風香のインタビューが掲載されています。今回、試合で着用するコスチュームも公開し、「すべて、さらけ出します」と宣言。詳しくは是非、読んで見て下さい。定価は450円です。



1/27

みちのくプロレス参戦決定!サスケと最初で最後のタッグが実現!

 後楽園大会での引退を控えた風香だが、みちのくプロレスの大館大会に特別出場することが決まりました。それも風香はメインで、ザ・グレート・サスケとの最初で最後のタッグを組んで登場します。おそらく、これが現役最後のミックスマッチとなる模様です。はたして風香&サスケがどんなチームプレーを見せるのか!?相手には誰が出てくるのか!

みちのくプロレス 風香引退記念大館特別大会 
3月16日(火)秋田・大館市民体育館  630PM
(お問い合わせ)UWFプロモート TEL 0186-43-3467 
(入場料金)スーパーシート/7000円、特別リングサイド/6000円、2階自由席/3000円、小中学生/1000円  
(当日500円増し)尚、小中学生席は当日のみの販売
▲大々的に風香出場のポスターも完成!



1/21

格闘技引退試合シュートボクシングで朱里との対決が決定!

風香の格闘技引退試合が行われる213日、シュートボクシングの後楽園大会での対戦相手が朱里(SMASH)に決定した。シーザージムで発表された会見には、シーザー武志会長、そして風香と朱里が揃って出席。23ラウンド(延長2ラウンド)の試合形式で行われる。
風香「格闘技の引退試合を、シュートボクシングのリングでやらせてもらえることになりました。去年1年間、体調があまり良くなくて、ほとんど練習が出来ない辛い期間が続いていたんですけど。それが大分良くなって、動けるようになったらシュートボクシングのリングに上がりたい気持ちが強くなって、会長に言わせてもらいました。去年1年間、あまり練習が出来なくて不安はあるんですけど、試合が決まったからには、これが人生最後の試練だと思って213日、燃え尽きるまで頑張りたいと思います」。
朱里「風香選手と対戦が決定して、嬉しく光栄に思っています。やはり風香選手は業界の大先輩なので、胸を借りるつもりで向っていきたいと思います。やるからには一生懸命、頑張っていきますので、よろしくお願いします」。
――お互いの印象は?
風香
12月くらいにシュートボクシングに出たいと思ったんですけど、その頃はKGさんという人を全然、知らなくて。ブログのコメントにファンの方から、「KGさんが風香さんと試合をしたいと言っています」と言っていただいて、それで空
手の美少女と聞いて、私の勝手なイメージでアイドルがやっているんだろうと思って、あまり気になっていなかったんですけど…その後にジュエルスに参戦するということで見に行ったら、想像していた
100倍くらい強くて。強いのもビックリしたし、ファイト・スタイルが大好きな前に前に出るタイプだったので、是非この人と試合したいなと思いました」。
朱里「風香選手をYOU TUBEで見ていて、生で見たのは今日、初めてでブログのほうも結構、拝見させていただいて。やはり、すごい可愛いなと思っていて今日、生で見させていただき、やっぱり『ああ、可愛いな!』とすごく思って。背が小さいと言うか…自分はちょっと背が高い方なので、なんか背が小さいのを憧れていて。風香選手のさいたま(スーパーアリーナ)の試合を見ていて、気持ちが前に出ていて、すごい練習して強い選手だと思っていて。やはりプロレス界でも注目されている選手なので、そんな風香選手と試合が出来たらとずっと思っていて。そしたら今日、会見で対戦が決定することになりホントに嬉しく思い、風香選手の胸を借りる気持ちで213日、頑張りたいと思っています」。
――入場パフォーマンスが注目されますが、何か考えていますか?
風香「前回は倖田來未さんを意識して、エロかっこいい感じにして。今回は180度変えてカッコいい感じにしたので、入場もカッコいい感じになると思うんですけど。前回に負けないくらい、ド派手な演出にしていきたいと思うので楽しみにしてもらいたいです」。
朱里「前回はセーラー・ムーンを意識して、セーラー服を着させていただいたんですが、213日もいろいろやろうと思っているんですが、まだ自分の中でやりたいことが有り過ぎて混乱しています」。
――対戦相手よりも勝っている点は?
風香「正直、この前のジュエルスの試合を見せていただき、すごく強くてビックリして。なんか朱里さんも胸を借りるとおしゃってくれていますが、格闘技の世界では全然、キャリアも浅いし、勝てるところを見つけるのが難しかったので、ビデオとか見ると恐くなるので実はまだ見ていなくて。だから技術の面では何と言えないですが、だけど気持ちだけは負けないようにと思っています」
朱里「技術とかはわからないのですが、やはり自分も気持ちは負けずに頑張りたいと思っています!」

SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦「維新―其の壱」
213()後楽園ホール 6:00PM
23ラウンド
風香  vs  朱里



1/20

今週号の週プロで特製ポートレートに抜てきされたぞ!

発売中の週刊プロレスNo.1509号(定価450円)で、棚橋弘至と共に風香がポートレートになりました。これは今後、定期的に特別付録となる特製ポートレートの第1弾。風香ファンならコレクションしておきたい1冊だろう。



1/18

風香引退記念興行の打ち合わせ

最後の風香祭、風香引退試合の各パートに分かれた打ち合わせが行われました。まずはカード会議から始まり、全体のラインナップが決定。これから出場希望選手にオファーを行います。約1時間半に渡りカードを編成した後に、ダンスの振り付けを担当する井上陽平さん、リングアナのRICA、ミニ・ライブを行う松岡里果を加えパフォーマンス・ミーティング。それぞれの意見を交換し合いました。また後楽園ホールへの第1回目の下見も行い、パフォーマンスの内容も検討中です。注目のカード発表はシュートボクシング終了後の2月中旬となります。その際には全容が明らかになります。どうぞお楽しみに!
     

1/13

仙女初参戦の対戦相手はチサコだ!杜の都に風香が舞う!

 今年の第2戦となる131日の仙女で、DASH.チサコとの試合が決まった。チサコとは昨年2月の息吹以来、2度目のシングル対戦。このところ風香祭に3回連続出場しているチサコだが、風香もその若手とは思えないふてぶてしさを買っており、タッグマッチでは散々、顔面キックをやられている。仙女の参戦も最初で最後、杜の都で風香がどんな足跡を残せるのか…?風香の残された2カ月の試合はすべて、貴重となる。

仙台女子プロレス~タイヤハウスPRESENTS2010仙女新春大会」
131日(日)ZEPP SENDAI 3:00PM
◇シングルマッチ201本勝負
風香 vs DASH.チサコ



1/11

バンビとの最後の一騎打ちに完勝、そして千葉の平和を救った!

風香がKAIENTAIDOJO初参戦の千葉大会で、バンビと3年半ぶり最後の激突をした。以前と違い鞭を浴びせる女王様キャラで、風香を痛ぶったバンビだが…風香はキックやコブラツイストで応戦。バンビのシャイニング弾が炸裂したが、お互いに顔面蹴りを繰り出す。ミドルキックでバンビの動きを止めた風香は、フィッシャーマン・スープレックスでフォールするが、これを返されると得意のドールFを放つ。当たりが浅いと判断し、トドメはハイキックで勝利を収めた。続く千葉ハッピープロレス提供試合では、千葉怪人ズに捕まった風香。だが囚われの身だったものの、リングに入ると大暴れしキックの乱れ打ち。きぼーるマンのムーンサルト・プレスが決まり、風香&千葉の平和は守られた。

風香のコメント「(バンビは)鞭を使うというのでビビッていたけど、(対戦成績が)11敗なので残りの時間を考えると、これが最後のシングルになると思ったので絶対に勝ち越して引退して、勝ち逃げしたいと思っていたので勝ててホッとしました。ハイキックが前にやった時よりも、ガッチリ入って意識が飛びそうになりました。チェーンだとつなぎ目があるので、少しは逃げ場があるけど鞭は1本なので、食い込んでしまい本当に苦しくて。指入れるのが遅かったから、窒息しそうでした。こういう痛みなのかとSMがパッと浮かびました。私はそういう世界には行けないなと思いました(笑)。(千葉ハッピープロレスは?)試合終わって、ぐったりしていたら、何か連れ去られてしまって。どうなるかと思ったんですが、千葉ヒーローズのおかげで無事帰ることが出来て良かったです!」

KAIENTAIDOJO CLUBK SUPER in 千葉市民会館~千葉プロレス祭~
111日(月)千葉市民会館大ホール
◇シングルマッチ301本勝負
風香(611秒、右ハイキック→エビ固め)バンビ



 



1/6

今週号の週プロは特写に試合に風香が満載だ~!

本日、発売の週刊プロレス№1506では、風香の記事や特写が満載されている。「週プロの福袋」という企画では、浅草で晴れ着姿の特写を2ページで掲載。そして風香祭12で行われた里村戦がこれまた2ページも取り上げられているのだ。風香が1つの試合で2ページも載ったのは初めてだ。これはプロレスラーとしての質も認められたもとに等しい。そういえばティグレFUKAも飛鳥仮面FIESTAのページに1カット掲載されている。今号は風香ファンにとって必見なのだ。



1/1

新年あけましておめでとうございます。昨年は皆様のご支援のおかげを持ちまして、風香がいろいろな場面で活躍することができました。そして風香は来る328日、後楽園ホールにおいて6年間の現役生活に終止符を打ちます。あと3カ月ですが、本人は最後まで成長し続けると申していますので、引退の日まで応援のほどをよろしくお願い申し上げます。



12/31

今年も1年間お世話になりました!
風香200910大ニュース!

引退発表で週プロの表紙獲得…まさに電撃的かつショッキングな発表だった。だが女子レスラーでは7年ぶりに週刊プロレスの表紙を飾った。
風香祭の新木場FINALで里村と名勝負…最後の新木場で初対決の里村と真っ向勝負の名勝負となった。蹴りと関節の取り合いの攻防はお見事。
1カ月で中国・韓国の旅3月には中国の南京に散打修行に、そして1週間も経たない間に韓国遠征を敢行し、アジアの風香をアピール。
メキシコ遠征で風香人気爆発9月には2度目のメキシコ遠征でファンに歓迎された。「LUCHA FAN FEST」ではテリー・ファンクとも遭遇した。
奈良観光特別大使に…堂本剛に続き、地元の奈良で観光特別大使に任命された。マスコットのせんとくんとも共演した。
プラファーからプラチナムへ移籍…芸能プロを生まれ育ったプラファーから、木下優樹菜や若槻千夏の所属するプラチナムへと移籍した。
ティグレ&エンジェルとマスクウーマンに変身…仮面FIESTAシリーズではFUKAエンジェル、そして虎戦士のティグレFUKAに変身し違った一面を公開。
キムカツ、ゲンカツがスポンサード…ミルフィーユなカツで定評のインテグレーションのキムカツ&ゲンカツが風香祭のオフィシャル・スポンサーになりました。
風香祭が年間6回も開催2月(昼夜)、4月、8月、10月、12月と今年は6度に渡って風香祭を開催しました。いずれも満員の観客を集客しました。
コラムニストとして活躍…従来のニッカン☆バトル、プロ格KING、ヴィーナス・アスリートに加え週プロやモバゲーでもブログをスタート。原稿に追われる日々に。

亜沙美との初タッグで大晦日に快勝!

 JDスター時代の同期である川崎亜沙美と初タッグを組んだ風香は、アイスリボンの藤本つかさ&志田光に快勝した。アストレスvsマッスル・ビーナスの対決という異色のカードが大晦日に実現。チームの連携ではアイスのチームがスタートからスムーズに展開したが、風香が捕まると亜沙美がかかと落としで好フォロー。風香も亜沙美も互いにキックの使い手とあって、ダブルのキック攻撃を披露。途中、風香が防戦に回ったが亜沙美は様々なキックで翻弄。最後は風香がFクラッシュで志田を投げ捨て、勝利を奪った。

 試合後のコメント 亜沙美「いや~風香とは元々、JDでやっていたんですけど、復帰してこんなにすぐに組んでやるとは思っていなかったので。いい経験になりました、有り難うございました!」
風香「残された時間を考えるとこれが最後のタッグかもしれなかったので、組めたことも嬉しいし、それで勝てたこともすごく嬉しいです」
――今年1年を振り返って
風香「今年は体調不良に悩まされたので…練習したくても出来ない時間が続いて、そういった意味では辛い1年でした。でも12月に入ってから体調も良くなって、練習もバリバリ出来たので、来年は引退まで3カ月しかないけど、最後まで成長し続けたい」
亜沙美「引退するって思っていなかったので、(リングに)戻ってきて引退って聞いたのですよ。ずっと成長し続けたいと言うのは素晴らしいと思う。
――初タッグの感触は?
亜沙美「私はすごくやりやすかったです。試合前からすごく頼りにしてしまいました。試合勘が戻っていなかったので、(風香は)その意味で試合数をこなしていると思ったので滅茶苦茶頼りましたね」
風香「試合前は『今日、頼むな』って言われたんですが(笑)。始まってみたら私の方が攻め込まれてしまって、結構アシストしてもらったところがあったので。ブランクはあっても闘いに関しては、普段から血の気が多いところがあるので天性のものがあるのかと思いました(笑)」
亜沙美「一発、風香のキックも受け手みたいなと、ものすごく思いますわ。対戦したいけど…」
風香「時間が無くて実現するかはわからないけど、でもやってみたいですね」
亜沙美「一つ案があります!そしたら風香の引退を3年後にしたらいいのに(笑)。でも、そのくらい蹴りを受けてみたい。風香がプロレスの蹴りをどうやってきたのか、全員の選手の参考になるところを全部、盗んでいきたい。前まではこんなに素直に言われんかった」

NEO 水道橋女子プロレス謝肉祭・NEOカーニバル
1231日(木)後楽園ホール
◇超時空遭遇~アストレスvsマッスル・ビーナス~101本勝負
○風香&川崎亜沙美(80秒、Fクラッシュ→体固め)藤本つかさ&志田光●

 

12/30

年内最後のグッズ販売は明日、NEO後楽園大会です!

 風香が出場する2009年大晦日のNEO後楽園ホールで、販売される最新グッズは2種類のポートレートです。1つは先日の風香祭12の名場面が入ったもので、もう1つは2009年の感謝を込めてのものとなっています。また風香祭FINのポスターや各種のDVDも発売します。



12/25

メイド服を着ての冥土乱舞流で、佐藤光留が場違いの優勝!

 冥土乱舞流と題された時間差バトルロイヤルは、出場者全員がメイド服着用という姿。アップルみゆき、華名でスタートし、紫雷美央、風香、紫雷イオの順で入場すると、続いて飯伏幸太もメイド服で登場。最後に佐藤光留が入場すると、すぐさま美央をオーバー・ザ・トップロープで投げる。ここでデビューを願う、みずしな孝之までメイド姿で登場してしまう。佐藤がブーイングを浴びながらも、イオ、華名、飯伏と次々と落とし空気が読めない。風香に対しても、腕十字で締め上げブレーン・バスターで叩きつける。最後は腕十字で強引に勝利を収めると、場内は大ブーイングで包まれた。出場選手全員が、集団で佐藤を袋叩きにしてメイドランブルは終了した。
風香のコメント「動きにくかったけど、最初から楽しもうと出たので、何か全部がすごく楽しかったです。こんな楽しい試合なのに、一人だけ空気を読まないでガッツガツやってきて、佐藤光留は大人げないと思いました!」。

アキバプロレスvol.4~聖夜のアリバイ工作~
1225日(金)秋葉原UDXアキバ・スクエア
◇アキバでしか見られない冥土乱舞流~メイドランブル~
佐藤光留(1451秒、腕ひしぎ十字固め)風香
※退場順…紫雷美央、みずしな孝之、アップルみゆき、紫雷イオ、華名、飯伏幸太



12/24

最初で最後の仙女でのファイト!131日に風香が仙台上陸!

 来年131日、風香が仙女マットに初めて出場となった。里村明衣子との激闘が醒めやまないが風香にとって、仙女での闘いは未知との遭遇。果たして仙台のファンに風香が何を残せるか…!?

仙台女子プロレス~タイヤハウスPRESENTS2010仙女新春大会」
131日(日)ZEPP SENDAI 5:00PM

 


12/23

風香が里村と熱闘を繰り広げ、風香祭は新木場で有終の美!

FUKAMATSURI12~風香祭新木場FINAL
1223日(日)新木場1stRING <観衆380人=札止め)

オープニングは4人のダンシング・サンタガール!

  

Xはアントン!KIMをトリッキー殺法で破る!

新木場聖戦オープニング・バトル 151本勝負
アントーニオ本多(813秒、横入り式エビ固めを切り返し→エビ固め)カリビアンKIM

    

Xとして登場したのが新木場の人気者、DDTのアントン。まずマイクを持ちKIMを挑発したが、試合巧者ぶりを展開。KIMが凶器を駆使するも、アントンは横入り式エビ固めを切り返し勝利する。

下田の威圧感に屈せずチサコが善戦したが、牙城は崩せず…

◇メキシコ~センダイ未知との遭遇  
151本勝負
下田美馬(852秒、タイガースープレックス・ホールド)DASH.チサコ

 

風香祭初登場の下田が3回連続出場のチサコと対戦。下田に対しやや威圧されたチサコだったが、徐々に本領を発揮。下田の顔面にドロップキックを叩き込むなど、その意地の悪さを見せたが…下田は余裕で受け止め、タイガースープレックスで難なくフォール勝ち。

魅せたぞ柿本家の乱!風香引退後も親子で続行宣言!?

◇柿本家ファミリー劇場(最終回)時間無制限1本勝負
○風香&闘牛・空(66秒、空の牛乳噴射→エビ固め)柿本政秀(父)&柿本元気(長男)●

     

柿本親子がお手製のチャンピオン・ベルトを持参し、これを懸けての試合を提案。兄は空を弟の大地と勘違い。父が18番のヌンチャクを披露し、兄は風香のコブラツイストを背負い投げで切り返す。すると父が軽快なボディアタックを見せ、やんやの歓声を受けた。プロ顔負けの攻防を仕掛けた兄だが、父のヌンチャクを誤爆すると風香がスクールボーイ。兄が踏ん張ると、そこに空が牛乳を噴射し、風香が反動で押さえ込んだ。親子は風香が引退後も、風香祭を引き継ぎ大会を開催すると宣言。バックステージでは空も共闘を表明した。

松岡里果がパワフルに熱唱!
 
◇松岡里果スペシャルLIVE

めまぐるしい展開を制したのは初代ハイスピードの夏樹だった!

◇風香祭
DEハイスピード タッグマッチ301本勝負
○夏樹☆たいよう&パッションRay1730秒、トリプルたいようちゃん☆ラ・マヒストラル)高橋奈苗&藤本つかさ●

  

4人は序盤からめまぐるしいスピードで動きまくったが、夏樹&Rayは藤本を捕らえる。奈苗も好フォローしたが、夏樹&Rayはそれを分断しやりたい放題。立ち止まるシーンが多々あった藤本も反撃したが最後は夏樹が3回転式のマヒストラルで丸め込んだ。

これぞ聖戦!緊張感あふれた初対決は里村の貫禄勝ち!

◇風香祭
2009クライマックス 301本勝負
里村明衣子(1018秒、変形スリーパー→レフェリー・ストップ)風香

      

  

里村が登場するだけで、場内にオーラが満載する。スタートから里村は鋭いキックを風香に見舞い、グラウンドでも翻弄。シビアな里村の攻めに風香はいつにない苦戦をするが2段蹴りやグラウンド・コブラで反撃。互いに隙の無い動きを展開し、風香は里村のバックドロップを切り返すと腕十字。そしてサッカーボール・キックを里村の痛めている腰に炸裂する。しかし里村は冷静に返すと各種の投げ技、コンビーネーション豊かなキックを連発。コーナーに上がった里村に風香はキックを見舞うと雪崩式ブレーン・バスター。腰を強打した里村に、風香は逆エビ固めで絞り上げる。そしてマックからドールFを決めるが、里村はロープエスケープ。 里村はオーバーヘッドキックで逆転すると、鋭いハイキック。ダイビングプレスを風香は剣山でカットすると、飛びついてすかさずスリーパー。これを里村はほどくとスリーパー、すぐさま変形スリーパーに移行。風香は意識が無くなりレフェリーは試合をストップさせた。記念撮影後はこの日、誕生日を迎えた下田&奈苗に対しRICAがハッピーバースディの歌から、ケーキが用意され祝福した。

2月13日、シュートボクシングに出場し最後の格闘技戦に挑む!


     

風香はマイクを持ち挨拶「相手が里村さんでも負けることを考えていなかったので、何を言えばいいのか…みなさんのおかげで6年間やってこれて今日、私が育った新木場で最後ということになったんですが、たくさんのものを追い続けて、越えた壁もあれば里村さんのように引退までに越えられなかった壁もたくさんあったけど、たくさんの方に見ていただいて全力で試合ができていることを本当に嬉しく思います。まだあと3カ月あるので来年、最後は後楽園ホールという大きな舞台が待っているので最後の最後まで成長を続けるつもりで頑張っていきたいと思います。一つ私を育ててくれた新木場1stRINGが終わって、今度はもう一つ、私を育ててくれたシュートボクシングの試合、最後格闘技の引退試合を2月13日にやりたいと思います。最後の最後まで弱い私ですけども、全力で頑張ってくるので、みなさん応援に来ていただければ嬉しいと思います。今日は本当にありがとうございました!」。

 コメントブースでは「新木場最後ということで相手が里村さんであっても絶対に勝ちたい気持ちが強かったので、まずはすごく残念です。でもトップ・ファイターと言われる里村さんと試合することが出来て負けはしたんですけども、この場でやれて良かったなと思います。(里村の蹴りは?)重かったです。痛かった。最初に蹴りが来るとは思わなくて、最初見合ったときにノーモーションで蹴りがきたので、余計にビックリしたのもあって。(自身の蹴りについては?)いつもよりバシバシ決まったと思うんですけど、本当はもっと蹴りたかったけど、やっぱり何をやっても返されて上手かったです。技をすごく知っていて、返したくても力がすごく強くて…。同じような階級で試合とか練習していたのとはまったく違いました。(中略)最後の新木場を勝利で締められなかったのは悔しいけど、あんなにたくさんのお客さんが来てくれて、自分と里村さんの試合を楽しみにしてくれたことはすごく嬉しかった。負けはしたけど、今日の試合が里村さんで良かったと思います。(引退の後楽園は?)新木場の豪華版みたいな、今まで出てくれたゆかりにある選手には出てほしいし。最後の最後まで思い出試合というより勝ちにこだわる試合を最後まで見せたいです。(シュートボクシングは?)自分のケジメとして最後というのはやってみたかったので。それをやらせていただけることがすごく嬉しいです。きれいな技を出す人よりは気持ちでガンガンきて、ガンガンいける、あとでビデオで見て恥ずかしいと思えるような泥臭い試合ができたらいいので。そういう選手とやりたいです」。

 

                

12/22

風香祭12最終情報…グッズは売り切れの可能性あり!お早めにどうぞ!

 カリビアンKIMの対戦相手は当日発表のXとします。
  当日券、グッズ販売は午前1030分から行います。
    328日、後楽園ホール大会の先行発売は午前11時からとなります。

福袋のお知らせ!
10000(限定5個)…総額20,000円相当の風香グッズが入っています。内容はDVD、ポスター、フォトブック、ポートレート、Tシャツ、撮影使用の衣装など。
3,000円(限定15個…総額8,000円相当以上の風香グッズが入っています。内容はポスター、フォトブック、ポートレート、Tシャツ、クリスマスPHOTOなどが入っています。

 

ポートレートは6種類!
恒例のポートレートは各1,000円で発売します。すべてサイン入りとなっています。
 これが目玉の風香&RICAのコラボ・ポートレート…1,500円


12/21

風香&亜沙美のタッグが大晦日のNEOで実現する!

 大晦日恒例のNEO後楽園ホール大会で、JDスター時代に同期だった風香と川崎亜沙美がタッグを組むことになった。風香と亜沙美は意外にも初めてのタッグ。それも過去リング上ではシングル1回、タッグ1回しか絡んだことがなく、どんな展開になるのか楽しみな試合となろう。最も二人が同時期に活動したのは1年にも満たなくて、亜沙美は売り出し中のホープ、風香は負けっぱなしと真逆の道を歩んでいたので接点が無かったのだ。しかし時を経て、風香は女子プロレスを代表する人気選手となり、亜沙美は39カ月ぶりに復帰するなど、二人の取り巻く状況は変化してきたのだった。

NEO 女子プロレス謝肉祭・NEOカーニバル2009
1231日(木)後楽園ホール 12:00PM
◇タッグマッチ
風香&川崎亜沙美 vs 志田光&藤本つかさ



12/20

飛鳥仮面FIESTAで女・虎戦士が登場し華麗に舞った!

 メキシコの大物レジェンドであるドス・カラスを招聘して開催された「飛鳥仮面FIESTA」で、風香が女・虎戦士ティグレFUKAに変身。パッション・セブンと初タッグを結成し、紫雷姉妹と激突した。FUKAは入場の際、タイガーマスクばりにコーナー最上段に上がり手を差し出すポーズを見せた。このところ成長著しい紫雷姉妹はマスク越しにFUKAの顔面を代わる代わる攻撃。FUKA&セブンはコブラツイストの競演を見せれば、セブンはトペ、FUKAはプランチャで舞う。イオのムーンサルト・プレス、美央は紫閃光と必殺技を繰り出したが…FUKA&セブンは合体のジャンピング・キックで美央を追い込み、FUKAがダイビング・プレス、そしてセブンがパッション・プレスを落下。この連続投下で勝利を収めたのだ。

 試合後のコメント セブン「デビュー2戦目でプロレスは凄く難しい。でもティグレFUKAというカッコいいマスクマンと組めて良かったです」、FUKA「いつもはアピールするのが恥ずかしかったりするんですけど、今日は手を挙げるだけで間を持たせることが出来た。新しい挑戦というか、すごい小さなことなんですが、それがずっと出来なかったことなので。なんか楽しかったです。だけどタイガーマスクさんの真似をした入場はマントを踏んで立てなかったりとか、最後はボディプレスの時にスカートをセブンさんに踏まれ飛ばなかったとかあったので、これからはコスチュームをシンプルなものに変えようと思いました。試合が楽しかったので、また機会があればやりたいです」。

飛鳥仮面FIESTA~ドス・カラスの華麗なる世界~
1220日(日)新木場1stRING
FUKA FINAL FIESTA 301本勝負
ティグレFUKA&○パッション・セブン(125秒、パッション・プレス→体固め)紫雷美央●&紫雷イオ


12/19

風香祭FINポスターのデザインが完成!

 ついに最後を向かえる風香祭FIN328日、後楽園ホール)ですが、大会ポスターのデザインが完成しました。最後とあってこれまでの風香祭に出場した全選手&出演者が、風香の周りを囲んでいます。これも風香自身のアイデアが採用されました。23日の風香祭12からお披露目です。

 


12/18

風香祭125日後に控えオープニングのリハーサル!

 1223日に開催される風香祭12は、すでに増席した指定席も数枚残すのみとなりました。本日は恒例、オープニングのパフォーマンスのリハーサルがありました。今回はレギュラーのダンサーさんが出演出来ないため、風香ガールズというべき女性4人が歌って踊ります。これも期待大です。



12/17

週プロの写真名鑑号で3年連続表紙に登場!

 毎年、年末に発売される週刊プロレスのプロレスラー写真名鑑号で、風香が表紙の24選手に抜てきされました。これで3年連続の写真名鑑号の表紙に登場。女子レスラーとして、これはある意味で快挙。いかにプロレス界で独自のポジションを築いてるかという証になりました。この週刊プロレスは現在、発売中です!

左上から5番目が風香です!


12/16

アキバプロレスで風香がメイド姿で出場!

 菊タローがプロデュースするアキバプロレスで、風香は「メイドランブル」というバトルロイヤルに出場する。2人の選手が入場して試合がスタート。その後、1分ことに選手が入場し、最後に残った選手が優勝となる。全選手メイド服着用。出場選手は風香、アップルみゆき、佐藤光留、華名、紫雷美央、紫雷イオ、飯伏幸太。



12/15

絶版していた「風香祭DVD1」を復刻販売!

 すでに在庫が無くなり、長らく再販が出来ない状態でした「風香祭DVD1」が、このほど20枚だけ復刻し1223日の風香祭12で販売することになりました。この風香祭DVD1は、初めての風香祭(07930日)と風香祭2(071222日)の2大会を完全収録。いずれの大会も風香祭の原点というも言うべき要素が詰まり、風香を語る上では欠かせません。これが最終販売となりますので是非、お買い求め下さい。

風香祭DVD1 定価/5,500円 収録時間/240



12/14

風香祭12は指定席完売で増席しました!

<チケット販売状況>
◆飛鳥仮面FIESTA~ドス・カラスの華麗なる世界~
1220日(日)新木場1stRING 6:00PM
○風香マニア・シート/8,000円(非売品サイン入り写真付き)…残り2枚(DEPOMARTのみ扱い)※プレミアム・シートAB、アレナ・シートはまだ残席あり。チケットぴあ、e+、後楽園ホール、DEPOMARTで販売中。
FUKAMATSURI12~風香祭新木場FINAL
1223日(水・祝)新木場1stRING 12:30PM
Aシート/4,000円…指定席完売のため増席。チケットぴあ、風香祭プロデュース、風香メールのみで販売中。

 



12/13

風香&奈苗が思わぬ苦戦の末、勝利!

JDスター時代の同期だった川崎亜沙美が復帰を果たす大会のセミに登場した風香は、奈苗とのタッグで登場。夏樹&小林華子と対戦した。奈苗と夏樹で始まったが、互角のスピードで渡り合う。風香も夏樹の速さに、キックとサブミッションで応戦。小林との絡みはあまりなかったが、ハイキックの連発で優位に立った。試合は奈苗が小林をイクボムで押さえたが、予想外にてこずり20分近い熱闘となった。
試合後のコメント 奈苗「全然だめだ!風香とは何度も組んで、それなりの絆があると思うんですけど、向こうは急造タッグなのに、こんなに手こずってしまって!自分がしっかり引っ張れなかったと不甲斐ないです」、風香「こんな力強いパートナーがいるのに、20分近くも粘られてしまって…もっと頑張らないといけなかった。勝ったけど悔しいです!(小林は?)本当に気が強い人で、なんかプロレスの間じゃないくらいば~っと来るので、最初は気後れしてしまって。途中からは立て直したんですけど、それは最初からリングに上がったらこんなことがあると思っているので」。
Beginning
1213日(日)SHINJUKU FACE
風香&○高橋奈苗(
1942秒、イクボム→片エビ固め)夏樹☆たいよう&小林華子●




12/12

風香がK-DOJO初参戦で3年半ぶりにバンビと対戦!

 2010年、プロレス活動の緒戦となりそうなのが111日、千葉市民会館で開催されるKAIENTAI-DOJOのビッグショーだ。シアター型の会場で、対戦相手はバンビと決まりました。両者の対戦は2006年に、新世代リーグ戦でバンビが勝利し、POP王座を賭けたタイトルマッチで風香が勝利し11敗の戦績を残しています。今回は事実上、最後の闘い、それも同団体初出場だけにどうなるのか!

KAIENTAI-DOJO CLUB-K SUPER
 in千葉市民会館~千葉プロレス祭~

2010111日(日)千葉市民会館・大ホール 2:00PM
◇シングルマッチ
風香  vs  バンビ

 



12/7

聖夜はアキバプロレスに初参戦!

 菊タローがプロデュースするイベント、アキバプロレスに初参戦することになりました。これは菊タロー・プロデューサーたっての依頼で、クリスマスの夜に出場する運びとなりました。聖夜は風香の応援をお願いします!
アキバプロレス「アキバプロレスvol.4~聖夜のアリバイ工作~」
1225日(金)秋葉原 AKIBA_SQUARE(秋葉原UDXF)
  午後7時30分

 



12/6

09年夏から秋の風香祭2大会完全収録!メキシコ遠征で引退を激白!
風香祭の新作を1223日に発売します!

風香祭DVD6 定価/6,000円 収録時間/223
電撃的に引退を発表した風香が、その思いを秘めて闘った風香祭2大会の模様を余すところなく収録。さらに2度目のメキシコ遠征のレポートを特別映像で披露。ここで風香は初めて引退について語った。
(収録内容)
FUKA MATSURI10~風香の夏物語~
200982日(日)新木場1stRING 
<風香祭オープニング・テクニカルファイト>
●渋谷シュウ vs DASH・チサコ
<暴走&カリビアン・ビッグタイフーン3WAYマッチ>
●堀田祐美子  vs 勇気彩 vs カリビアンKIM
<風香祭・バトルファインプレー>
●闘牛・空  vs  さくらえみ
<風香祭サマー・パッション>
風香&華名   vs   高橋奈苗&牧場みのり

FUKA MATSURI11~風香祭デスティニー~
20091025日 新木場1stRING 
TLW世界女子ヤングタッグ選手権試合>
(王者チーム)       (挑戦者チーム)
●紫雷姉妹(美央&イオ) vs しもうま和美&星ハム子
<風香祭格闘ドリームマッチ>
●風香  vs  長野美香
<風香祭キャラクター・バトル>
●タニー・マウス vs 真琴 vs ジャィアント小馬場 
<風香祭マスクド・タイフーン>
●パッション・セブン  vs  ポリス・ウ~メン
<風香祭デスティニー 風香軍vs仙女>
●風香&大畠美咲  vs   水波稜&DASH・チサコ

特典映像
◆風香メキシコ遠征2009
カンクンでのショット、引退に対し初のインタビュー
LUCHA FAN FEST
2009926日 メキシコシティ シルコ・ボラドール
風香&ダーク・エンジェルvsプリンセサ・スヘイ&闘牛・空




12/4

Beginningで奈苗とのコンビで夏樹&小林と対戦!

 風香の同期で引退していた亜沙美が復帰するBeginning新宿大会で、高橋奈苗と組んで夏樹☆たいよう&小林華子と対戦する。風香&奈苗のチームは、風香祭でもお馴染み。夏樹は同世代のライバルだが、小林とはこれが初対戦となる。
Beginning
1213日(日)SHINJUKU FACE 午後12時開始
◇タッグマッチ451本勝負
風香&高橋奈苗  vs  夏樹☆たいよう&小林華子

 



12/3

新宿プロレスで風香&桜花&春日のトリオが出場!

 3年ぶりに復活した新宿プロレスに出場した風香は、桜花由美&春日萌花のWAVE勢とトリオを結成し、GAMI&紫雷姉妹と激突した。スタートは風香と美央が蹴りで探り合いを見せた。このところ成長著しい紫雷姉妹は、風香に対しても臆せず攻め込む。なかなかGAMIと絡むことはなったが、今回は珍しくGAMIが風香に攻撃的だった。試合はGAMIがアディオス・アミーガで春日からフォールを奪った。

復活!新宿プロレス 123だぁ~
12月3日(木)SHINJUKU FACE 
◇豪華競演!女子プロレス 301本勝負
○GAMI&紫雷美央&イオ(13分05秒、アディオス・アミーガ→体固め)風香&桜花由美&春日萌花●

  

 

11/27

風香祭12で風香vs里村シングル決戦実現!最後の柿本家劇場も!

FUKA MATSURI12~風香祭新木場FINAL
1223日(祝・水)新木場1stRING 午後1230分開始

<決定カード>
◆メキシコ~センダイ未知との遭遇  151本勝負
下田美馬  vs  DASH.チサコ
※下田が初出場

風香の見所DASH選手はこのところ3回連続で出ている選手で、若手とは思えないふてぶてしいファイトが、東京の私たちには魅力的に映っています。相手は大ベテランの選手ですが、ここでも臆せず顔面をガンガン蹴りまくってほしいと思います」。

     

◆柿本家ファミリー劇場(最終回)
風香     vs   柿本政秀(父)
闘牛・空       柿本元気(長男)
※ついに柿本家劇場も闘い収めで、牛と柿本家が激突!

風香の見所「私の2周年から3年近く続いた「柿本家劇場」がファイナルとなります。(父・兄の)引退試合なので、半年前から気合入れて練習しているみたいですが、そこはプロレスラーの私と牛さんで叩き潰したいと思います!」

   

◆松岡里果スペシャルLIVE
※風香ファミリーのアーティスト、松岡里果が熱唱

 

◆風香祭DEハイスピード タッグマッチ301本勝負
高橋奈苗   vs   夏樹☆たいよう
藤本つかさ      パッションRay
※奈苗がハイスピードに挑む。アイスリボンの藤本は初参戦

風香の見所「高橋さんと夏樹☆たいようは、どこの会場でもレベルの高い攻防を見せてくれているので、鉄板で安心なのですが…ここは風香祭なので、私がセミに喰われるわけにいかないので、どんなに熱い闘いがあっても私は負けないように頑張ります!」

       

◆風香祭2009クライマックス 301本勝負
風香     vs   里村明衣子
※仙女から里村が初参戦し、風香と最初で最後の対決
里村のコメント「風香選手はキッカーなので、楽しみです。どんな試合になるかは当日まで自分も想像がつかないですが、気持ちを高めて挑みます」

風香の見所「女子プロレス界のトップ・レスラーと言える里村さんなので、どんな試合になるのか?私がどこまで出来るのか?叩き潰されるのか、本当にわからないけれど、でも自分の祭りでみっともないところは見せたくないから、いい試合をして、相手の方が強いかもしれないけど、隙を突いて丸め込んだり、ハイキックで一瞬、意識を飛ばしているうちに押さえ込んだりとか、勝機を生み出せるように研究していきたいと思います!」

    

※もう1試合追加…カリビアンKIM参戦

<風香と一問一答>
ー里村選手に対する印象は?
風香「里村選手の試合を見たのは1回しかないのですが…私が仙台の近くで試合をやった時に挨拶に来てくれて、雑誌で見ていた時はオーラがあって大きい人というイメージがあったのが、自分とそんなに(身長が)変わらないのに、こんなにオーラがあるんだと第一印象は凄くビックリして。私は高橋奈苗選手が一番だとずっと思っていて、パッション・レッド興行のメインで高橋さんと里村さんがやっているのを見て、本当に互角でプロレス界にはこんなに凄い人がいるのかと思って。この時は自分が試合をするとか考えていなかったので、本当にファンみたいな目線で、高橋さんと里村さんの試合が見れてラッキーだなと。とても遠い世界の人という印象です」

ー自ら対戦を望んだのか?
風香「前回か前々回の風香祭にやりたかったんですが、里村さんが怪我をされて。もしかしたら、このまま出来ないまま引退になるのかなと思っていたら、里村さんの復帰が決まったので『ぜひ、やらせてください!』と言わせてもらいました」

ー柿本家劇場もいよいよ最後になりますが…
風香「最初の頃はコミカルな感じで、元気が大地に遊ばれているという感じだったんですけど、どんどんプロレスの技を研究してきて意識してきて、なんか勘違いしてんじゃないのってくらいになって(笑)。ここは最後なのでプロと素人の違いを見せ付けないといけないと思います。でも大きい男二人が、この試合に命を賭けて練習をし続けているので、どうなっているのかわからないので多少、脅威ですね」

ー風香祭も新木場で最後の開催となりますね
風香「私はデビューが後楽園ホールだったんですが、その後は新木場に道場が移ってきてからは、ほぼ新木場がメインでやってきて、新木場の(控室の)上に住んでいたこともあって、本当にここで生活をしていた。ここが私を育ててくれた場所なので、新木場1stRINGは私のプロレス生活の中で一番、思い入れの深い場所だから最後というのは、凄く寂しいし。まだ実感は湧いていないけど、最後は新木場1stRINGに恩返し出来るような熱い闘いを見せたいと思います!」

     

<大会新発売グッズ>
◇大会記念フォトブック…1,000
DVD「風香祭DVD6」…6,000
風香祭1011、特典映像メキシコ遠征2009
◇各種ポートレート…1,000
◇福袋…10000円、3,000

風香引退記念試合チケット情報
FUKA MATSURI FIN~風香引退記念試合~
2010328日(日)後楽園ホール 午後1230分開始

<入場料金>
Sシート/15,000円(最前列=プレミアム・グッズ付)
Aシート/10,000円(フロア2~3列目=プレミアム・グッズ付)
Bシート/6,000円(東西ひな壇)
Cシート/5,000円(南AD
Dシート/4,000円(南EH
Eシート/3,000円(南IN
Fシート/1,500円(南OR
小中学生/1,000円(当日のみ)
<プレイガイド>
チケットぴあPコード8153440570029999
e+(http//eee.eplus.co.jp/index.html
後楽園ホール(0358009999
書泉ブックマート(0332940011
DEPOMART0338186221
<先行発売>
1223日(祝・水)風香祭12会場にて
<一般発売>
1224日(木)~
<お問い合わせ>
風香祭プロデュース(0336784226

 

11/25

飛鳥仮面FIESTAで女・虎戦士に変身し、あのパッション・セブンとタッグ結成!

飛鳥仮面FIESTA~ドス・カラスの華麗なる世界~
1220日(日)東京・新木場1stRING 
開場/530PM 開始/6:00PM

FUKA FINAL  FIESTA タッグマッチ201本勝負
ティグレFUKA      vs    紫雷美央
パッション・セブン          紫雷イオ
※引退を発表している風香が初めて虎の仮面に遭遇。ティグレFUKAのコメント「可愛いマスクが完成しました。初めてで最後となる虎の仮面をかぶり、コーナーに立ってみたいと思います」。ちなみにティグレは虎の意味です。

    




11/24

風香が表紙
RINSGSTARS Vol.5発売決定!

 風香が表紙を飾った女子プロレス雑誌通巻100号めとなる「RINGSTARS Vol.5」の発売が決まりました。全国書店、プロレスショップ(デポマート、チャンピオン、大山アメリカン、レッスル、モーニングプロダクション、バトル本舗本店、マッキー)、リングスターズショッピングサイト、RINGSTARS会場売店にて販売いたします。
25日のWAVE新木場大会ではどこよりも早い先行発売を行ないます。そのほか29日JWP大阪大会はじめリングスターズ会場売店でも販売したします。また書店、ショップでの発売は28日より開始します。
<風香主な内容>
風香ファイナル12ページ大特集!
風香 引退独占インタビュー
風香ファミリー紹介(風香&RICA、風香&春香、風香&ダンサーズ)
渋谷シュウ改め渋シュウ改造計画
風香INメキシコ

 


11/23

アイスリボン初の大阪大会は大成功!風香&真琴が奈苗組に勝利!

 風香が名古屋に続いて大阪に登場。アイスリボンの大阪大会は第1試合から盛り上がりを見せ、風香は真琴との初タッグで出場。スタートは1年ぶりに肌を合わす市井とのコンタクト。互いにキックのフェイントを見せるが、ヒットはしない。市井はひとりハイテンションで奈苗との連携は不安視されたが…案の定、噛み合わず分断された。風香は奈苗の動きを封じようと、腕十字固めやクリストで締め上げる。試合は市井の度重なる誤爆の隙をつき、風香が奈苗をドールFで倒している間に、真琴がジャーマンを市井に決めて見せた。
真琴「前にも言ったんですけど、風香さんは最初は弱かったんですが、今は凄く強くて可愛らしくて憧れです!」、風香「やっぱり高橋さんと市井舞と聞いたら名前的に向こうが強いと思うので、真琴さんがどんな試合になるのか不安だったんですけど、知らない間に打たれ強さがもの凄く、こんなに強くなっているとは思わなかった...勝てて嬉しいです」。

アイスリボン・135
11
23日(月)大阪ミナミMove onアリ
◇真☆情熱風舞151本勝負
風香&真琴○(1335秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)高橋奈苗&市井舞●
◇ボーナストラック バトルロイヤル(16人参加)
○志田光(1242秒、オーバー・ザ・トップロープ)高橋奈苗●
※風香は6番目に退場。





11/22


風香&渋谷が再始動のタムクリに完敗!

 NEOの名古屋大会で渋谷と組んで、田村欣子&栗原あゆみの“タムクリ”と対戦。風香&渋谷はダイビング・プレスからのセントーンといった攻防を見せたが、タムクリは様々な連係プレーを駆使。渋谷が田村に捕まり、栗原が風香を裏投げアシストする間に、田村のパトリオット・バスターが決まり勝負が着いた。

風香のコメント「体が動かないことはなかったけど、結果は負けてしまったので凄く悔しい。特に渋谷とのタッグだったので、どうしても勝ちたかったし凄く悔しいです。(タムクリは)ダブル攻撃とかずっと組んでた感じが強くて、チームワークで負けたような気がします」
NEO STRONG HOLD IN JAPAN
1122日(日)名古屋市千種スポーツセンタ-
◆タッグマッチ
301本勝
○田村欣子&栗原あゆみ(
1750秒、パトリオット・ボム→エビ固め)風香&渋谷シュウ




11/20

風香が真琴とのタッグで因縁の奈苗&市井と大阪決戦!

 アイスリボンが大阪初進出する1123で、風香が真琴とタッグを組み高橋奈苗&市井舞との対戦が決まった。風香と真琴は初めてのタッグ。尊敬する奈苗との対戦もさることながら、市井とは昨年11月にシュート・ボクシングで闘ってから1年ぶり。プロレスでは971231日の「第5回ジュニア・オールスター戦」以来の対戦となるのだ。名古屋→大阪と続く、風香ツアーでは「FOTOLIBRE」の販売も行いますので、この機会にお買い求めください。
アイスリボン・135
1123日(祝・月)大阪・ミナミMove onアリーナ 1:00PM
◇真☆熱風舞 151本勝負
風香&真琴 vs 高橋奈苗&市井舞



11/18

風香が6人タッグながら桜花と組んで出陣!

 復活する12・3新宿プロレスに出場する風香のカードが決定した。JDスター時代の先輩である桜花由美&春日萌花のWAVE勢と組み、GAMI&紫雷姉妹と対戦する。WAVE色の強い中で風香が大人のプロレス・ファン相手に何を見せるのか!?
復活!新宿プロレス 123だぁ~
12月3日(木)SHINJUKU FACE 7:00PM
◇豪華競演!女子プロレス 301本勝負
風香&桜花由美&春日萌花 vs GAMI&紫雷姉妹(美央&イオ)


11/17

本日発売のFLASHに掲載されています!

 写真週刊誌「FLASH12/1号に、“トップアスリート10人 引退がよぎった瞬間”と題された企画に風香が、魔裟斗、緒方孝市、出島らと共に掲載されています。引退まであと、4カ月とちょっと、こういった記事が出るとぐ~んと引退が身近になります。本日、発売ですので是非、ご覧下さい。



11/14

サイン会は満員御礼!ありがとうございました!

メキシコ遠征を記念した写真集「FOTOLIBRE/FUKALIBRE」の発売を記念したサイン会が、午後5時より神保町の書泉ブックマートで行われました。会場には約100名の熱心なファンが集まりましたが、初めて風香と触れ合う人も多かった。中には仙台、名古屋、大阪から来た人もいて風香は一人一人に「風香祭あと2回なので、12月23日も来てください!」と声を掛けていた。尚、書泉ブックマートではサイン本として、約30冊を店頭販売するので、今回来れなかった方もご購入出来ます。
   

   

11/13

アイスリボンの大阪大会に参戦決定!名古屋~大阪に行きます!

 アイスリボンが大阪初進出する1123日(祝・月)大阪ミナミMove onアリーナに、風香の出場が決まりました。対戦カードは検討中ですが、前日の22日(日)はNEOの名古屋大会と、名古屋~大阪の風香ツアーを敢行します。ひょっとしたら、最後の東海・関西方面になる可能性もあり、風香の闘いを目に収めてください。

アイスリボン135
11
23(祝・月)大阪ミナミMove onアリーナ 1:00PM

 

11/11

渋谷とのコンビで再始動のタムクリと対戦!

 風香が出場するNEOの名古屋大会では、盟友の渋谷シュウと組みタムクリこと、田村欣子&栗原あゆみと激突する。風香の名古屋登場はなんと初めて!名古屋地区のファンの前で試合をするのは、最初で最後になるのか!?

NEO STRONG HOLD IN JAPAN
1122日(日)名古屋市千種スポーツセンター 400PM
◇タムクリ再始動 301本勝負
風香&渋谷シュウ vs 田村欣子&栗原あゆみ

    

11/7

週プロ1500号イベントでガールズ・トーク!

 週刊プロレスの1500号を記念したイベントが、アントニオ猪木酒場で開催され風香が栗原あゆみと共に出演しました。武藤敬司が乾杯の音頭を取り、トークショーでイベントはスタート。風香&栗原はサムライTVキャスターのあべ由紀子と3人でガールズ・トーク。そこへ共通の仲間である渋谷シュウが乱入…相変わらずのぐだぐだ感は否めなかったが、3人のトークは大いに盛り上がったのだ。続いてDDTの酒場プロレス(飯伏幸太vs中澤マイケル)、丸藤正道のトーク、棚橋弘至のタナ・ノートとイベントは賑やいだ。




11/2

ス・カラス興行に特別参戦!さて風香の七変化は…?

 ミル・マスカラス、マスクド・スーパスターと続いた「FIESTAシリーズ」第3弾として、あの飛鳥仮面ドス・カラスの来日が決定しました。兄マスカラス同様、メキシコではレジェンドとして変わらぬ知名度を誇り、万全のコンディションを保っています。そして師走の日本マットに華麗なる世界を創り上げます。今大会にはドス・カラスを付け狙う、ザ・グレート・サスケも出場を表明。東京愚連隊も大会の盛り上げに一役買い、引退を発表したばかりの風香も女子プロレスを代表して参戦します。さて今回、風香はそのまま出場するのか?変身するのか?注目である。風香マニア・シートは36枚限定で、DEPOMARTのみで販売します。

飛鳥仮面FIESTA~ドス・カラスの華麗なる世界~
1220日(日)東京・新木場1stRING 
開場/530PM 開始/6:00PM
主催/飛鳥仮面FIESTA実行委員会
後援/DEPOMART
協賛/オリエンタルプラントサービス株式会社

<入場料金>
プレミアム・シートA(最前列)/12,000円(プレミアム・グッズ付)
プレミアム・シートB(北側ひな壇1列目)/10,000円(プレミアム・グッズ付)
風香マニア・シート(南ひな壇中央)/8,000円(グッズ付)
アレナ・シート/6,000
<プレイガイド>
チケットぴあ Pコード815136(0570-02-9999)
e+(http//eee.eplus.co.jp/index.html
後楽園ホール(03-5800-999)
DEPOMART(03-3818-6221)
BONITA(03-3209-9108)
<先行発売>
117日(土)DEPOMARTにて
<一般発売>
11 月8日(日)より
<出場決定選手>
ドス・カラス、ザ・グレート・サスケ、東京愚連隊(NOSAWAMAZADA)、風香
<お問い合わせ>
DEPOMART(03-3818-6221)

 

 

11/1

三田引退試合で風香は6人タッグで出場!

 三田英津子の引退試合が行われたNEOの後楽園大会は、女子では珍しく北側を全面開放し立錐の余地のない1,700人超満員の観客で埋め尽くされた。風香は宮崎有妃&栗原あゆみと組み、メキシコ帰りのレボルシオン・アマンドラと対戦。6人ともメキシコ遠征の経験があるという共通点がメイン・テーマ。江本は現地のカベジェラ戦で敗れ坊主頭で登場。栗原vs江本、風香vs木村、宮崎vs中川というルチャばりの組み合わせでスタート。風香は木村を相手に器用なルチャを見せたが、アマンドラ3人に捕まってしまう。風香はダイビング・プレスを見せるが、宮崎が合体のライガーボムから木村のビッグブーツでフォール負け。アマンドラが好連携で勝利を収めたのだ。

 試合後のコメント 宮崎「試合のコンセプトがメキシコ遠征をしたことがある6人みたいで、あたしは7~8年前なのでルチャを覚えていないですが。あたしがこのカードを聞いた時、ルチャではなく風香が3月に引退すると聞いてからなので、だから最後に思ったのは(試合前に)踊りたいなぁと。アマンドラと後楽園が続いているので勝ちたかったけど…アマンドラは帰ってから、タッグとしてまとまりが付いてきた。一皮と言うか半分剥けたな…」。風香「そう言ってもらっているのに、動きが全然良くなくって凄く悔しいです。結果も負けてしまったので、引退までに出来れば組ませていただければ嬉しいです。アマンドラはスタイルが全然、変わりました。キックが全然、当たらなかった…」。栗原「自分も風香ちゃんのことを聞いて、最初は踊ることは緊張したんですが、テンポがずれてしまったことが悔やまれますが、でも踊りは楽しかったです。試合はやられっ放しで1度もやり返していないので、時差ぼけのところをやってやろうと思っていましたが。まだまだ自分が甘かったです。必ずリベンジします!」。

NEO STAND OUT 09
111日(日)後楽園ホール
6人タッグ 151本勝負
○木村響子&江本敦子&中川ともか(1445秒、ビッグブーツ→エビ固め)宮崎有妃●&風香&栗原あゆみ

     

    
(試合写真提供/大川昇)




10/30

ドロップキックでのオールナイト・イベントは大盛況!

 風香が3部制のイベントをDDTの直営店である新宿「ドロップキック」で開催した。1部は午後7時から行われ、各選手からの引退に対するメッセージの映像上映を始め、リングアナ・コンテスト、しりとり大会と盛り上がりビンゴ大会で締めくくった。2部は午後930分からで「風香プロレス検定」では最高点数が74点で二人がトップ。3部は午前1時~4時の3時間版というオールナイトで敢行。風香祭のリングアナ、RICAも飛び入り出演。風香マニア写真コンテストでは各々が、自信の作品を持参。参加者全員が1分間ずつ自己ピーアールし、中には束の間のプロポーズまで飛び出した。
3部で都合7時間のイベントを行った風香だが、本人はいたってタフそのもの。柿本大地が店長をやっているとあって、絶妙のチームワークを見せ終始場は賑わったのだ。「今度は温泉ツアーをやりたいですね」と引退まで5カ月ながら、風香は意欲的な発言をしたのだ。

    

  




10/28

風香のサイン会情報

 メキシコでの特写が満載の写真集「FOTOLIBREFUKALIBRE」の発売を記念したサイン会が書泉ブックマートで行われます。

1114日(土)午後5時~ 書泉ブックマート
現在、書泉ブックマート地階で整理券を販売しています。1冊、定価2,500円です。
当日、その場でサインを行います。

※写真撮影はお一人1枚。ご希望によりツーショット撮影も可能です。お客様がカメラを持参ください。携帯での撮影も可能です。
<お問い合わせ>0332940011




10/27

奈苗とのタッグで西口女子のハチミツ二郎&見た目が邦彦に完勝!

 風香が高橋奈苗とタッグを組み、西口プロレスに出場し、西口女子を名乗るハチミツ二郎&見た目が邦彦と対戦。芸人とは初対戦となる奈苗は、激しいタックルで見た目を吹っ飛ばす。風香がプランチャ・スイシーダ、奈苗がトペを放つと観客は大興奮。奈苗は女子プロレス特有の動きを真似る見た目がを翻弄。風香はハチミツに何度もキックを叩き込むが、メキシコでルチャのライセンスを取得したばかりのハチミツは動じない。セクハラまがいの攻撃を受けた風香だが、最後はハチミツをマックで丸め込みフォール。風香&奈苗が勝利を収めたのだ。

 試合後のコメント 奈苗「西口プロレスは初めてだったので、場慣れしている風香に任せて余裕勝ちですね。ただ、女子プロレスの格好をして男なのか女なのかわかりませんが、なかなか骨のある奴がここにもいたのかなと。女子プロレスを名乗るなら、魂を持ってやってほしい。自分は誰が相手でも尊敬の気持ちを持って、闘うことが必要だと思っているんですけど、今日はなおさら実感しました。西口プロレスの方はプロレスが好きで、ず~と続けてきているので、力は確実に付いているので。プロレスというものを普及するためには必要な場です」。風香「(西口では)初めて高橋さんと組ませてもらって全然、負ける気がしなかったです。自分が攻められていても、絶対に助けてきてくれると思ったので、安心して闘えました。今、激しいプロレスをやらせてもらって、こういう楽しいプロレスをして、最後に締めれたので良かったです」。

西口DXプロレス Megaton7~デラックス・ア・ゴー!ゴー!~ 
1027日(火)渋谷・渋谷OEAST
◇タッグマッチ
○風香&高橋奈苗(1155秒、マック)ハチミツ二郎●&見た目が邦彦






10/26

イベント参加者に緊急告知!

 10月30日(金)に開催される新宿「ドロップキック」でのイベントに参加する方に、当サイトを通じて告知いたします。
<1部~3部に参加の方>
風香が参加者の質問にお答えしますので、質問内容を事前にメールでお知らせ下さい。shop@fukamatsuri.jp  kakimotofuka@yahoo.co.jp
<3部に参加の方>
風香マニア写真コンテストを行いますので、皆さんが撮影した写真をご持参ください。風香が1等賞を決めます。




10/25

引退表明後、初の風香祭で風香が2試合出場で大車輪の活躍!

FUKAMATSURI11~風香祭デスティニー~
10月25日(日)新木場1stRING   <観衆340人=満員>

オープニングでアフロ&ディスコ調で登場!
   

紫雷姉妹が雑草ガールズを一蹴しタッグ王座を防衛!

◇~TLW世界女子ヤングタッグ選手権試合 30分1本勝負
(王者チーム)                     (挑戦者チーム)
紫雷美央&○紫雷イオ(14分50秒、イオ・デ・ジャネイロ)しもうま和美&星ハム子●
      

TLW世界女子ヤングタッグ王者の紫雷姉妹は、その成長ぶりを存分に見せた。アイスリボンの雑草ガールズのけたたましい猛攻を交わすと、イオが逆さ押さえ込みをクルリと回っての、新技イオ・デ・ジャネイロで瞬間フォールした。


美しすぎる格闘家・長野美香が風香と至高のせめぎ合いはドロー!

◇~風香祭格闘ドリームマッチ~3分2ラウンド
風香(2ラウンド・ドロー)長野美香
    

ラウンド制のルールで挑んだ両者は、隙の無いグラウンドの攻防を見せると、観客は固唾を飲んで見入ったが、打撃戦になると俄然エキサイト…長野は難解な腕固めや腕十字を見せると、風香は互角の闘いで切り返す。二人に2ラウンド6分間での勝負は短過ぎた。

キャラクター3WAYで勝ったのは真琴!小馬場、またや敗れ去る…

◇~風香祭キャラクター・バトル 3WAY~15分1本勝負
○真琴(9分26秒、三田さん固め)ジャィアント小馬場 ※もう一人はタニー・マウス
    

タニーが試合途中から小馬場に即され実況をする中、真琴がリアルなフットスタンプで小馬場の急所を打ち当てる。終始、小馬場の独特なアクションが目立ったが風香祭初出場の真琴が三田英津子ばりの回転技で勝利した。


情熱パワーで初陣のパッション・セブンが弾けまくった!

◇~風香祭マスクド・タイフーン~15分1本勝負
○パッション・セブン(14分31秒、ダイビング・パッションプレス→片エビ固め)ポリス・ウ~メン●
     

パッション・セブンはいきなりトペのフェイントを見せたり、欧州流の締め技を公開。ポリスが敬礼ポーズで幻惑させる中で、セブンは両指でセブンをアピールするポーズで応戦。肉弾戦となったが、最後はセブンがコーナー最上段からの情熱プレスで圧殺した。

 


仙女勢の猛攻に風香が大苦戦するも、最後は粘り勝ちで大会を締めた!

◇~風香祭デスティニー 風香軍vs仙女~タッグマッチ30分1本勝負
○風香&大畠美咲(15分06秒、ドールF→体固め)水波稜&DASH.チサコ●
      

 

   風香軍vs仙女と銘打たれたメインは、風香がすっかり成長した妹分の大畠を従え登場。仙女の水波&チサコは風香に対し、容赦ない攻撃を浴びせる。特にチサコの表情はふてぶてしく、水波の安定したファイトは力強い。危ないシーンが何度もあったが風香はダーク・エンジェル直伝の伸びのあるプランチャを披露。チサコに対し雪崩式ブレーン・バスター、Fクラッシュと必殺技を繋いだが、これをカットされるとドールFで決着をつけた。


来年3月28日、後楽園ホールでの引退試合を風香からアナウンス!

マイクを持った風香は引退表明後、初めてファンの皆さんに自らの言葉で報告。「たくさんのご来場有り難うございました。ご存知の方も多いと思うんですが、21日の週刊プロレスで来年春の引退を発表させてもらいました。自分の中で整理がついていないので、雑誌とか新聞でも曖昧なことばかり書いてて、理由がなんなんだとか、なんで今だとかそういう質問をたくさん頂いて。だけど理由は書いたとおり本当に先のことまで考えられない、とにかく最後まで頑張ろうってことなんですけど。時期に関しては体も小さくて強くなくて、そんなに長く出来ると思っていなかったけど、何でこの時期に辞めるというよりは、皆さんの応援のおかげでここまで続けさせていただいたって気持ちでいっぱいです。プロレスを始めた時は欲が全然無くて、目標も特に無くて、ただプロレスが楽しそうだ、好きになった最大の目標がリングに立って試合をする。それさえ出来れば満足だと思ってやってたんですけど、続けていくうちにこんなにたくさんの仲間が出来て、予想もしていなかったような大きいことをたくさんやらせていただいて。プロレス生活の中では風香祭を開催できたことが一番大きな出来事で、本当にやりたかった歌、ダンス、格闘技色の強い試合、楽しい試合、全部できて、それをたくさんの方に喜んでいただいて、風香祭という空間を築けたことがレスラー風香にとって一番の宝物だと思ってます。だから、清清しい気持ちで引退発表を迎えるはずだったのですが、その日が近づくにつれて淋しい思いがこみ上げてきて、毎日泣いてしまっていたんですけど。プロレスを始めた時に一つだけ誓っていたのは、健康な体で笑って引退することだけは決めていたので。淋しいけど、自分は決めたから最後まで笑顔で自分らしさ、ゴーイング・マイ・ウェイを貫き通したいと思います。そして引退の舞台が来年の3月28日、最後の風香祭が後楽園ホールで開催することになりました。最後の日まで山あり、山ありで凄く大変だと思いますけど、しっかり頑張りますので、皆さん最後まで応援お願いします。ありがとうございました」と声明した。

 バックステージのマスコミ・コメントでは「最後までフェードアウトしていく尻つぼみの終わりじゃなくて、最後の最後まで盛り上がって終われるように、この5カ月、勝負をかけていきたいと思います。(後楽園開催は)凄く不安は大きいけど、自分がしてきた人と違うこと、形に捕らわれない最高の最後を見せたいと思うので、それをちょっとでも期待して見たいと思ってくれる人がいなと思います。ファンの人とか周りの人に言われたのは後継者を作っていくことと言われているので、上の人ともやりたいけど、下の子たちともやって、こんな言い方をすると偉そうかもしれないけど、育てていくことにも携わっていきたいなと思います。(大会の総括は?)若手の大会で気持ちのぶつけ合いだった。一生懸命すぎて客観的にどうだったかわからないですけど。自分にとっては長野選手だったり、仙女の選手だったり、一日2試合もやったことがなかったので、良かった悪かったかわからないけど、新しい一歩を踏み出せたかなという感じはします」。

 

10/24

大会直前情報…パッション・セブンの写真を公開!

"空飛ぶ冷蔵庫仮面”の異名を持ち、10月25日の風香祭11でそのベールを脱ぐパッション・セブンの写真が公開された。炎をイメージし、額にハチ巻きを付けた覆面姿は、いかにも情熱溢れた熱さが伝わってくる。「パッション!パッション!」と叫びながらリングに登場し、軽快なトペや豪腕ラリアットを得意とするとか。その初陣が今から楽しみである。対戦相手は当日発表で、パッション・セブンに負けずにマスク・ウーマンが起用される模様だ。
    ▲右手が2、左手で5を示し足して7(セブン)がポーズ!

これが風香祭11で新発売のポートレート5種類!
     
  ▲すべてサイン入りで各1,000円で発売します。



10/23

アントキの猪木プロデュース新宿プロレスに参戦!

かつて夜の街、新宿で話題を呼んだ「新宿プロレス」が一夜復活します。今大会はお笑い芸人のアントキの猪木がプロデュースするもの。ザ・グレート・サスケ、アレクサンダー大塚、デビルマン、ディック東郷、TAKAみちのくらが出場。風香も女子の試合に参加します。エンターテイメント色が強い大会だけにどんなサプライズが巻き起こるか!

新宿プロレス「123~」
123日(木)SHINJUKU FACE 1900

 




10/22

河村建夫前官房長官を表敬訪問!

 兄が奈良市市議会議員だったため、以前から政治に対し興味を持っていた風香が縁あって、自民党の前官房長官だった河村建夫衆議院議員を表敬訪問しました。JDスター時代には新木場清掃のクリーアップ・リーダーも努めたこともある風香は、ボランティア活動にも意欲を見せて、痴漢逮捕などの経験を語った。河村議員は「国民目線でいろいろことを出来る人材を集めています。風香さんの経験してきたことを活かす道はある。人のために強い気持ちがあるということは大事なこと」とエールを贈ってくれました。


河村議員が「FOTOLIBRE」を受け取ってくれました。



10/21

ファンの皆様へ、風香からのご報告

すでに知っている方もいらっしゃると思いますが
来春引退します。
本当は風香祭で自分の口で伝えたかったのですが、大勢の前でマイクを持つと緊張して十分に伝えきれないと思い、先に発表させていただきました。
今後のことなどは改めて風香祭のリングで話させていただきたいと思いますm(__)m
最後まで感謝を忘れずに、笑顔で突っ走りたいと思います。  風香
  
 ▲週刊プロレスの表紙を飾り引退を表明                               

10/20

三田英津子引退試合NEO後楽園大会に出場!

 ラスカチョで一世を風靡した三田英津子の引退試合が行われる、111日(日)NEOの後楽園ホール大会に6人タッグで出場することになりました。風香は宮崎有妃&栗原あゆみと組み、レボルシオン・アマンドラ(木村響子&江本敦子&中川ともか)と対戦。現在、メキシコで決起しているアマンドラの3人組が帰国第1戦でどんな奇策を持ち込むのか…。

NEO STAND OUT09
111日(日)後楽園ホール 1200PM
6人タッグ 151本勝負
風香&宮崎有妃&栗原あゆみ VS木村響子&江本敦子&中川ともか

     



10/19

“美しすぎる格闘家”長野美香にインタビュー

 風香祭111025日・新木場)で実現する、風香vs長野美香の対決が話題になっている。長野選手は総合格闘技「ジュエルス」で活躍する女子格闘家だが、8月のアイスリボン後楽園ホール大会でプロレス・デビュー。この試合は32ラウンドと決まったが、試合を直前に控え“美しすぎる格闘家”長野美香を直撃した。

――今の率直な心境を聞かせてください。
長野 プロレスと聞くだけでちょっと不安ですが、けど相手が風香さんということで凄い楽しみでもあります。
――プロレス・デビュー戦を終えてから、この間はどんな練習をしていましたか?
長野 どちらかと言えば総合格闘技の練習の方が多かったんですが…プロレスの練習はあまり出来ていないので不安ですが、得意の寝技で、特に(腕ひしぎ)十字が得意なので、十字で攻めていこうと思います。
――ルールはラウンド制で長野選手に有利となりますか?
長野 いつもは52ラウンドでやっているのですが、32ラウンドって、いかにも格闘技っぽいので自分としてはやり易いです。
――プロレスラー風香に対する印象をお聞かせください。
長野 イメージは蹴りも多いし、他の選手とは何か違う…見ていて凄く女らしさというか、女性から見ても憧れる感じなので。一番、飛び抜けて可愛いと思うので。小さな体で大きい選手とは違った迫力があって、動きも凄く速くて、見ていて圧倒されます。
――“美しすぎる格闘家”と呼ばれることについては?
長野 他の人が見たらどう思うのだろうと、周りの目線が気になるんですが、けどそれに対しては嬉しいです。
――ビジュアル的にも風香は意識しますか?
長野 風香さんのことは意識します…自分で言うのはおこがましいですが、プロレスラーと格闘家で似ていると思うので、最近は特に意識しています。
――プロレスラーとしては何を目指しているのですか?
長野 あの、元々はジュエルスが主体なのですが、プロレスという似た競技にも興味があったので。今回は誘われてプロレスをやった感じですが、ちょっと自分で挑戦してみようかなという気持ちがあってやりました。やっぱり風香さんみたく、自分が主役でプロレスをやってみたい。
――具体的には?
長野 風香さんみたく、風香祭じゃないけど、自分のイベントをやれたらいいなという目標があります。
ーー有り難うございました。試合を期待しています。

     




10/18

メキシコで特写した写真集「FOTOLIBREFUKALIBRE」を発売!

 風香のメキシコ遠征を記念した写真集が完成しました。カンクンでのビキニ・ショットはこれまでにない風香の魅力が爆発!メキシコシティで開催された「LUCHA FAN FEST」での試合、有名選手との撮影。あのテリー・ファンクとのツーショットなど、貴重な写真が満載です。「久しぶりに水着での写真集ですが、世界的なリゾートであるカンクンで撮影した写真はすべて私がセレクトしました。ご期待くださいね」と風香も編集に参加している、まさにプロデュース作品だ。

両面が表紙となっています!

◇定価/2,500(税込)
◇オールカラー52P A4判
◇撮影/大川昇
1025日、風香祭11より発売

※風香の出場会場、書泉ブックマート、書泉グランデで取り扱います。
通信販売をご希望の方は2,500円+送料となります。追ってSHOPコーナーで告知します。

 


10/17

SARENAで風香祭をアピール!

 風香がファイティングTVサムライのニュース番組「SARENA」に生出演。キャスターの三田佐代子、コメンテーターの金澤克彦両名と軽快にトーク。1025日(日)新木場で開催される風香祭11の見所を語りました。仙女のDASH.チサコに対して「えげつないキックをするので、受けてみたいけど、顔にしか蹴らないと思う…」と複雑な心境を話していた。何度かリピート放送がありますので、ご覧下さい!

(追加カード)
◆~風香祭格闘ドリームマッチ~ 3分2ラウンド
風香  vs  長野美香
※ラウンド制ルールとなりました。インターバルは1分間です。
◆~風香祭キャラクター・バトル 3WAY~ 151本勝負
タニー・マウス vs 真琴 vs ジャィアント小馬場 
◆~風香祭マスクド・タイフーン~151本勝負
パッション・セブン  vs  X

 


10/16

明日のサムライTVSARENA」に出演!

 明日、放送されるファイティングTVサムライ「SARENA」に、風香祭11を来週に控えた風香がゲスト出演します。風香自身から大会の見所を語る他に、MCの三田佐代子、金澤克彦両名とのトークも必見だ。
スカイパーフェクTV 301チャンネル ファイティングTVサムライ
SARENA」(1回目放送、1017日(土)午後10時(生放送)~)。

(写真は2月に出演した際の模様)

 また本日、発売のFRIDAY(講談社)で風香が痴漢撃退劇の様子を語っています。ご覧下さい!


10/15

週プロで風香がプロレス模擬試験を敢行!

 発売中の週刊プロレス誌上で風香が「第2回プロレス知識力認定試験」の模擬試験を受けました。プロレスラーにもかかわらず、プロレス知識に疎い風香のために編集部が特別問題を出してくれました。採点のほどはいかに…?また「LUCHA FAN FEST」の模様も掲載されています。風香ファンは必読なのだ!




10/14

武藤、棚橋、丸藤、飯伏と並び、週プロ1500号記念イベントに参加!


 週刊プロレス1500号を記念してのイベントが、117日(土)午後5時~8時(4時開場)、東京・新宿にある猪木酒場新宿店で開催されます。これには武藤敬司(全日本プロレス)、棚橋弘至(新日本プロレス)、丸藤正道(NOAH)を始め、DDTが提供試合(飯伏幸太、中澤マイケル出場)、アニマル浜口らに加え女子プロレスを代表し、風香が栗原あゆみと共に参加します。 
 入場料金は8,00円で、フリードリンクと料理9品が付きます。チケットの購入はベースボール・マガジン社受注センター(0257801231)まで。申し込み期間は1020日(火)~23日(金)午前930分~午後5時。定員200名で定員に達し次第締め切りとなります。

 



10/13

風香&奈苗が西口プロレスに出場!

 西口DXプロレスに風香が高橋奈苗と組み、ハチミツ二郎&見た目が邦彦と対戦することが決まった。すでに風香は何度も相手チームと試合をしているが、奈苗選手は初めて。そこは芸人慣れしている風香がリードするのか、西口チームの反撃があるのか…?今大会には越中詩郎やザ・たっちも参戦する。

西口DXプロレス Megaton7~デラックス・ア・ゴー!ゴー!~
1027日(火)渋谷OEAST 午後730分開演
◇タッグマッチ
風香&高橋奈苗 vs 見た目が邦彦&ハチミツ二郎

         



10/12

ドロップキックのイベントは3部とも完売しました!

 10月30日に開催される「プロレスBarドロップキック」でのイベントは、3部入れ替えで行われますが早くも完売いたしましたので、ご報告します。予約していただいた方で、まだチケットを購入していない方は10月25日の風香祭で引き渡すことが出来ますので受付で申し入れてください。


10/11


風香がRINGSTARS大会でPOK&3WAYと連勝!

 RINGSTARS秋まつりに参戦した風香はまず、2年ぶりにPOK王座の防衛戦を敢行。真新しい、まだボンドの臭うハンド・メイドのチャンピオン・ベルトを腰に巻いて入場した風香は「久しぶりのPOKで以前より体重が減っている」と言っていたが、ヒップの大きさでは上回る大畠美咲の挑戦を受けて立った。POK戦は3本勝負で争われたが、風香は速攻で2本を連手。強さの違いを見せつけたのだ。
 風香のコメント「初代からベルトを持っていて、ずっと離したくない。すごく期間が空いてしまったので、その間に体重も減ってしまってどうなるかと思ったんですけど、でもまだまだやれることがわかったので、あのベルトがある限り私が持ち続けたいと思います。絶対王者として負けは考えられません!大畠は弱かったです(笑)。次は華名あたりと防衛戦を行いたいですね」。
 続くアップルみゆき、春日萌花との
3WAYマッチはスタートから噛み合わない。エルボー合戦も互いの姿勢が違うため、激しい雰囲気にはほど遠かった。特に春日とは温度差の違いがあり、グラウンドでは風香も空回りする。試合はドールFがアップルにかすり、続くハイキックで倒し風香が勝利。風香と春日はすれ違いの闘いでもあった。
 風香のコメント「なんとか勝ちましたけど、技の正確性がイマイチ良くなかったのでもっと頑張ります…すいませんでした。納得できない感じ…アップルさんは受けも攻撃も正確な方なので、アップルさんに気をつけてました。春日さんはバタバタしているので、上手いところもあるんですけど、もっと落ち着いてやってほしかった」。

RINGSTARS秋まつり
1011日(日)SHINJUKU FACE        
POKタイトルマッチ 3本勝負
<王者>風香 (2-0)<挑戦者>大畠美咲
1本目、2本目共に秒殺で風香が防衛。

RINGSTARSプレゼンツ 3WAYマッチ
〇風香(7分33秒、ハイキック体固め)アップルみゆき●   
もう一人は春日萌花





  

※10月30日のイベントは2部、3部共に定員に達しました。1部は若干名余裕があります。



10/10

POKの挑戦者は大畠美咲と決定!

 RINGSTARS新宿大会で行われるPOKタイトルマッチの挑戦者が、ジュニア二冠王の大畠美咲に決定した。この王座は2年ぶりの防衛戦となるが今回、挑戦者が難航?したため、直前の発表となったわけだ。永世王者と言われる風香の防衛成るか?新世代の星、大畠が新チャンピオンと成るのか?

RINGSTARS秋まつり
1011日(日)SHINJUKU FACE 午後12時開始
POKタイトルマッチ
(王者)風香 vs (挑戦者)大畠美咲

   

RINGSTARSプレゼンツ 3WAYマッチ301本勝負

風香 vs アップルみゆき vs 春日萌花

新発売のポートレートは初の青バージョン!
 


10/9

風香祭11の対戦カードを発表!風香vs長野美香のシングル戦が実現!

FUKA  MATSURI11~風香祭デスティニー~
1025日(日)新木場1stRING 午後1230

<決定カード>

TLW世界女子ヤングタッグ選手権試合 301本勝負
(王者チーム)       (挑戦者チーム)
紫雷姉妹(美央&イオ) vs しもうま和美&星ハム子

 
(風香のコメント)「風香祭ではタイトルマッチが初めてなので、若い世代が大会の頭でどういう熱さを付けてくれるのか凄く楽しみです!」

◆~風香祭格闘ドリームマッチ~ 
風香  vs  長野美香

 
(風香のコメント)「長野さんはレスリングで全国4位になった実績があったりとか、今も総合格闘技イベント「ジュエルス」のトーナメントで決勝に勝ちあがっている選手で,格闘技界でも有名で強い選手です。ルールはまだどうなるかわからいですけど、プロレスはギブアップがあるので、プロレスでも向こうの土俵に行ってしまうと完全に不利になってしまうので。向こうの良さを出しつつも、自分の世界に引きずり込まないと…メインも勿論ですがここで負けてしまうと大会の雰囲気が壊れるから落とせないというのはありますね。凄く強い選手というのは知っているので、しっかり練習して行きたいと思います。(ビジュアル対決の意識は?)凄く綺麗な人なので、そこを注目されるなら負けないように頑張りたい。でっかいリボンを付けるのもおかしいので、前日に顔のマッサージを入念にして、エステにも通いたいと思います(笑)!長野さんも浜崎あゆみの入場曲を使っているので、負けた方は浜崎あゆみの曲は使えないルールにしたいと思います(笑)!」

◆~風香祭キャラクター・バトル  151本勝負
タニー・マウス vs 後日発表


(風香のコメント)「いつも風香祭は闘牛・空選手に任せっきりだったんですけど、今回はタニー・マウス選手に会場をひとつにする面白い試合を任せようと思います」。

◆~風香祭マスクド・タイフーン~151本勝負
パッション・セブン  vs 未決定
※パッション・セブン・プロフィール…167cm75kgという、別名を空飛ぶ冷蔵庫仮面と名乗る大型マスクウーマン。熱く情熱あふれるファイトが売り物とか。

(風香のコメント)「私はちらっと見たんですが、体の大きい、ずっしり元気のいい選手だったので楽しみです!」。

◆~風香祭デスティニー 風香軍vs仙女~301本勝負
風香&大畠美咲  vs   水波稜&DASH・チサコ
(風香軍)         (仙台女子プロレス)

  
(風香のコメント)「この大会を通して、いつもと比べると若手が多いのでフレッシュで元気あふれる試合をしていきたいと思います。水波選手はGAEAで私の同期になるので、そこから仙女に行ってやり直しているので後輩なのか同期なのかはあるんですけど。やっぱり私は同期だと思っているし、そのつもりでバチバチやって来ると思うので、勢いでは負けたくないし、ここで仙台の人に負けて大会を締められたくないので最後は自分がキッチリ締めたいと思います。DASH選手は前回も出ていただいたのですが、渋谷の顔を蹴りまくったりとか凄くキャリアに似合わないふてぶてしさがある選手ですね。私も顔を蹴られまくられるんじゃにかと恐いんですが、顔を蹴られても蹴られても負けません!大畠は私の試合を見てプロレスを始めた選手なので、凄く可愛いし大事な後輩と思っていたら、いつの間にか凄い選手になっていて。それでも前転後転が出来なかったイメージが強かったので、メインは考えたことはなかったんですが。二冠のベルトを獲って、最近の試合を見て今だったら、一緒にメインを盛り上げていける選手だと思う」。
   本日、会見した風香プロデューサー。

 

<新発売&大会記念グッズ>
◇メキシコ遠征記念FUKALIBRE(写真集)…2,500
◇大会フォトブック…500
◇各種ポートレート…1,000
◇大会ポスター…1,000
◇メキシコ土産ミサンガ…1,500円(写真付)
LUCHA FAN FEST記念Tシャツ…2,000

<次回大会情報>
FUKA MATSURI12~風香祭イヤーエンドSP2009
1223日(水・祝)新木場1stRING 午後1230
<チケット料金>
Sシート/6,000円(最前列)、Aシート/4,000円、レディース・シート/3,000
小中学生/1,000円(当日のみ)
<プレイガイド>
チケットぴあ P815103コード(0570029999
後楽園ホール(0358009999
(発売)1025日(日)風香祭の新木場大会で先行発売。翌1026日(月)より一般発売。



10/7

ドロップキックをジャックする3部イベント開催!

~風香ドロップキック・ジャック!~
1030日(金)新宿「プロレス&スポーツBarドロップキック」
1部>19002100
2部>21302330
3部>100400
各回定員25名※お一人、複数回の参加も歓迎です。
(参加料)1回分 5,000円(飲み放題)

 DDTの経営する「プロレス&スポーツBarドロップキック」で風香が初のイベントを開催いたします。今回は3部制の入れ替えを導入、限定人数でライブ感たっぷりに風香と接することが出来ます。

アクセス)〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-4-12 ミヤタビル5F
 JR新宿駅東口 徒歩2
(発売)1011日(日)RINGSATAR新宿大会にて、先行販売します。
風香メール(kakimotofuka@yahoo.co.jp )及び風香祭WEBshop@fukamatsuri.jp )、ドロップキック(03-3209-8688)でも受け付けます。
 尚、各回共に定員になり次第締め切りとさせていただきます。

 



10/6

今週発売のスペル・ルチャスでFAN FESTを掲載!

 メキシコの専門誌スペル・ルチャスに、先週(926日)開催された「LUCHA FAN FESTⅡ」の模様が掲載されています。テリー・ファンク、ミル・マスカラス、獣神サンダー・ライガーとの4ショットは時空を越えた人気者の競演となりました。

  



10/4

渋谷と春日のバースディ大会に出場!

 渋谷シュウ&春日萌花の誕生日を祝ったバースディWAVEは、風香が春日と組み渋谷&華名と対戦。渋谷と久しぶりに闘う風香だったが、お互いに昔を思い出すような攻防を見せる。すっかりお馴染みになった華名との蹴り合いは互角。華名は春日を相手にせず、攻撃を完封する。風香&春日はダブルのブレーン・バスターを渋谷に仕掛けるが、華名がカットに入る。風香は華名を押さえ、最後は渋谷と春日が勝負を掛けた。渋谷がダイビング・セントーンを爆発させ、バースディを自ら飾ったのだ。試合後はケーキで祝福される渋谷&春日だが、定番通り顔面にケーキを投げつけられた。
 風香のコメント「お祝いモードで良かったんですけど、試合はなんかグダグダになってしまいました…渋谷は、なんか今日は元気があって、『あれやりたい!、これやりたい!』はいいんですけど、なんかそれが多過ぎて空回りしている感じだったので。もう1回、動きがどうとかじゃなくてプロレスの考え方から改めないと今、迷いに入っているところから抜け出せないと思います…」。


●WAVE
10月4日(日)新木場1stRING
◇ハッピーバースデーWAVE タッグマッチ
30分1本勝負
○渋谷シュウ&華名(16分53秒、ダイビング・セントーン→体固め)風香&春日萌花●
     


10/3

明日のWAVEでメキシコ遠征記念セットを発売!

 メキシコから帰国後、最初の試合となる明日のWAVE新木場大会で、メキシコ記念セットが発売されます。「LUCHA FAN FEST」記念Tシャツ(白、黒=サイズM/L)&イベント・ポスター&生写真の3点セットで特価3,000円となります。尚、ポートレートの発売は行われません。

   




10/2

RINGSTARS10/11のカードが変更、アップル、春日と3WAY戦!

 すでに発表済みだったRINGSTARSの新宿大会は、及川千尋選手が欠場となり、未定になっていた風香の対戦相手がアップルみゆき、春日萌花との3WAYマッチとなりました。かつては萌え系と言われた3選手ですが、時を経てどう互いが脱皮したか、またその実力がどう変わっていったか注目です。
RINGSTARS秋まつり
1011日(日)SHINJUKU FACE 午後12時開始
◇スペシャル3WAYマッチ 301本勝負
風香 vs アップルみゆき vs 春日萌花

    



9/30

ファン・フェスタでは快勝し、あのテリー・ファンクともご対面!

 パソコンが繋がらずメキシコシティの様子が更新出来ませんでしたが、風香は930日にアメリカン航空機で無事帰国しました。926日の「ルチャ・ファン・フェスト」では多くのファンが来場し、風香の物販も人気を得ていました。それは去年、メキシコに来ている実績と雑誌による宣伝で、風香の名前はだいぶ浸透してきたのです。約4時間に渡りサイン即売会を行い、試合はメインでダーク・エンジェルと組み、プリンセサ・スヘイ&闘牛・空と対戦。
 スタートはエンジェルと空が、見応えのあるルチャを展開。風香も初対戦のスヘイを相手にグランドで互角の動きを見せる。風香はスヘイにプランチャやティヘラを見せると空にはハイキックやドールFを浴びせた。風香&エンジェルが初タッグとは思えぬ連携を見せれば、スヘイ&空もアグレッシブなルーダぶりで応戦。風香と空の攻防のさなか、エンジェルがスヘイを得意のレイネーダで切って落とした。試合後は特別ゲストのテリー・ファンクが4選手の手を挙げ、闘いはノーサイド。リビング・レジェンドのテリーも暖かい眼差しで見つめていました。
 風香のコメント「多くのファンの方々に声を掛けていただき嬉しかったです。こちらの方は日本とは違い、小さな子供が多く、みんな純粋な目をしていましたね。試合は自分自身の攻撃がこれからという時に終わってしまい残念でした。レフェリーのカウントを取るタイミングが合いませんでしたね。牛さんは日本で闘う時とは違い攻撃的でした。本当にいい経験をさせていただきました」。


LUCHA FAN FESTⅡ」

926日(現地時間)メキシコシティ、シルコ・ボラドール
WOLD WOMAN FESTタッグマッチ時間無制限1本家勝負
風香&〇ダーク・エンジェル(12分2秒、レイネーラ)プリンセサ・スヘイ●&闘牛・空

     

     

     




9/24(現地時間)

カンクン製のオリジナル・ミサンガを作成!

カンクンの3日目に風香は撮影の束の間、ホテル内のジムで汗を流した。やっぱりアスリートは一日とて体を動かさずにはいられない。2時間30分のトレーニングを経て、夜の撮影に挑んだのだ。
 このカンクンではハンドメイドのミサンガを作成してもらいました。すべてが手作りのため、限られた時間の中でオーダーしたため数に限りがあるが
1025日の風香祭で販売することが緊急決定しました。風香もお気に入りの品物だけに、こうご期待!そして25(金)の午前便でメキシコシティに入ります。

  





9/23(現地時間)

撮影快調!風香も満足な出来栄え!

 カンクンでの2日目は午前中から撮影開始。水着ショットは今までのイメージを超えたかなり期待できる内容となっています。風香も集中力を出して頑張りました。帰国後、いろいろな媒体で発表したいと思います。街を歩くと子供好きな風香は、思わず路上販売する子供たちからミサンガを買ってしまいます。苦笑しながらも「これでこの子たちの食事代くらいになりますよね」と手を差し伸べちゃうのだ。

   





9/22(現地時間)

風香が元気な姿でカンクンに到着!

 2度目のメキシコ遠征のためダラス経由のアメリカン航空でカンクン入りした風香は、旅の疲れも感じさせずに元気いっぱいです。初日から撮影を敢行し、夜のカンクンの街をカメラに収めました。25日(金)にメキシコシティに入り、アレナ・メヒコ大会を観戦。26日にはシルコ・ボラドールでの「ルチャ・ファン・フェスト」に参戦します。

  



9/22

本日よりメキシコ遠征に出発します!

 風香にとって2度目のメキシコ遠征へと本日の午前便で出発いたします。まず世界屈指のリゾート地であるカンクンに到着。その後はメキシコシティに入り、26日(現地時間)に「LUCHA FAN FEST」に参加。グッズの即売会を始め試合にも出場。日本時間の30日(水)に帰国予定です。現地での様子をこのサイトで紹介したいと思います。
 


9/21

2年ぶりのPOKタイトルマッチが決定!

 10月11日、新宿で行われる「RINGSTAR秋まつり」で実に2年ぶりにPOKタイトルマッチが行われることになりました。POKとはプリンセス・オブ・ケツデカの略で、いわゆる尻相撲のことです。風香は初代王者にして無敵の快進撃をしましたが、この2年間は王座が封印されていました。挑戦者は未定ですが、あの尻殺法でお馴染みの選手も候補になっているとか。


●RING STARS秋まつり
10月11日(日)SHINJUKU FACE 12:00

POKタイトルマッチ時間無制限1本勝負
風香 VS (後日発表)
 懐かしいPOKのベルトを持った写真。




9/20

疑惑の裁定?風香組がアマンドラに敗れる!

 意外にもアマンドラと初の一騎打ちに挑んだ風香だが、いきなり大乱闘の幕開け。風香はアマンドらのチェーン攻撃に苦しんだが、キックの連発で反撃。真琴と宮崎がムーンサルト・プレスの競演を展開。真琴が中川をフォールすると、レフェリーがスリー・カウントを数えたように見え、リングアナは真琴の勝ちをアナウンス。だがレフェリーはこれを訂正し、試合が再開。ここからは真琴がアマンドラに捕まった。真琴が逆さ押さえ込みで中川からカウント・スリーを奪おうとするが、最後は中川がCRBでギブアップ勝ち。アマンドラはレフェリーを突き飛ばし、憂さを晴らした。コメント 宮崎「あれはカウント・スリーが入ったんじゃないんですか? 15分1本勝負で真琴が勝ったら凄いと思っていたら、カウント・スリーが入って見えて…」、真琴「自分も(カウント)スリーが入ったと思って…」、風香「私は一部始終を見ていてしまって、カウント・ツーの時に木村さんがレフェリーの足を引っ張って、レフェリーが倒れてバンと叩いたのが三つ目だった。でもここまで追い込んだのだから次は勝てると思います」。
●NEO BEAT UP 09
9月20日(日)東京・後楽園ホール 
◇6人タッグ 15分1本勝負
木村響子&江本敦子&○中川ともか
(12分8秒、CRB)宮崎有妃&風香&真琴● 
  



9/19

NEO後楽園大会で新発売されるポートレート!

 明日のNEO後楽園ホールで新発売されるポートレートは限定枚数ですのでお早めにお買い求め下さい。1枚1,000円となります。



9/18

奈良市観光特別大使の風香がせんとくんと初対面!

 風香が奈良の名物キャラクターせんとくんと初対面しました。8月3日から奈良市の観光特別大使に任命された風香だが、奈良まほろば館での人気者との顔合わせは格別だった。来年は奈良の平城遷都1300年祭が待ち受けているだけに、風香はせんとくんともスクラムを組み盛り上げていく。風香のコメント「TVで見ていたので凄く可愛いです。平城遷都1300年祭までもう少しなので、堂本剛さんと、身近な
アイドルのせんとくんとで盛り上げていきたいと思います!」。
     



9/17

渋谷のバースディ記念に風香が春日とタッグを組みWAVE参戦!

 渋谷シュウのバースディを記念したWAVEの大会に風香が出場し、春日萌花とタッグを結成。対するは渋谷シュウ&華名の同世代チームだ。4選手とも同じようなキャリアの持ち主だが、それぞれが違う道を歩んでおり個性のぶつかり合いとなる。風香にとって盟友の渋谷の記念マッチだけにいっそう気合が入るというものだ。

●WAVE
10月4日(日)新木場1stRING 18:00
◇ハッピーバースデーWAVE タッグマッチ
30分1本勝負
風香&春日萌花   vs  渋谷シュウ&華名
     



9/16

風香が及川と2度目のシングル対決をRING STARSで!

 「RING STARS秋まつり」で、風香が及川千尋と2度目のシングル対決を行うことになりました。昨年6月のWAVE「ヤング・オーオー」でデビュー間もない及川と闘った風香ですが、その後の及川は「女王バチ」の中心選手として大きく台頭。総合格闘技戦にも挑むなど成長がめざましい選手となりました。その打撃戦に注目です。
●RING STARS秋まつり
10月11日(日)SHINJUKU FACE 12:00

◇RINGSTARSプレゼンツ・シングルマッチ30分1本勝負
風香 VS 及川千尋
※昨年6月28日、WAVEでの「レディースリングプレゼンツマッチ」に続き、今回も同カードを行ないます。
  




9/13

RING STARS大会に参戦が決定!

 女子プロレス専門誌「RING SATRS」が主催する10月11日、SHINJUKU FACE大会に風香の参戦が決まりました。風香の対戦カード等は未定ですが、日向あずみ引退ロード特別試合として日向あずみvs栗原あゆみ戦が発表されました。
 


9/11

宮崎&真琴との異色トリオでNEOの後楽園大会に緊急参戦!

 NEOの後楽園ホール大会で宮崎有妃&真琴とトリオを組み、レボルシオン・アマンドラ(木村響子&江本敦子&中川ともかと対戦します。風香とアマンドラの対戦は意外にも初めて。ラフ攻撃にけして強い方ではないだけに、どんな闘い方を見せるのか。または新たな境地を開くのか…ある意味で注目のカードです。

NEO BEAT UP 09
9月20日(日)後楽園ホール 午後12時
◇6人タッグマッチ 
風香&宮崎有妃&真琴  vs  レボルシオン・アマンドラ(木村響子&江本敦子&中川ともか)
 


9/10

メキシコ遠征でダーク・エンジェルとのタッグが実現、あのテリー・ファンクとも顔合わせ!?

 <風香のメキシコ遠征詳報>
 922日から29日までメキシコ遠征する風香の試合カードが決定しました。
風香はダーク・エンジェルと初タッグを結成し、プリンセサ・スヘイ&闘牛・空と対戦します。スヘイは1999年にアルシオンに来日し、現在はCMLLでダーク・エンジェル最大のライバルとして活躍。その鍛え込まれた肉体は最も脂の乗っているルーダである。また現地で風香は追加試合の可能性もあります。

LUCHA FAN FEST ~DREAM MATCH FEST~
926日(土=現地時間)メキシコシティ、シルコ・ボラドール 午後6
◆WOMEN WORLD FEST
風香&ダーク・エンジェル vs プリンセサ・スヘイ&闘牛・空

 午後12時より同所でルチャドールによるグッズ即売会が行われます。ここには何とアメリカからテリー・ファンクも来場。主な出席者はミル・マスカラス、カネック、ドス・カラス、アトランティス、ブルー・ディモンJR、ビジャノ3号、リスマルク、シコデリコ、ティニエブラス、カト・クン・リー、スペル・アストロ、アルコン、ウルトラマンら多数。内藤&裕次郎、HIROKAの日本人選手も来場します。

 
 ▲大会ポスター、上段左からアトランティス、ブルー・ディモンJR、風香、ミル・マスカラス、カネック、テリー・ファンク、ダーク・エンジェル、ドス・カラス、リスマルクらエストレージャが勢揃い。

 

9/9

当サイトでDVD購入者に非売品のウチワを進呈!

 風香祭オフィシャル・サイトのSHOP通信販売でDVDをお買い上げの方にもれなく、非売品のウチワを進呈します。対象商品は「風香祭DVD2」、「風香祭DVD3」、「風香祭DVD4」、「風香祭DVD5」、「風香THE BEST」の5種類となります。尚、サービス期間は9月20日(日)必着となります。DVDのジャケットにはすべて風香のサインが入っています。
 




9/7

リアルスポーツ裏一面で風香の密着24時を特集!

 本日発売の夕刊紙「リアルスポーツ」において、裏一面を使い”風香密着24時”という企画が掲載されています。これは先日、柏木記者&山内カメラマンの同行取材が13枚の写真を使って構成されました。風香ファンは是非、一読ください。
 




9/6

亜沙美の復帰宣言後、風香がタッグながらGAMIに連勝!

 
風香が山縣優との異色タッグを組み、GAMI&木村響子と対戦したBeginning新木場大会。前半戦でJDスター時代の同期だった亜沙美が「現役復帰」を宣言。キックルールのエキシビジョンマッチながら、ノーガードの乱打戦に「モニターで見てたら面白いので、見に行ってしまった」(風香)。メインで組まれたタッグマッチは最後に風香が入場すると、先にリングに入った3選手が場外に降り観客席に座る始末。例によってGAMIが風香とのコンタクトを迫るが山縣が巧みに牽制する。山縣は木村とのエルボー合戦から始まり、風香とは合体も見せた。執拗に風香との対戦に燃えるGAMIは、あえてキックを真正面から受け切り、メガホンも風香には当てるだけで、山縣には思いっきり叩く。風香と木村がバチバチした攻防を見せたが最後は山縣のトラースキックを喰ったGAMIが風香が最近使い始めたのマックでフォール負け。GAMIは足がロープに着いたとアピールするが、山縣がこれを一蹴。勝ち名乗りを上げたのだ。
 
風香のコメント「木村さんは恐いけど、なんかやりやすい。GAMIさんはいつも、私に攻撃を全然しなかったですけど今日は結構、攻撃してきたのでちょっとずつ余裕を消せていけているのかと手応えを感じていて、でもまさか勝てるとは思わなかったので、取った瞬間に自分で「ウォ~!」と思いました。(山縣とのタッグは?)似ているようで、全然違うファイト・スタイルなんですが…今後、組ませていただける機会があったら、もっと連携とか考えてやりたい。見た目が真逆なので面白いと思います」。
Beginning
96日(日)新木場1stRING 
タッグマッチ601本勝負 

〇風香&山縣優(1400秒、マック)GAMI●&木村響子

      

    




9/
5

風香が鬼神道で真琴の善戦を制し貫禄勝ち!

 風香がミスター雁の助プロデュースによる「鬼神道」で真琴とシングル初対決。アイス×60シングル王者としてチャンピオン・ベルトを巻いて登場した真琴は、かつてのようなひ弱さはなく見違える成長ぶり。序盤は互いに関節の取り合いをし、風香に負けじと真琴もヒール・ホールドで応戦。真琴は風香の放つキック攻撃に耐え、ムーンサルト・プレスを炸裂するがこれは自爆。風香はフィッシャーマンズ・スープレックスこそ返されたが、最後はFクラッシュを決め勝利した。
 風香コメント「今日は絶対に落としたら駄目な試合なので、いっぱい蹴って勝ちました。前やった時と比べると、凄くしっかりしていて意地を出してきたので要所要所で圧倒されてしまいました。何か50キロと言っていたんですけど、プレスをされた時に、もっと重く感じて腰にずっしりきたので。ムーンサルトとかされたら、ヤバイと思って必死で避けました。私は蹴りで活路を見出してきたんですけど、真琴さんは運動神経がいいのでそのマット運動系の動きから昇ってきているので、ジャンルは違いますがこれからアイスリボンだけでなく、ベルトに絡める選手になってほしい」。真琴のコメント「対戦したら凄くちっちゃいと思いました。自分が背が伸びているかもしれませんが…蹴りが溝落ちに入って痛かったです。
可愛さでも勝てるように頑張ります!」。
鬼神道

9月5日(土)新木場1stRING
◇ヒロインプレミアムマッチ 30分1本勝負
風香(10分12秒、Fクラッシュ→片エビ固め)真琴
    

  

 



9/4

週末の新木場連戦で発売される新ポートレート4種!

 9月5日(土)の鬼神道、9月6日(日)のBeginningで発売される新しいポートレートは次の通りです。風香&亜沙美のダブル・サイン入りは2種類。風香、Beginningとそれぞれのグッズ売店で販売され、これは各1枚1,500円となります。
  ◆9月5日(土)の鬼神道で発売。

     ◆こちらはBeginningにて。



9/2

リアルスポーツで風香の一日密着取材!

 9月1日から名称を変えリニューアル・スタートを切った夕刊紙リアルスポーツ(旧内外タイムス)が、風香の一日密着を行いました。某湾岸エリアでの秘密特訓を始め、シーザージムでキッズを指導しているところなどetc…詳しくは来週発売(何曜日か未定)の紙面をご覧ください。けっこう大きく掲載してもらえる予定です。
   

8/30

風香無念…ハイスピード王座奪取成らず!

 風香が夏樹☆たいようの保持するNEO認定ハイスピード王座に挑戦した大阪でのビッグマッチ。スタートから素早いフロント・ヘッドロックの取り合い、そしてグラウンドでの攻防を見せる両者。夏樹は自らの土俵に風香を誘い縦横矛盾に動きまくる。風香も何度目かの619を成功させるとフィッシャーマンズ・スープレックス、得意のキックをヒットさせる。風香は雪崩式ブレーン・バスターを決めると、ドールFで勝負に出るが、夏樹は雪崩式のたいようちゃん☆ボムを炸裂させる。さらに夏樹は瞬時のモモ☆ラッチを決め、タイトル2度目の防衛に成功した。
 風香のコメント「大阪で負けて凄く悔しいです。ハイスピードというのが難しい、凄くしんどい…これで3勝2敗1引き分けで、当初思っていた戦績よりも、自分がずっと勝ち越していたことを最近知って、追い上げられても、自分としては絶対に勝つといったおごりは無かったので、凄く悔しいけど、追いつかなければならない相手です」。
NEO STRONG HOLD IN JAPAN
8月29日(土)大阪府立体育会館第2競技場
◇NEO認定ハイスピード選手権試合 30分1本勝負
<王者>夏樹☆たいよう(11分1秒、モモ☆ラッチ)風香<挑戦者>
※夏樹、2度目の防衛。
    

    



8/28

風香が山縣と初タッグ、Beginningカード決定!

 Beginning実行委員会から9月6日、新木場大会のカードが発表されました。「24時間プロレスCRAZY WAVE'09ビギニング~」として開催され、風香は山縣優と初タッグを結成。GAMI&木村響子と対戦する。

Beginning「24時間プロレスCRAZY WAVE'09ビギニング~」

9月6日(日)新木場1stRING 午後12時
◇タッグマッチ
風香&山縣優 vs GAMI&木村響子
      


8/27

大阪大会で風香グッズをごっそり販売!
 
8月29日ののNEO大阪大会では、風香グッズの販売を行いますが、東京でしか発売していないバックナンバーも持参します。ざっとフォトブック(6~8号)、ポートレート、各種DVD、タオル、最新ポスターなどです。尚、総額10000円以上お買い求めの方に非売品の団扇を進呈します。また、大阪地区のファンの方で購入希望の商品があれば事前にメールでリクエストしてください。取り置きしますので、当日会場でお名前を言ってください。shop@fukamatsuri.jp
 これが最新ポートレートだ!




8/26

売店で奈良観光大使の名刺をゲットしよう!

 8月23日のアイスリボン後楽園大会でのグッズ販売において、グッズ購入者にもれなく風香自身の手から、奈良市観光特別大使の名刺を配りました。これはレア物だが、風香は常々この名刺を携帯。いろいろな人たちに奈良の街を知ってもらおうとPRしているのだ。8月29日のNEO大阪大会でも、名刺のストックがあればグッズ販売売店で配られる可能性があります。
 


8/23

風香が長野美香&志田光を従えアイスリボン勝利!

 プロレス・デビュー戦の長野美香は、総合用のコスチュームで登場。格闘美女チームと、雑草チームに分かれた6人タッグだったが、風香は珍しく相手の技を受けまくり、長野と志田をフォロー。長野はヒザ十字固め、胴締めスリーパー、瞬時の飛びつき腕十字を見せたが、あまり出番がなかった。試合はしもうまが風香と長野のキックを喰らうと、志田がダブルアームの体勢から丸め込みフォールを奪った。
 試合後のコメント 風香「(長野は)デビュー戦だったんですけど、自分の持ち味を出してグラウンドに持っていったり、デビュー戦とは思えないくらい落ち着いてる感じだったので、心強かったです」。

アイスリボン~不思議の国のアイス~
8月23日、後楽園ホール
◇格闘美女チームvs雑草ガールズ  15分1本勝負
風香&○志田光&長野美香(10分43秒、エビ固め)しもうま和美●&星ハム子&赤城はるな
 


8/22

アイスリボン後楽園大会で発売されるポートレート!

 明日のアイスリボン後楽園ホール大会で発売される、最新ポートレートは次の2種類です。夏らしい風香の写真はここだけのもの。各限定で1枚1,000円で販売されます。ご購入はお早めに!
   
 


8/20

今日は風香の誕生日!夏の新コスチュームを紹介!

 8月20日は風香のバースディ!遅ればせながら、この夏から使用している新コスチュームを紹介します。
   
 ①ブルーのチュンリーばりのコスは、風香祭10から着用。ゲームキャラばりのデザインで、腰にはサポートする「キムカツ、ゲンカツ」のロゴが入っている。②ホワイト地にオレンジのラインは8・8NEO板橋大会から登場。爽やかで可愛らしいイメージだ。


8/19

ギャラリーに風香祭10の名場面を追加!

 風香祭10の名ショット16点をギャラリーに追加しました。試合場面だけでなく、ポーズ写真も小マメに撮っているので、オフィシャルの柳原カメラマンの力作をとくとご覧下さい。


8/17

風香祭11のポスターが完成!

 10月25日(日)新木場1stRINGで開催する風香祭11のポスターが完成しました。風香自らアイデアを出し、撮影からデザインまで監修。8・23アイスリボンの後楽園から会場販売します。1枚1,000円ですので、是非お買い求め下さい。
 


8/13

夏樹vs風香のハイスピード選手権は大阪で決定!

 8・8板橋大会で夏樹が風香との対戦をアピールし、風香も受諾していたNEO認定ハイスピード選手権が8月29日、大阪大会に決定した。両選手はこれまでシングルマッチで4戦し、風香が3勝1敗1分と勝ち越ししている。この大阪では一昨年10月に、EWA世界王座を奪取したゲンのいい会場だけに風香の王座戴冠が期待できる。

NEO STRONG HOLD IN JAPAN
8月29日(土)大阪府立体育会館第2競技場
◇NEO認定ハイスピード選手権試合
(王者)夏樹☆たいよう vs (挑戦者)風香
   


8/11

Beginning参戦で亜沙美とポスター撮影!

 ジーンズ・メーカーのLeeがバックアップするイベント「Beginning」次回大会が、9月6日(日)午後12時より、新木場1stRINGで開催されるが、風香は初回以来、連続出場をしている。今日は亜沙美と共に大会のポスター撮影がありました。風香と亜沙美はアストレス4期生で、JDスター時代の同期。久しぶりに対面した両者だが、亜沙美は何らかの形で出場するらしく、今回の共演になったのだ。やっぱりビジュアル的に二人はしっくりいくから、写真もバッチリ決まっていた。これらの写真はポスターや会場で配布されるパンフレットに使用される。このアイテムだけでも、マニアなら十二分に価値あるのだ。
   


8/8


夏樹の対戦要求に風香が受諾、ハイスピード王座挑戦決定!

 
風香がNEOタッグ王者の井上京子&松本浩代と組んで、パッション・レッドと対戦。スタートから風香と華名が蹴り合いを見せれば、パッションのトリプル・ドロップキックに吹っ飛んだ。重量感溢れるメインの闘いの中で、風香は小刻みにキックを放った。試合は京子が華名をナイアガラ・ドライバーで仕留めたが、その後はそれぞれがマイクアピール。夏樹が風香に対し「風香!今日、久しぶりに当たったけど、意外と早いじゃないかよ(場内拍手)風香とは節目とか大事な時に試合をすることが多くて、そのおかげで今の自分があると思っているし、今自分がハイスピードのベルトを巻いているので、今のウチラの力を確かめたいというのもあるし。女子プロレスの”スピード”を賭けてこのベルトに挑戦してこないか!?」。すると風香は「私は今まで、ベルトとかあまり興味が無かったけど、夏樹との勝負は純粋にやりたいし、そのベルトを賭けるなら全力で取りにいきたい!(大拍手)挑戦させてください!」。これには場内が拍手に包まれた。夏樹の持つハイスピード王座への挑戦は近日中に発表される。
NEO サマーナイト・ファイヤー09
8月8日(土)板橋グリーンホール 
◇6人タッグ 30分1本勝負
風香&○井上京子&松本浩代(19分58秒、ナイアガラドライバー→エビ固め)高橋奈苗&夏樹☆たいよう&華名

   


8/6

風香が京子&松本のNEOタッグ王者と組み、パッション・レッドと激突!

 2日後に迫ったNEO板橋大会のカードが決まりました。風香は現NEO認定タッグ王者チームの井上京子&松本浩代と組み、パッション・レッドと対戦します。風香にとって、パッションの3人はいずれも好試合が期待できる相手だけに激しい闘いとなるのは必至だ。

NEO サマーナイト・ファイヤー09
8月8日(土)板橋グリーンホール 午後6時開始
◇6人タッグ 30分1本勝負
風香&井上京子&松本浩代  vs  高橋奈苗&夏樹☆たいよう&華名
  


8/4

風香が週プロ・モバイルでブログを開始!

 
週刊プロレスmobileの「週プログ」で8月3日より、風香の連載が始まりました。「チョコレート」というタイトルで、ここではいろいろなプロレスラーのことを綴っていきます。まず第1回目として、お馴染みの渋谷シュウが登場。風香はこれでヴィーナス★アスリート、ニッカン★バトル、GAORAプロ格KING、奈良新聞に続くコラムの連載となった。


8/3

快挙!風香が奈良市の特別観光大使に!

 
本日、風香が奈良市の観光特別大使に委嘱されました。これは奈良市出身で、人気アイドルグループ「KinKiKids」の堂本剛さんに続くものだ。来年開催される平城遷都1300年祭をはじめ、奈良の文化や歴史をPRするのがそのお役目。仲川げん奈良市長から委嘱状を受け取り、今後は奈良市の発展に尽力する。
風香のコメント「大好きな奈良をアピールできる特別観光大使になれてすごく嬉しいです!
堂本剛さんと一緒に奈良の良さを日本中の方に知っていただけるように頑張ります!
みなさーん、奈良はとても良いところです☆ぜひ一度遊びに来て下さいね」。

   


海外進出はメキシコ!9月に2度目の遠征が決定!


 風香祭10のエンディングで発表したが、風香の海外進出として9月のメキシコ遠征が決まった。今回は9月26日(現地時間)に開催される「LUCHA FAN FESTⅡ」(会場シルコ・ボラドール)に特別出場するのだ。昨年、好評だったこのイベントはミル・マスカラスを始め、ドス・カラス、カネック、アトランティス、ブルー・ディモンJrらトップどころが参加。大規模なグッズ・フェアの中で特別試合が予定されている。ここでは風香&ダーク・エンジェルとアイドル・タッグの結成が噂されるが、カードの発表は後日となる。
 風香のコメント「日本の女子プロレスを見せていきたいです。メキシコなのでルチャにも対応したいし、キックはブーイングを浴びるけど、自分の持ち味を生かし蹴りまくりたいです。」
   ▲ポスター2段目、右から2番目が風香。


8/2

踊りあり、歌あり、乱入あり…記念すべき10回大会は風香が締めたぞ!

FUKA  MATSURI10~風香の夏物語
2日(日)新木場1stRING <観衆320人=満員> 
  
 オープニングはエヴァンゲりオンで登場!

◆風香祭オープニング・テクニカルファイト 15分1本勝負
○渋谷シュウ(9分00秒、回転横十字固め)DASH・チサコ●
     
 チサコが大健闘、渋谷がキャリアの差を見せつけた!  
 仙女から初出場したチサコは堂々としたファイトで、渋谷と互角に渡り合った。その鋭いドロップキックに渋谷も吹っ飛んだが、そこはキャリアで勝る渋谷がいつになく落ち着いたファイトで、くるりと丸め込んだ。

◆暴走&カリビアン・ビッグタイフーン 3WAYマッチ 15分1本勝負
○堀田祐美子(7分35秒、チェーンの殴打→体固め)勇気彩●
※もう一人はカリビアンKIM
   
 堀田がKIMのお株を奪う暴走、そして脱線…異色の3WAYをチェーンで勝ち取る!
 
堀田とKIMがゴング前から怪しい雰囲気となったが、そこは試合巧者のKIMが頭脳プレーで勇気をコントロール。何度も同士討ちを誘い、そのたびに堀田の怒りを買う始末。最後はチェーンで堀田が勇気を一撃しフォールを奪ったが、KIMの大事なヘアを被って見せた。

~風香祭パフォーマンス~
     
 
風香&RICAのコンビに、市井舞&シーザー女学院が乱入!ダンシング!
 「恋のバカンス」を歌って、踊った風香&RICAだが、ここに場内から市井舞が乱入。何と私服の下には、コスチュームを着込んでいたが…すると、なにやらシーザー女学院を名乗る4人組もリングに入り「恋のダンステリア」を踊りまくったのだ。

◆風香祭バトル・ファインプレー 15分1本勝負
○さくらえみ(10分35秒、二階からのにゃんにゃんプレス→片エビ固め)闘牛・空●
   
 
牛・人気が大爆発!好プレー・珍プレーが続出したセミファイナル
 とにかく牛の人気が凄まじい。これにはさくらも苦い顔をしたが、巧みなインサイドワークの競演を展開。時にはかろやかに、そして熱いファイトを見せたのだ。試合はさくらがムーンサルト・プレスから、にゃんにゃんプレスを炸裂させた。

◆風香祭サマー・パッション 30分1本勝負
○風香&華名(18分40秒、Fクラッシュ→エビ固め)高橋奈苗&牧場みのり●
      
  
 
蹴り合い、張り合い、スリリングな激闘は風香が勝ち名乗り! 
 
 青いチュンリーばりのニュー・コスチュームで登場した風香は、華名とのタッグで気合十分。華名と奈苗が激しすぎる乱打戦を披露すると、風香は初対戦の牧場とじっくり攻防。風香&華名はキックの連携を幾つか見せたが、奈苗の強烈な当たりを正面から受けて耐えた。目まぐるしい攻守の入れ替わりの中、奈苗のラリアットが風香にヒット。牧場はその隙にジャックナイフで固めた。これは華名がアシストすると、風香はドールFを放った。これは奈苗にカットされるが、Fクラッシュで持ち上げ、落下させ勝利を奪ったのだ。試合後、プラチナム・プロダクション所属とメキシコ遠征を報告大会を締めくくった。
 
風香コメント「今回は最初からハメを外してああやって、お遊びを入れたのでグダグダだったんですけど、想像の範囲内で自分的には楽しく頑張れました。でも試合の方は下の選手とやるときに引っ張る力が無かったのが反省点なので、そういうのを勉強していきたい。(華名とは?)気持ちが前に出ているので、今日は負けてしまった感じです。(奈苗とは?)今日やった中で、寝技に勝機があるんじゃないかな。求められていないことかもしれないけど、サブミッションで挑んでいきたい。



6/27

風香が小松隆志監督と1時間30分のトークショーで熱弁

 シネマバー・ザ・グリソムギャングで映画「ワイルド・フラワー」が上映後、風香と小松隆志監督がトークショーを行いました。風香と小松監督は、約5年ぶりに対面。当時は新人だった風香が、すっかり逞しく成長し小松監督を驚かせたが…話は映画だけでなく、プロレス全般や裏話にまで及んだ。プロレス・ファンの小松監督は、「ワイルド・フラワー」の続編を熱望。すっかり盛り上がったトークはあっという間に1時間半が経過したのだ。
  




6/23

抽選会の結果、田村&風香は1回戦で勇気&野崎と対戦!

 75()、後楽園ホールで開催する「ミッドサマー・タッグトーナメント8」の公開抽選会がシネマート六本木において行われました。風香は所要のため不在でしたが、抽選の結果、田村欣子&風香は1回戦で勇気彩&野崎渚との対戦が決まりました。尚、1回戦終了後に、準決勝のカードが抽選の末、決まりす。

NEO SUMMER STAMPEDE09
75日(日)後楽園ホール 午後12時開始
◇ミッドサマー・タッグトーナメント 1回戦 151本勝負
田村欣子&風香      vs    勇気彩&野崎渚
井上京子&松本浩代    vs    華名&栗原あゆみ
高橋奈苗&さくらえみ   vs    夏樹☆たいよう&Ray
タニー・マウス&宮崎有妃 vs    木村響子&江本敦子

VS



6/22

鬼神道であの真琴とシングル初対戦!

 ミスター雁の助がプロデュースするイベント「鬼神道」に、風香が初参戦し、真琴とシングルで初めて対戦することになりました。最近の真琴は、試合スタイルが変わり風香も侮れません。どんな闘いになるのか、想像を超えた空間に注目です。

鬼神道 Returns~ミスター雁之助プロデュース興行~
9月5日(土)新木場1stRING  午後7時開始
◇シングルマッチ 30分1本勝負
風香  vs  真琴
 



6/21

ワイルド・フラワーズの小松隆志監督とトークショー!

 女子プロレスを材題にした映画「ワイルド・フラワーズ」の上映&トークショーが、6月27日(土)川崎市麻生区にあるシネマバー・ザ・グリソムギャング行われます。この映画は風香が新人時代に、少しだけ出演した作品。今回は小松隆志監督とのトークが見ものだ。
6月27日(土)午前11時30分開演 トークショーゲスト  風香
特製ポートレート付 4,500円 ※残り若干名
シネマバー・ザ・グリソムギャング
神奈川県川崎市麻生区高石3-26-6 箕輪ビル1F   TEL 044-966-3479
小田急線・よみうりランド駅前より、徒歩7分。


6/20

WAVE参戦で風香がGAMIにフォール勝ち!

 WAVEマットに、4カ月ぶりに出場した風香が闘牛・空と組み、GAMI&春日萌花のWAVE軍と対戦した。究極のコミカルアイドルと謳われたメインは、風香と春日でスタート。風香は鋭いキックを見舞い、春日との実力差を誇示する。風香との絡みを希望するGAMIだが、そこには空が立ちはだかる。序盤、空が春日を鉄柱で股裂きをすると、GAMIも風香を同じ体勢で困らせる。しかし、風香に対して甘い攻撃をするGAMIだったが、春日のドロップキックを背後から受けると、その勢いで風香にラリアットを放つ。GAMIはケンタッキー・ボムを狙うが、風香が一瞬のマックで電撃フォールした。

 風香のコメント「今日は堀田さんの試合に続き、大金星を上げられた事が嬉しかったです。試合はコミカルだったんですが、新しいフィニッシュ技で勝てたのが収穫でした。前回も今回も、すごく楽しい試合を組んでいただいて、なんか私はこういう試合をするのが苦手だったので、自分は真面目にやるだけで、コミカルなワールドに引き込まれたので、楽しめました」。

WAVE ~Saturday Night WAVE
6月20日(土)新木場1stRING
◇究極のコミカルアイドルWAVE 30分1本勝負
○風香&闘牛・空(1815秒、マック)GAMI●&春日萌花




6/17

流星仮面FIESTAに向かって、FUKA姉妹が公開練習で連携プレーを公開!

 「流星仮面FIESTA」に参戦する風香の化身、FUKAエンジェルが妹分のFUKAキッドを従え公開練習を行った。仮面天使とも言えるホワイト・カラーの覆面をまとったエンジェルは、幾つもの連携技を次々に披露。
 ①「FUKAショック」…相手をロープに振り、ダブル・ミドルキックから二人でのカカト落とし。 ②「POKスペシャル」…キッドが相手を尻相撲のようにお尻でアタック、ロープにもたれたところをエンジェルが619を放つ。後退した相手のバックを持ち1回転するPOK固め(後方回転エビ固め)。  ③「外道ジャック」…エンジェルが外道クラッチを掛けると、間髪入れずキッドがジャックナイフでフォール。ルチャリブレ・ルールが適応されれば有効だ。 ④「ジャベ・デ・FUKA」…相手の腕を片方ずつ持って、前方に交互に1回転。両腕が絡み合ったところを固め。    今回は4つの連携をみせたが、試合までにはさらに増やすという。
   
   
 ▲①FUKAショック   ▲②POKスペシャル   ▲③外道ジャック     ▲④ジャベ・デ・FUKA
 

 
(コメント)

FUKAエンジェル「自分たちの得意技を活かせるように、バランス良く考えてきました。姉妹なので、コンビネーションとチームワークは抜群だと思います。マスク被るのは初めてで、あんまり似合わないと言われますが、でもマスクを被ったら、違う人格になって弾けられると思います。AYUMI選手はデビューしたばかりで、条件は自分と変わらないと思いますが、Leon選手はずっとマスクをされていて、凄くキャリアのある方なので気を付けていこうと思います」。
FUKAキッド「あまり当たったことのない選手ですが、姉妹タッグで頑張るぞ~!」。


6/16

新マスクウーマン、FUKAエンジェルが登場!FUKAキッドと姉妹タッグで出陣!

 風香がマスクウーマンに変身する大会、「流星仮面FIESTA」の対戦カードが決定した。その名もFUKAエンジェルとして、FUKAキッドと初タッグを結成。Å☆YU☆MI(栗原あゆみ)&闘獣牙Leonのコンビと対戦する。FUKAエンジェルのマスクは、白地をベースに額には”風”の文字が入り、首横にはレースが付いている。これを機会にFUKAキッドのマスクもモデルチェンジ。この姉妹チームに注目だ。

覆面MANIAプレゼンツ
流星仮面FIESTA~マスクド・スーパースター降臨!~
200974日(土)新木場1stRING
1730開場/1800開始

<第1試合>
~覆面MANIAプレゼンツ バトル1~
◇タッグマッチ 151本勝負
怨霊&菊タロー vs 藤田峰雄にゃんこキッド With バンクーバー・キャット
 <第2試合>
~女子プロレス 仮面女神見参~
タッグマッチ 151本勝負
FUKAエンジェル&FUKAキッド vs 闘獣牙Leon&A☆YU☆MI
 <第3試合>
~覆面MANIAプレゼンツ バトル2~
タッグマッチ 301本勝負
はやて&こまち vs ウルトラトゥンバ・デ・ムエルテ1号&2号
 <第4試合>
~流星仮面FIESTAクライマックス~
タッグマッチ 601本勝負
マスクド・スーパースター&スーパー・ストロング・マシン vs タイガーマスク&ミステル・カカオ
大会終了後、マスクド・スーパースターがキャラクター・グッズの即売会を行います。売り上げは更正施設に寄付するチャリーティーとなります。

     

 


6/15

本日発売の内外タイムスに風香のインタビューが掲載!

 再生した夕刊紙、本日発売の内外タイムスで風香のインタビューが大きく取り上げられています。同紙は最近、社葬を行いアントニオ猪木によって、生まれ変わったばかり。2面の大半が風香で構成されて、インタビューも各界のぶった斬りで、面白い話が満載です。
  


6/13

風香がタムラ様と組んで真夏のタッグトーナメントに出場決定!

 風香が野崎とシングル初対戦。まずは、ロックアップで野崎をロープ際まで追い詰めブレーク。風香はミドル・キックやサッカーボール・キックで攻めるが、野崎はこれを耐える。すると、野崎は長い両足を利用し、ドロップキックや鎌固めで反撃。風香は腕ひしぎ十字でギブアップを狙うが…野崎のダブルアーム・スープレックス、ミサイルキックの攻撃に、あわやフォールを取られそうな場面もあったが、風香はトラース・キックからFクラッシュできっちり押さ込んだ。
 風香のコメント「最近は上に挑戦とか、自分のチャレンジ的な試合が多かったんですけど、今日はそれと逆で絶対に負けられない試合だったので、無事勝ててホッとしました。いつもの野崎さんを見ていて、あんなに勝ちに徹してくるとは思わなかったので、ちょっとヒヤッとしちゃいました」。
 
 メイン終了後は75日、後楽園ホールで開催される「ミッドサマー・タッグトーナメント」のチーム編成が続々と決定。夏樹☆たいようはRayを指名すると、華名は栗原あゆみを指名。栗原とのコンビで出場を考えていた田村は、さくらえみとのタッグをぶち上げた。すると、これに対し高橋奈苗が横取り。高橋奈苗&さくらえみのチームが決定した。田村はめげずに勇気彩か、野崎渚にチームを委ねると、二人は同期で組むと宣言。誰も組む相手がいなくなった田村だが、会場で風香を発見すると一方的にパートナーに決めてしまったのだ。最初は戸惑っていた風香だが、これに応じてチームを組んでの出場が決まった。
 田村「やっと決まりましたよ。何であんなに、振られなくちゃなららいのか、わからないけど。一番しっくりくる、フレッシュ・コンビが誕生したなと思います」。風香「最初は凄く戸惑ってしまったんですけど、せっかくのチャンスだと思って、タムラ様と頑張りたいと思います!」。田村「風香、負けは許されないからな!優勝しかないからな」。

NEO FINAL ANSWER09
613()板橋グリーンホール
◇シングルマッチ 151本勝負
風香(1030秒、Fクラッシュ→片エビ固め)野崎渚

   



6/11

風香の幻の写真集を10冊だけ会場で限定販売!

 もう絶版され、入手出来ないものと思われていた風香の写真集が10冊だけ、会場で限定販売されることになりました。2005年8月に日本スポーツ出版社から発売され、女子プロレスラー・シリーズで最も多く売れた風香の写真「Fragrance」は80分のメイキングDVDが付いているレアな一冊。6月13日(土)NEOの板橋大会で緊急発売します。サイン入りで価格は4,000円。尚、通信販売を希望される方は、女子プロレス・プレミアムサイトRING★STAR(http://ringstars.jp/)でお買い求め下さい。
   


6/10

4カ月ぶりにWAVE参戦で、何と牛と初タッグ決定!

 本日のWAVE新木場大会で、GAMIが自身の試合終了後に次回のカードを発表。風香が2月以来、4カ月ぶりに参戦し、闘牛・空とタッグを組み、GAMI&春日萌花との対戦が決まった。2月の出場では、風香が空と対戦したが、タッグを組むのは初めて。どんな珍プレー、好プレーが飛び出すのか!?

Saturday Night WAVE
6月20日(土)新木場1stRING 午後7時開始
◇タッグマッチ
 風香&闘牛・空  vs  GAMI&春日萌花
  



6/8

風香のマスクが完成!でも公開は17日までお預け!?

   74日(土)新木場で開催される「流星仮面FIESTA」に、初めてマスクウーマンとして出場する風香が、マスク発注元の覆面屋工房を訪れた。すでにマスクは完成しており、細かい採寸をして微調整。初めてマスクを被る風香も、マスク姿にご満悦。写真の公開は来週17日(水)と決まったので、それまではご想像下さい。マスクウーマンの風香は、まるで“加護ちゃん”みたいな感じでした。

  ▲覆面屋工房を訪れた風香。手に持っているのはFUKAキッドの新マスク。



6/6

NEOI板橋大会で野崎とシングル初対戦が決定!

 風香が6月13日(土)、NEOの板橋大会で野崎渚と初のシングル対決をすることになった。風香と野崎は5月5日の後楽園大会で、初めてタッグを組んだばかり。野崎はこのアイドル・タッグにけっこう満足していたが、早くもシングルが実現。風香は先輩として、何を伝えるのか?野崎はどう応えるのか、興味深い一戦となりそうだ。
NEO  FINAL ANSWER09
6月13日(土)板橋グリーンホール  午後6時開始 
◇シングルマッチ 15分1本勝負
風香  vs  野崎渚
 


6/5

風香が奈良日日新聞のイメージガールに!

 風香が地元奈良で発行されている、奈良日日新聞のイメージガールに選出されました。地域に根ざした新聞の同紙と、奈良が大好きな風香との思いが一致した。今後は風香が、同紙の紙面やイベントに登場する。「元気でさわやかな風香さんは、弊紙のイメージにぴったり」と藤山純一代表取締役は語っている。
 


6/3

夏を先取り!?風香が週プロのグラビア登場!

 以前、告知した通り、本日発売の週刊プロレス誌上で風香のグラビアが掲載されています。今回は華名、栗原あゆみと共に特集されているが、風香は扉のページを飾っている。風香ファンは必読。定価450円で本屋、コンビニで発売中です。
  


6/1

風香が再びドラゲーに参戦!四日市でスト市とリマッチ!

   風香がリクエストに応え、DRAGON GATEの四日市大会に参戦することになった。対戦はお笑いの滑走王”ハリウッド”ストーカー市川との再戦となる。前回は風香の地元、奈良で対戦したがこの時は風香が秒殺。スト市は前回の雪辱を誓い、リマッチに挑む模様だ。

DRAGON GATE
628日(日)四日市オーストラリア記念館 午後4時開始
◇シングルマッチ
風香  VS ”ハリウッド”ストーカー市川

 



5/31

風香&渋谷&エスイのトリオが、仙女チームに快勝!

 風香が盟友の渋谷、そして練習仲間のエスイと異色のトリオを結成。水波、仙台、石野の仙女軍団と対戦した。エスイはホーム・リングとあり、いつもにも増してハッスル・プレーを展開。高角度のアトミック・ドロップを何度も使い、風香を抱え上げてレッグ・ドロップように振るい落とす。3人がコーナー上段から、交互にモンゴリアン・チョップを仕掛けるが、肝心のエスイは滑り落ちる。それでも風香&渋谷のアシストがあり、エスイはモンゴリアン・チョップを成功させた。さらにジャイアント・スゥイングで振り回す。風香は水波に捕まり、肩固めから裏投げを見舞われるものの、フォールは免れた。水波を丸め込みで返すとコルバタで投げて、二段蹴りからダイビング・プレス。これは水波が両ヒザを立てる。10分を過ぎて水波が風香にランニングのギロチンで追い込むが、これをクリア。石野がエスイを持ち上げエア・プレン・スピンを回すが、これはカットされる。風香と渋谷がダブルDDTを石野に放つと、エスイがランニング・ニーリフトで勝負を決めたのだ。
 風香のコメント「東京vs仙台の対抗みたいになったので、絶対に勝とうということで。3人で結構、作戦を練っていたのですけど、エスイが特にパニックになっちゃって、最後の方はぐちゃぐちゃになっちゃったんですけど。でも結果的に勝てて、良かったです。次はもっと力の差を見せたいと思います。(仙女勢は?)しっかりしている、ちゃんと練習しているのがよくわかります。
29回息吹
531()後楽園ホール
6人タッグ 201本勝負
風香&渋谷シュウ&○エスイ(1529秒、ニーリフト→片エビ固め)水波綾&仙台幸子&石野由加莉●

 



   

5/27

仰天!風香がマスクウーマンに変身して流星仮面FIESTAに参戦!

 7月4日(土)新木場1stRINGで開催される「流星仮面FIESTA~マスクド・スーパースター降臨~」に風香が特別出場します。これは新日本プロレスの黄金時代に活躍したマスクド・スーパースターが実に16年ぶりに来日。覆面MANIAプレゼンツの元、出場全選手がマスクを被っての参戦となります。女子からは風香と栗原あゆみの出場が決定。タッグマッチが行われるが、風香のパートナーは誰になるのか!風香「初めてのマスクなので、今からドキドキです!私のパートナーはある選手を考えています。ヒントは私の妹分です」。またDEPOMART限定で、風香・あゆみ応援シートが発売されます。
流星仮面FIESTA~マスクド・スーパースター降臨~」
7月4日(土)新木場1stRING 午後6時開始
<出場決定選手>マスクド・スーパースター、スーパー・ストロング・マシン、タイガーマスク、風香、栗原あゆみ
<入場料>プレミアム・シート/10,000円(最前列=記念品付き)、アレナ・シート/5,000円、風香・あゆみ応援シート/5,000円(南ひな壇中央>
<プレイガイド>チケットぴあ、e+、後楽園ホール、チャンピオン、闘魂SHOP、覆面屋工房、DEPOMART
<発売>5月30日(土)より



5/26

風香祭10のポスターが完成しました!

 次回、風香祭は8月2日(日)に開催されますが、この大会も数えて10回目を迎えます。2007年9月30日に第1回目の大会が行われましたが、約2年でめでたく10回目となったのです。ポスターもこれまでと違い、夏らしくクール&セクシー。プロレスのポスターに見えないことが、ある意味でコンセプトになっています。
 


5/25

来週号の週プロに注目!風香のグラビアが掲載されるぞ!

 6月3日(水)発売、来週号の週刊プロレス誌上で風香のグラビアが掲載されます。これは夏をテーマにした企画で、風香、栗原あゆみ、華名の3人が取り上げられる予定です。本日はその撮影が、編集部からほど近い緑のある自然をバックに行われました。夏を早取りした女子プロレスラーの特集に期待してください。
   どんなショットが出てくるのか、お楽しみに! 

5/20

Galleryに風香祭9の特集を追加しました!
4月29日に行われた風香祭9の名シーンの数々が、Galleryに追加されました。ここで、ちょっと目立つのが、新木場のリング・マットがかなり痛んでいるということ。写真でも目に付きますが、次回からキャンバスを借りて対処しようと思っています。



5/17

風香が豊田との初タッグで貴子&アップルに快勝!

ひと世代も、ふた世代も違う風香と豊田真奈美が初タッグを組み、井上貴子&アップルみゆきのビジュアル・コンビと対戦した。LeeプレゼンツのBeginningでは、Lee製のオリジナル・コスチュームを着て登場する風香は、アップルと序盤素早い攻防を展開。アップルを攻めまくるが、貴子に代わるとまるで新人扱いのように何度もリングに叩きつけられる。この日が風香と初タッグとなる豊田だが、そんなことはお構いなしとばかりアップルを重量感たっぷりのキックで吹っ飛ばす。風香のコンビネーション・キックを真似るが、タイミングが合わず思わず苦笑。風香がやられて、豊田が挽回するというパターンの試合運びとなったが…風香が貴子をエプロンで押さえているうちに、豊田はここぞとばかりアップルを圧殺。ムーンサルト・プレス、クインビー・ボムはカットされたが、最後はジャパニーズ・オーシャン・サイクロンの形でアップルを高々と持ち上げると、そのまま回転し完璧にフォール。豊田のパワーが目立った一戦となった。
バックステージ・コメント 豊田「風香とは普段、全然交わるところがないから、どんな選手かわからなくて。前にどっかで一緒になったことがあって、その時より凄く蹴りとかの確実性とか出てきて、良くなってきてんだなぁと思った」。風香「前にやらせていただいた時は、大人数
vs大人数の試合だったので…ちゃんと、がっちりした試合をさせていただくのは初めてだったんですけど、技の一つ、一つの重みとかが初めて見るくらい凄くて、何かエプロンで見ながら、今日は対戦するんじゃなくて良かった!って思ってしまいました!(笑)」。豊田「次は風香vs豊田を組んでいただくんで(笑)。そういうのも受けられる体にならないといけないからね。もっと、いろいろな場を踏んでいって、勉強すればいいんじゃないですか…」。

 Beginning
517日(日)新木場1stRING
◇タッグマッチ301本勝負
○豊田真奈美&風香(1813秒、日本海式竜巻固め)井上貴子&アップルみゆき●






5/15

スーパー女子高生・風香のポートレートが発売されます!

 前回の風香祭で好評を博した”スーパー女子高生”がポートレートで蘇ります。それもギャルズ雑誌の表紙のようなイメージで、ギャルに扮した?風香のアップをお届けします。これは5月17日(日)、新木場1stRINGで開催されるBeginningでの発売。会場発売は限定枚数ですので、お早めにお買い求め下さい。1枚1,000円です。


5/13

次回、風香祭ポスター用に今日はスタジオ撮影!

 次回の風香祭はすでにチケットの前売りが開始しているが、今日はポスター制作のためスタジオ撮影を行いました。午後2時から5時まで、3時間たっぷり。1分の休み無く撮影は進み、全部で8パターンのコスチュームや衣装がカメラに収まりました。その作品はポスター、ポートレート、フォトブックなどで披露していきますが、風香自身もかなり気に入った撮影が出来ました。どうぞご期待下さい!




5/8

息吹のカードは渋谷&エスイとの異色トリオで仙女勢と対戦!

 風香が出場する息吹の大会で盟友の渋谷シュウ&エスイと組んで、センダイガールズの仙台幸子&水波稜&石野由加莉と対戦することが決まりました。風香はこのところ、渋谷とタッグを組む機会があるが、エスイとは初めて。闘うモンゴル・ウーマンのエスイは大型のパワーファイターで、何をしでかすか未知数なのがその魅力。仙女チームは「第2回じゃじゃうまトーナメント」優勝の仙台幸子を始め精鋭が揃っている。風香と仙女チームの3人は初対戦だけに、どんな攻防が見られるのか注目だ。

第二十九回 息吹
5月31日(日)東京・後楽園ホール 12:00
◇6人タッグマッチ
       
      風香 &渋谷シュウ &エスイ  vs  仙台幸子 &水波稜 &石野由加


5/5

新アイドル・コンビが偽善者&裏切り者コンビに惜敗!

 松尾永遠が引退したその日、新たなアイドル・コンビが登場した。それは風香と、NEOのヤング戦士、野崎渚だ。対するは偽善者&裏切り者コンビ、輝優優&植松寿絵の最強タッグ。輝・植松は若手の野崎に的を絞るが、風香がキックでアシストする。植松が得意の顔面ウォッシュを仕掛けようとするが、風香、野崎が相次いで植松の顔面を狙う。風香とのタッグに気を良くした野崎は、積極果敢に攻撃。だが、タッグでは歴戦の兵である輝・植松は、風香と野崎を分断。野崎はダイビング・アタックや、回転足折り固めで植松からフォールを奪わんとするが、植松は余裕のソラリーナで丸めてみせた。

バックステージに戻ると 風香「フレッシュな感じで、さくら選手と植松選手だとして策を練っていたんですけど、直前に相手が代わりバタバタになってしまいました。」、野崎「ずっと希月さんと“青春緑”でタッグをしていて、久々に希月さんじゃない人と組めたのが風香さんで、アイドル・タッグだった()」、風香「負けていられないので、(今後)組んでいくのなら、ちゃんと勝ちを狙えるように頑張りたいと思います。」、野崎「はい、組んで行きたいのでよろしくお願いします!復帰してから地方が多かったので、後楽園は盛り上がり方が違いますね。もっと勉強して、お客さんを沸かせるようにしたいです。」、風香「(松尾の引退については?)去年は試合や仕事で、一緒にやらせてもらうことが多かったので、その先輩が辞めるのは淋しいですけど、松尾さんがいなくなっても、盛り上がりが欠かせないように自分が今まで以上に頑張りたいと思います」。

NEO  MAY HISTORY
55日(祝)後楽園ホール
◇タッグマッチ 101本勝負
輝優優&○植松寿絵(831秒、ソラリーナ)風香&野崎渚●



5/4

西口プロレス大阪大会で風香&渋谷が激勝!

 

ゴールデン・ウイークの中盤は大阪でファイト!風香が西口プロレスに参戦し、盟友の渋谷シュウとタッグを組み、ハチミツ二郎&見た目が邦彦と対戦。ゴングが鳴るとまずは渋谷が西口組に捕まったが、逆転すると場外に落としプランチャ・スイシーダを見舞わせる。リングに戻ると見た目が攻撃されたが、女子プロレス風の投げで翻弄する。ハチミツに代わると、風香は厳しいキックで攻め上げる。するとハチミツは体力にものを言わせグラウンドで体を密着させる。これには風香も怒りのキックを出すが、ハチミツは張り手の嵐。風香のハイキックがハチミツの顔面に炸裂するとグロッキーになるが…渋谷と見た目がエルボーの応酬、そして見た目がスモール・パケージ、逆さ押さえ込みと素早い動きを見せた。風香は見た目に人工衛星ヘッドシザースから、619、ダイビング・プレスと畳み込む。代わったハチミツは張り手を繰り出し、渋谷、風香と続けて“恥ずかし固め”を仕掛けた。風香はこの攻撃を返すと、一瞬のジャンピング・ハイキック!これが見事に決まり、風香がピンフォール、対西口に連勝した。

 バックステージで風香は「私たちはプロだから負けるわけにはいかないです。体力的に押されましたが、今日は楽しく出来ました」。

 

西口プロレス

54日(祝)大阪IMPホール

◇タッグマッチ 451本勝負

○風香&渋谷シュウ(1035秒、ジャンピング・ハイキック→体固め)ハチミツ二郎●&見た目が邦彦


奈苗が欠場のため、後楽園での風香のカードが変更!


5月3日に行われたパッションレッド興行で、試合中に脳震盪を起こし、救急車で病院に運ばれた高橋奈苗だが、意識はハッキリしており、また搬送先の病院でCT検査をおこなったが骨折や出血もなかった。だが大事をとって後楽園大会を欠場。さくらえみがメインで田村欣子と二冠戦を行うため、風香のカードが変更となった。
(変更カード)
5月5日(祝)後楽園ホール
◇タッグマッチ 10分1本勝負
風香&野崎渚   vs  輝優優&植松寿絵


5/3

明日は久しぶりの大阪、GWニ連戦で発売の新ポートレート!
   
 西口プロレスの大阪大会ですが、ここでは多くの風香グッズが発売されますが、大会記念のポートレート(左)がこれ。また最新DVD(風香祭DVD4)や風香THE BESTも販売いたします。大阪のファンのみなさん、この機会にご購入ください。5日のNEO後楽園でも新ポートレート(右)が出ます。


5/2

Beginningで風香&豊田が初タッグで出陣!

Leeプレゼンツのイベント「Beginning」のメインで、風香が豊田真奈美と始めてタッグを組み、井上貴子&アップルみゆきと対戦が決まりました。この大会は人気選手が多く集められているが、風香にとって全女出身の豊田も貴子はある意味で異次元だ。Leeは風香とアップルに期待をしているが、ベテランとの合体でどんな試合となるか注目だ。

Beginning
5月17日(日)新木場1stRING 
◇タッグマッチ
   
     風香 & 豊田真奈美  vs  井上貴子&アップルみゆき
  



4/29

香は熱闘の末、栗原に完勝!安定感を増した風香祭は今回も大盛況!

FUKA  MATSURI9~風香ゴールデン・ファイト2009
429日(祝)新木場1stRING <観衆300人=満員>  

 
 オープニングはスーパー女子高生に七変化!

◆風香祭DEオープニング・パッション 151本勝負
夏樹☆たいよう  vs  しもうま和美
(11分03秒,イグチボム→エビ固め)

           夏樹がスピードと貫禄で、しもうまの野望を打ち砕く!
 夏樹の希望で風香祭でも対戦したのが、しもうまだった。豊かな形相でエルボーや逆エビで攻める、しもうまだが夏樹はもの凄いスピードで翻弄する。最後はイグチボムで夏樹が完勝した。握手を求める夏樹にしもうまが抵抗し、怒りを買っていた。            


◆第風香祭★超異次元バトルⅡ スペシャル3WAY 201本勝負
FUKAキッド vs ○闘牛・空  vs  ジャイアント小馬場
(7分31秒、スモール・パッケージ・ホールド)                     

  
 小馬場が初見参で、スローな動きに場内爆笑!牛が余裕の勝利!

 空とFUKAが対戦する中で、小馬場は威風堂々?と入場し、そのスローモーなたたずまいに試合をさまたげる。それでも小馬場中心の展開になり、切れた小馬場は抜群の16文キックを繰り出した。試合は小馬場の小道具を潜り抜けた空が、小猪木に続いてスモールパッケージで丸め込んだ。

~風香祭DEパフォーマンス~
  
 石渡奈緒美が加入し、昭和の日にピンクレディ・メドレーで大喝采!

◆風香祭DEカリビアン降臨!~ 201本勝負
カリビアンKIM   vs     松本浩代
 カリビアンRAM          大畠美咲●
(11分36秒、カリビアン・インパクト→体固め)  
   
                

  
大畠が玉砕!カリビアン軍団が2年ぶりに復活の大暴れ!
 2年ぶりに新木場に帰ってきたカリビアン軍団は、すっかり観客に存在感を認めさせた。トリッキーな攻撃に松本&大畠は苦戦するが、松本は堂々とKIMと渡り合うパワーで対抗。試合はカリビアンの連携が冴え渡り、カリビアン・インパクトできっちりフォールを奪った。

◆風香ゴールデン・ファイト 301本勝負
風香   vs   栗原あゆみ●
(11分14秒、ドールF→体固め)                     

    

  
同世代のあくなき闘いは風香の蹴りに軍配!改めて海外進出を宣言した!

  風香が待ち望んだ同世代による風香祭のメイン。スタートはお互いの力量を確かめ合い、グラウンドの攻防が続いた。序盤から勝負に出た栗原は、ランニング・ネックブリーカーを連発。顔面を狙ったエグイ角度のドロップキックで風香を追い込む。 風香のキックと栗原のエルボーがヒットし合う。風香はFクラッシュから、ジャンピング・ハイキックでフォールを狙う。風香は雪崩式ブレーン・バスターで追い込むが、栗原は電光石火の裏投げを見せる。そしてエルボー合戦。エビ固めでフォールの奪い合い。栗原が張り手を見舞わせるが、風香がドールFを放ち、ピンフォールした。マイクを持った風香は「今年はどんどん海外に出て行って、日本の女子プロレスだったり、風香というプロレスラーを世界にアピールしていきますので、みなさん、これからもよろしくお願いします」と挨拶をして大会を締めた。
 バックステージでのコメント 風香「ロープ際で顔を蹴られた時、一瞬意識が飛んでしまって…意地でも勝つ気だったので、勝てて本当に良かったです。(栗原とは)同期なので、もちろん先輩に勝ちたいし、後輩には負けられないけど、同期には絶対に勝ちたいという気持が強いので。(栗原は?)気持ちが強いし、顔とかガンガン蹴られたので、頑張ろうという気持ちがあっても意識が飛んでしまっったりすると体がどうしようもないので。エグイ攻撃をドンドンしてくるところが、これからも気をつけないといけないと思います。(大会の総括は?)オープニングのダンス、初めて間違いまくってしまいました。それを切り替えてピンクレディを踊れたので、反省はダンスです。あとは良かったと思う。(同世代のメインについて?)今までは自分で締める自信がなかったので、高橋さん、吉田さん、堀田さん、AKINOさんの力を借りて大会を締めようとしていたんですけど、いつまでも、それではやってられないので…前回は木村選手という1年先輩と、今回は本当に引っ張ってもらうとかが、一切できない同期だったので、失敗するかもしれなかったんですけど、そうやって自分に一つずつ試練を与えて、成長するか、失敗するかは自分次第なので、これからも試練を一つづつ与えていこうと思います」。 



4/28

いよいよ明日開催の風香祭9最終情報!

 明日、開催される風香祭9ですが、物販販売に関してなどの最終情報をお知らせします。
◆当日券及び、先行発売、物販販売は午前10時30分から行います。
Sシートは売り切れ、当日料金ははAシート(4,500円)、自由シート(4,000円)、レディースシート(3,500円)、小中学生(1,000円)となります。本日、午後10 時まではメールにて予約が可能。前売り料金になりますが、キャンセルの際は全額負担になることをご了承ください。メールshop@fukamatsuri.jp
◆大会記念フォトブックは定価1,000円で販売します。


4/27


NEO後楽園大会で風香&野崎が初タッグで、曲者コンビと対戦!

 5月5日、後楽園ホールで開催されるNEOの大会で、風香が野崎渚とタッグを組み、植松寿絵&さくらえみと激突する。風香と野崎はこれが始めてのタッグ。実に新鮮なチームだが、対戦相手は試合巧者の植松&さくらのうるさ型コンビだ。さて、どんな試合となるのか、注目したい。

 NEO MAY HISTORY
5月5日(祝)後楽園ホール  午後12時開始
◇タッグマッチ10分1本勝負

    
       
風香 &野崎渚    vs    植松寿絵 & さくらえみ

4/24

風香祭9で新発売されるポートレート全種を紹介します!
 4月29日の風香祭9で発売されるポートレートが完成しました。今回は栗原あゆみとのダブル・サイン入りのコラボ・ポートレートが目玉です。1枚1,500円ですが、限定枚数しかなく通信販売も行わないので、是非この機会をお見逃しなく。デザインが一新したポートレート4種は、各1,000円(サイン入り)です。



4/23

Galleryに風香祭7&8のベストショットを追加しました!
風香祭7&8のベストショットが、Galleryに追加更新されました。オフィシャル・カメラマンである柳原裕介の力作をとくとご覧下さい。Galleryでは今後も、月に1回の割合で作品を披露していきますのでお楽しみを!


4/21

 5・4西口プロレスで風香&渋谷のタッグ再び…ハチミツ&見た目がと対戦!
 
5月4日、大阪IMPホールで開催される西口プロレスで、風香は渋谷シュウとタッグを組み、はちみつ二郎&見た目が邦彦との対戦が決定した。風香は昨年1月の、アントニオ小猪木興行で、このチームと試合をしており(パートナーはボリショイキッド)、今回はパートナーをJD時代の盟友である渋谷と出場。最近は激しいファイトで評価を上げている風香だが、西口プロレスでは明るく、楽しいプロレスに挑むのだ。

西口プロレス

54日(月・祝)大阪・IMPホール  1800
◇タッグマッチ
 風香       vs     はちみつ二郎
 渋谷シュウ          見た目が邦彦

4/18

風香祭9を10日後に控えた風香にミニ・インタビュー
 勢いをつけて、他の興行に繋げたいのでド派手にやっていきたいです!

 -あと10日後に大会が迫りましたが、今はどのような状況ですか?
風香 今はダンスとか、パフォーマンスの練習を慌ただしくやっていますね。今回のパフォーマンスは、みんなが知っている歌や踊りになります。
 -メインでは久しぶりの栗原あゆみ戦が待ち構えていますが?
風香 ずっとやりたかったシングルなので、楽しみだし、絶対に負けたくないのでプレッシャーもあります。

 -各カードの見所をお聞きします。夏樹☆たいようvsしもうま和美戦は?
風香 しもうまさんは、あまり知られていないと思いますが…凄くレスラー間でいい選手という評判が上がっているので、そんな選手にもチャンスを与える場が出来たらいいなと思って、選ばせてもらいました。
 -3WAYマッチでは、小馬場選手が小猪木選手のリベンジで初出場しますね?
風香 もう想像出来ない世界観になると思うので、その世界観を堪能してもらえればいいと思います。
 -セミでは久しぶりにカリビアン軍団が登場ですね?
風香 松本&大畠という、対戦する世代が代わったというのを見せられたらいいですし、カリビアンとJDの抗争は1回でいいので、カリビアンの海に返してもらいたいと思います。
 -大会自体は、ゴールデン・ウイークの先陣を切っての開催となりますが?
風香 どんどん他の興行が続くので、そこに勢いをつけて繋げたいのでド派手にやっていきたいです!

 

4/15

風香祭9の追加カードを発表!小馬場、しもうま含め、初出場は過去最多の6名!

FUKA  MATSURI9~風香ゴールデン・ファイト2009
429日(祝)新木場1stRING (午後1230分開始)
  <発表済みカード>
◆風香ゴールデン・ファイト 301本勝負
風香   vs   栗原あゆみ
※過去、シングルマッチは風香の11勝。20066月以来、210カ月ぶり2度目のシングル対決。
◆風香祭DEカリビアン降臨! 201本勝負
松本浩代&大畠美咲  vs  カリビアン軍団(KIMRAM
※カリビアン軍団と松本浩代は、風香祭初出場。
 
  <追加カード>
◆風香祭★超異次元バトルⅡ スペシャル3WAY 201本勝負
FUKAキッド vs 闘牛・空  vs  ジャイアント小馬場
※前回、アントニオ小猪木が空に敗れたことによって小馬場がリベンジなるか?
◆風香祭DEオープニング・パッション 151本勝負
夏樹☆たいよう  vs  しもうま和美
※しもうま和美は風香祭初出場
◆風香祭DEパフォーマンス
風香、RICA、石渡奈緒美がパフォーマンスします(内容は当日のお楽しみ!)。
<石渡奈緒美プロフィール>
198482日生まれ、千葉県出身。157cm47kg。芸能人女子フットサルチーム「ZENTsweeties所属。ガールズバンドのキャリアを持ち、0810月にソロ歌手としてCDアルバム「Complete」をリリース。

    石渡奈緒美はRICAのバンド仲間だった。

<新発売グッズ>
◇風香祭オフィシャル・フォトブック7…1,000
◇風香祭DVD409222日、昼夜大会)…5,500
◇ポートレート…各1,000

 <スペシャル・コラボ企画>
◇風香&栗原ダブルサイン・ポートレート…1,500

次回は早くも10回大会…真夏の8月2日に開催が決定!
 

 <次回大会のお知らせ>
FUKA MATSURI10~風香の夏物語~
82日(日)新木場1stRING 午後1230分開始
<入場料金>Sシート/6,000円  Aシート/4,000円 レディース・シート/3,000
小中学生/1,000円(当日のみ)
<プレイガイド>チケットぴあ Pコード8140620570029999
後楽園ホール(0358009999
<先行発売>429日(祝)、風香祭にて。
<一般発売>430(木)より。
<お問い合わせ>風香祭プロデュース(03-3678-4226)




4/13

新作DVDは5周年記念の昼夜大会をコンプリートした1枚です!

「風香祭DVD4」 定価/5,500円(税込) 収録時間/200分

2009年2月22日、新木場1stRING
(昼)◆風香&高橋奈苗vs田村欣子&松尾永遠◆ダーク・エンジェルvsRay◆FUKAキッド&りほvsさくらえみ&闘牛・空◆渋谷シュウvs大畠美咲◆エアSPEED◆ダンス・パフォーマンス
(夜)◆風香vs木村響子◆ダーク・エンジェル&日向あずみvsFUKAキッド&闘獣牙Leon◆闘牛・空vsアントニオ小猪木◆夏樹☆たいよう&紫雷美央vs希月あおい&紫雷イオ◆パニック・パワー歌◆ダンス・パフォーマンス 

 先行発売は4月29日(祝)、風香祭9にて。ジャケットにサインが入っています。



4/12

充実の2時間…風香のスプリング・パーティは大盛況!

 風香のイベント「風香スプリング・パーティ2009」が都内で開催されました。告知と同時に限定50名を突破し、風香の人気者ぶりは健在。司会は風香祭のリングアナであるRICAが担当し、イベントはスタート。。ぎっしりと集まったスペースに風香もビックリ。二人のトークでは中国、韓国での模様を話したが、映像でも「2009年の風香」と題した今年の活躍が紹介された。歓談中は風香がビールのピッチを持って、場内を回りサービス。「風香クイズ王決定戦」では、風香が自ら考えた問題を出題。「RICAの本名は?」とか「ロッシー小川の名前の由来は?」などコアな問題も出してきた。その後は風香が着替え、撮影タイム。じゃんけんで非売品グッズが当たるプレゼント・コーナーと、あっという間の2時間を過ごしたのだった。そし最後は、みんなで「風香祭だ、ワッショイ!」を叫びお開きとなった。
 風香「わあ~わあ~言っているうちに最高潮で終わりました。またこのような機会を作って、みんなで楽しめればと思っています。参加していただいた方々、ありがとうございました!」。
   

    

4/11

舞台「きら星の磁力」の特別試合でイオに快勝!

 女子プロレスとボクシングを題材にした作品「きら星の磁力~It's too soon to give up~」の本公演が新木場1stRINGで行われ、終盤に特別試合として風香が登場。紫雷イオとシングル対戦する。序盤からフィンガーロックで力比べするオーソドックスな展開。腕を取り合い、風香が腕ひしぎ十字固めに出れば、イオは逆エビ固めで応戦する。イオはクロスフェースでギブアップを狙うが、風香はこれを耐える。河津掛けやダブルアーム・スープレックスを放ったイオだが、619、ムーンサルト・プレスと畳み込む。追い込まれた風香だが、イオのクイック・フォールを返すと、瞬時のジャンピング・ニーからドールFを炸裂させ勝利した。尚、この舞台には元JDスターの川崎あさみ、MARU、斉藤啓子、現役の唯我、川田由美子らが出演している。
 風香のコメント「舞台なので、その前後のストーリーは全然知らなくて、急に試合が入っていったので、どうなるかと不安でした。とにかく頑張ろうと、そればかり考えていました。(イオは)タッグでは何回もやっているけど、その時よりも動きも速くなっていて、技も正確で凄く成長しているのがわかったので、自分も頑張ろうと思いました」。

4月11日(土)新木場1stRING
◇シングルマッチ 30分1本勝負
風香(10分29秒、ドールF→片エビ固め)紫雷イオ
     

4/8

スペル・ルチャス今週号に風香&マスカラスの写真が載った!

 
「仮面貴族FIESTA」の模様が今週発売された、メキシコの専門誌「スペル・ルチャス」に掲載されているが、そこで風香&マスカラスのツーショットも載っているのだ。日本とメキシコを代表する新旧2大アイドルの写真は、海を越えて貴重なものとなっているのだ。
  

4/5

残念!風香&渋谷の元JDコンビ、息吹のメインを飾れず…

 風香がJDスター時代の盟友である渋谷シュウと、実に2年3カ月ぶりにタッグを結成。Ray&夏樹☆たいようと対戦した息吹のメインカード。スタートから渋谷と夏樹が目まぐるしいスピードを見せたが、風香とRayも負けじとぶつかり合う。要所、要所で夏樹のトリッキーな攻撃に風香も戸惑いながら応戦。風香はRayのチョップを喰らうも、キックを見舞わせた。渋谷とRayのバトルが長引く中で、RayはあのチャパリータASARI直伝というスカイツイスター・プレスを初公開。南の一角を占めたRay応援団に勝利を捧げたのだった。
 風香のコメント「みんなが凄い早い選手だったので、それをみんなが意識し過ぎて、間とか考えないで、みんなが出来る事をスピードの競い合い見たくやったので、試合としては起承転結が無いと言われました。そこが反省するところですね。私的には動きが良かったですが、渋谷の誤爆でハイキックが当たって、鼓膜が破れてしまって自分たちのチームはミスを無くさないとと思いました。渋谷とのタッグは本当は一番、絆があるはずなのに、その部分が出せなくて残念です。渋谷とはもっと組みたいです」。
第28回息吹
4月5日(日)新木場1stRING  
◇タッグマッチ 30分1本勝負
○Ray&夏樹☆たいよう(21分14秒、スカイツイスター・・プレス→片エビ固め)風香&渋谷シュウ●




4/4

息吹で発売の新ポートレートです!
 4月5日(日)、新木場1stRINGにおける息吹の大会で発売される、風香の新しいポートレートが出来ました。新木場の会場内で撮影されたもので、リングをバックにした写真を使用しました。限定枚数ですので、お早めにお買い求めくだしあ。定価1枚1,000円です。



4/3

RICAのMCが決定、4・12風香イベント情報!

 4月12日に開催される「風香スプリング・パーティ2009」はすでに、参加募集人員に達しましたが、その内容がだいたい決まりました。MCには風香祭のリングアナでお馴染みのRICAが担当。トークあり、ゲームあり、撮影会あり、プレゼントありとたっぷり2時間楽しめるイベントを目指しています。風香のコメント「1年に1回のイベントなので、1年分楽しんでもらえるように計画を練っていきたいです。プレゼントも沢山用意しましたので期待してください」。RICAのコメント「風香ちゃんのプライベートな魅力をたっぷり伝えられるように、司会をします。噛み噛みモード全開で頑張ります(笑)」。
  

4/1

東スポに風香&RICAの師弟コンビ?が登場!

 本日発売の東京スポーツで、女子レスラー風香が語る俺の師匠(最終回)という企画で、チョークアーティストのRICAが紹介されている。RICAはご存知、風香祭のリングアナウンサーでもあるが、チョークアーティストとしても活動中だ。ここでは風香&RICAの出会いからチョークアートを通じての話が満載されている。是非、一読してください。
 

3/30

風香&マスカラスのツーショット!

  マスカラスも風香には極上の笑顔でピース!

3/29

マスカラス興行で風香vs桜花の対決は時間切れドロー!

 風香VS桜花という3年7カ月ぶりによる春の大一番は熱闘の末、時間切れドローに終わった。かつての先輩後輩同士の対決。今では闘っているリングは違えど、お互いのプライドを賭け、持てる力を出し切ったのだ。桜花は長い手足を駆使し、ビッグブーツで風香の顔面を蹴りまくる。風香も蹴り→サブミッションで勝機を見出だし、中国の散打修行で身に付けた足をキャッチして投げる技を初公開。ドールFもジャンピング・ハイキックも見せたが、風香にとって桜花の牙城は高かった。最後は桜花がネックハンギング・ボムを放ったところで、時間切れのゴングが鳴ったのだ。
 風香のコメント「春の2大決戦と銘打って、期待されていた一つの試合なので勝敗が付けられなくて凄く悔しいです。だけど、もう届かない人ではないので、自分はこれからドンドン成長して今度こそ、絶対に取りたいと思います!(散打の技について)凄くやりたい気持ちがあって、一つは足をキャッチして、足の一本背負いが1回だけ出せましたが、これってすぐにわかる技じゃなくて、凄く地味ではありますが沢山身に付けてきたので、これからドンドン出せていけたらいいです。この技の名前は散打背負いです。散打も蹴り技が中心なんですが、華やかで見せることを学んできて、自分のプロレスは格闘技色を強く出していて、それもありなんですけど。見ている人が華やかさだったり、楽しめる技を織り交ぜてやっていきたい。
仮面貴族FIESTA2009~ミル・マスカラス華麗なるゴールデンタイム伝説~
3月29日(日)新木場1stRING (観衆402人=札止め)
◇女子プロレス・プレミアムマッチ 15分1本勝負
風香(時間切れ引き分け)桜花由美
     

    

3/28

仮面貴族FIESTAで風香&桜花のダブルサイン入りポートレート限定発売!

 3月29日(日)新木場で開催される「仮面貴族FIESTA2009」で、3年7カ月ぶりに対戦する風香vs桜花由美だが、この試合を記念して両選手のサインが入ったポートレートが限定発売される。今回、風香祭プロデュースとWAVEによるコラボ・グッズとなるが、それぞれの売店で1種類ずつ別の写真によるポートレートが登場するのだ。ともに1枚1,500円で、この日限りの限定枚数。すでにチケットは完売しているが、この大会のチケットをお持ちの方は是非お買い求め願いたいものです。
  こちらは風香祭プロデュースから発売

風香のレギュラー参戦Beginning次回大会は5月17日に決定!

 初開催以来、レギュラー参戦しているLeeプレゼンツのイベント「Beginning」の、次回開催が5月17日(日)午後12時からに決定した。他の出場選手は、豊田魔波、堀田祐美子、井上貴子、アップルみゆき、山縣優、桜花由美、バンビ、チェリー、華名、紫雷美央、紫雷イオなど。またAKIRA(元フィンガー5)、川崎あさみのミニ・ライブもあります。お問い合わせはスーパー・プロジェクト(090-8652-4011)。

3/27

毎年恒例、BBMプロレスカードのサイン会は大盛況!

 本日、午後6時より三省堂書店神保町店において、「BBM女子プロレスカード2009~true heart~」の発売記念サイン会が行われました。例年は何組かの女子レスラーがサイン会をしますが、今年は風香のみ。週末の金曜日とあって、購入者はサラリーマンばかりとなったが、中には女性ファンも多く見えた。「時間が早いのでどれだけ集まるかと思いましたが、たくさん来てくれて良かったです」と風香。中には1BOX8,000円を10BOX以上も買い求めた常連さんもいたのだ。風香人気は健在である。
    


3/26

中国での散打修行の模様がフライデーで2ページ掲載されるぞ!

3月27日(金)に発売される写真週刊誌「フライデー」で、風香の中国での散打修行の記事が2ページに渡って掲載されます。これも業界だけでなく、一般にも広く浸透させたいという風香祭プロデュース側の意向とフライデーの編集方針が合致してのもの。風香に単独取材し、現地での模様が詳しく載っているので、是非一読ください。定価360円でコンビニ、書店等で発売されます。
 

3/25

食と買い物で韓国のオフを満喫した風香の旅!

 3月22~23日と韓国で二日間のオフがあったが、初日に泊まったオリンピック・パーテクルをチェックアウトすると宿泊先を移動。グランドヒルトン・ソウルにチェックイン。荷物を部屋に置くと直ぐさま、シャトルバスに乗り明洞(ミョンドン)に向かう。まずはロッテ百貨店のデパ地下で昼食。その後は南大門市場で買い物。ここは上野のアメ横みたいに賑わい、物が安い。ここで買い物を済ませると、夜は全日本プロレスの西村修、征矢学、ボンバー斉藤レフェリーと合流。焼肉→カラオケを楽しんだ。三日目は午後から撮影のため、風香は韓国民族衣装のチョゴリを着てみた。昼食は高級韓国レストランとまさに美食三昧。夜はホテル付近のこれまた韓国料理屋でふんだんに韓国の味を堪能したのだ。「毎日、焼肉を食べましたが、本当に美味しくて食べ過ぎちゃいました(笑)」と風香は韓国の日々を振り返った。
 
   
 
     

3/24

韓国遠征は3WAYで風香が快勝!   

 NKPWA(新韓国プロレス協会)の「IMPACT2009」大会は3月21(土)、ソウル市内のオリンピック公園フェンシング競技場で開催された。この日の午前中にソウル入りし、第3試合に出場した風香はKAZUKI、キム・チヘイと3WAYで対戦。この日がデビュー戦のキムは1984年生まれ。163㎝、48㎏と細身ながらスタントマンやタレントとしても活動し、NKPWAが売り出しにかかる選手だ。
 リングに入場すると一番歓声を集めたのは、日本のスター選手と紹介された風香だった。試合はデビュー戦のキムが捕まり、日本の二人に攻め込まれる。風香とKAZUKIがキムを二人掛かりでエプロン際で攻撃すると、場内からブーイングが飛ぶ。風香にとって初のヒール・ファイトだった。風香がKAZUKIにダイビング・プレスを見舞うとヒザを立てられたが、キムがスクール・ボーイでKAZUKIを丸め込む。そこから試合が動き、風香のハイキックがKAZUKIに誤爆すると、キムが勝機とばかりキックを連発。KAZUKIをボディプレスで投げると、スワントーン・ボムでフォール。風香がキムをフォローし、KAZUKIが退場。すると勝ってデビュー戦を飾りたいキムは風香に対し、スモール・パッケージで3度もフォールを狙うが動きが妙に硬い。風香のキックを避けると、キムは仕掛けてくる。ちょっと喧嘩ファイトのような、ぎくしゃくした雰囲気になったが、風香は冷静に判断。最後はハイキックでフォールしたのだ。負けを認めたくないキムとの間に微妙な空気が流れたが、風香は観客の支持を集めたのだった。
 ドラゴン・ゲートのCIMA&横須賀享VS斉藤了&堀口元気は翌日帰国で両国大会が控える中、好ファイトを展開。NKPWAジュニア・ヘビー王座はクリストファー・ダニエルズからピーティ・ウイリアムズに移動。ヘビー級王座も3WAYの末、韓国人選手がドイツのエクステインを破り新王者となった。西村修は同王座から転落した。風香のコメント「海外で初勝利が出来ました!キム選手はデビュー戦だったけど、とても気持ちが強く見た目もいいので本気でプロレスをやれば、韓国にもプロレス・ブームが来ると思います」。   

NKPWA主催「IMPACT2009」
3月21日(土)ソウル市オリンピック公園フェンシング場 
◇3WAY 30分勝負
   風香(10分25秒、ハイキック→エビ固め)キム・チヘイ ※KAZUKIが最初に退場。




3/20

風香が息吹で渋谷と久しぶりのタッグ結成、夏樹&Rayと対戦!


 次回の息吹メインで風香が06年12月23日以来、2年3カ月ぶりに渋谷とタッグを組むことが決まった。前回は格闘美でカリビアン軍団に快勝したが、久々のコンビはどんなチームワークを見せるのか。対戦相手は同世代の夏樹&Rayで、このところ対戦が多いだけに激しいぶつかり合いは必至だろう。
第28回息吹
4月5日(日)新木場1stRING  午後12時30分開始
◇タッグマッチ 30分1本勝負
    風香&渋谷シュウ    vs  夏樹☆たいよう&Ray
      
3/19

風香が中国に続いて今週末は韓国のビッグマッチに出場!

NKPWA(新韓国プロレス協会)主催によるビッグマッチ「IMPACT2009NKPWA」が321日(土)、ソウル市内のオリンピック公園フェンシング競技場で開催されるが、この大会に風香の参戦が決まった。国際色豊かな大会は、TNAからクリストファー・ダニエルズ、カナダからピーティー・ウイリアムス、ドイツからエッキー・エクシュタイン、日本からも西村修、高岩竜人、CIMA、横須賀享、斉藤了、堀口元気が出場。このメンバーに風香、KAZUKIの女子が加わる。風香の対戦相手は未定だが、韓国人女子レスラーとの対戦が濃厚だ。「中国から帰って来てすぐの遠征になりますが、韓国での試合を楽しみにしています。これは風香・世界進出の一つなので日本の女子プロレスを広めていきたいです!」と風香は語っている。

   これが「IMPACT2009NKPWA」のポスター

3/18

風香が魅せられた食文化、、中国の旅レポート(その2)

 散打修行もさることながら風香が魅了されたのが、中国の食文化だ。中国では食はおもてなしの重要な部分だ。食べ切れないほどの料理が出され、残すのがある意味で礼儀とか。安くて美味という料理の数々は、風香もすっかりご満悦だった。「どの料理も美味しかったです。日本人的な味で、肉が中心かと思ったら、野菜をベースにした物が多く薬膳料理のようでした。美容には凄くいいですね」と風香は絶賛する。
そして物価の安さは買い物にも最適だった。南京市内の繁華街を歩いた風香は、デパートにも立ち寄りいろいろ物色。観光地にも足を運び、土産物購入に余念が無かった。「安かったですね。パワーストーンをいっぱい買っちゃいました(笑)。偽物のドラえもんの縫いぐるみも買ったけど、本当はミッキー(マウス)が欲しかったです」。旅は食と買い物が楽しみ。だから練習だけでなく、有意義な時間を過ごしたのだった。

▼中国の食と買い物を楽しむ風香のスナップショット。

     

     

3/17

プロレスカードのサイン会情報!

■BBM SPORTS CARD プロレス「BBM女子プロレスカード2009 true heart」発売記念
“風香”サイン会 三省堂書店神保町本店にて開催決定!「BBM女子プロレスカード2009 true heart」(1BOX 8,400円税込)の発売を記念して、風香選手のサイン会を開催いたします!
「BBM女子プロレスカード2009 true heart」を三省堂書店神保町本店でご予約の方(先着100BOX)に、サイン会整理券をお渡しいたします。さらに、2BOXお買い上げの方には当日、『“風香”大判フォト』(254mm×203mm BBM刻印入り)もプレゼント☆

【予約】三省堂書店神保町本店2Fレジにて受付中!
【会場】三省堂書店神保町本店 1F正面入口特設会場
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1
問合せ先:03‐3233‐3312

【日程】2009年 3月27日(金)18:00~
【特典】(1)当日、整理券をお持ちのお客様は、風香選手から、こちらでご用意させていただいたカード(刻印入り)にサインがもらえます。さらに、カメラをご持参の方にはツーショット写真の撮影もございます。
(2)2BOXをお買い上げの方には、[特典(1)]+“風香”大判フォトをプレゼント! さらにさらに! フォトにもサインがもらえます。(大判フォトは5種各10枚の計50枚をご用意しております。)

※風香選手のサインは、当日ご用意させていただく風香選手のカードと、プレゼントの『“風香”大判フォト』に限りますので、ご了承ください。
※イベントの内容が変更になることもございます。あらかじめご了承ください。



風香の散打修行、中国の旅レポート(その1)


風香が中国武術の散打を習得するため、312日の早朝、中国国際航空で旅だった。まず上海まで3時間のフライト。それからリニアモーターカーに乗り、ホリディイン・ホテルで列車のチケットを受け取り、上海駅まで行く。南京まで2時間だが、列車は日本の新幹線そっくり。この日、中国は全体的に雨。移動中、びしょ濡れになりながらも、目的地の南京駅に到着することが出来た。ここまでの道のりを片言の中国語と、身振り手前振りでなんとか切り抜けたのは、風香の度胸の表れだ。南京駅からはタクシーで宿泊する仙林賓館(ホテル)に行く。成田から約7時間をかけて、南京にやって来たのだ。
  翌日からは南京大学内で合宿する散打のナショナル・チームの練習に参加。日本に何度も来日し、風香とも顔見知りの魏守雷が何かと面倒を見てくれた。散打の練習は基礎体力作りに重点を置き、様々な器具を使い筋トレに余念がない。風香もバリエーションのある腕立て伏せ、腹筋を身軽にこなす。
  9時~12時、3時~6時が練習時間。午前中に基礎を行ったら、午後は実戦が中心のメニュー。風香は魏守雷に個人レッスンをしてもらい、散打の蹴りや投げ技を教えてもらう。散打はシュートボクシングに似ており、打撃でダウンを奪うか、投げることでポイントを稼ぐ競技。風香は何度も投げられるが、闘争心むき出しで向かっていく。ミット打ちの後はスパーリング。ナショナル・チームの強化選手が相手でも、風香は臆さず果敢に攻撃する。
 「散打は華やかで、様々なこかし技があるので、なんとかプロレスに取り入れていきたい。今回は短い間だったけど、有意義な時間を過ごせました。また南京に来て練習したい!」と。風香は散打だけではなく、中国文化に触れ充実した日々を過ごしたのだ。

    
 
    

3/16

風香が舞台でイオと特別試合!

◆きら星の磁力       411 12:00 公演  新木場1stRING
(出演者) 川崎あさみ、 武智大輔 、東武志、 檜尾健太、 コウジ有沢、 大嶋紀胤 MARU 斉藤啓子、 川田由美子、 唯我、 劇中での試合 風香 VS 紫雷イオ 
<チケット料金>RS(最前列)6000 自由席4500

3/11

3月12日発売のリングスターズ最新号は表紙&巻頭特集!
 表紙は対戦が決まった風香&桜花が登場。この写真は風香本人もお気に入り。巻頭は桜花由美との対談、そして風香祭が1ページで紹介され、風香祭9で闘う風香vs栗原あゆみの詳報も掲載されている。都合5ページに渡って、風香特集になのだ。定価880円で、主要書店で発売されます。



3/10

風香、2009年春の2大決戦を発表!

本日、記者会見が行われ次のことが発表されました。

仮面貴族FIESTAで桜花由美と3年7カ月ぶりのシングル!

仮面貴族FIESTA2009~ミル・マスカラス華麗なるゴールデンタイム伝説~
329日(日)新木場1stRING (午後1時開始)
◆女子プロレス・プレミアムマッチ 151本勝負
 風香   vs  桜花由美(WAVE
※過去、シングルマッチは桜花の11勝。20058月以来、37カ月ぶり2度目のシングル対決

風香「桜花さんはJDスターの時の直接の先輩で、ずっと憧れていた方なので一番、越えたいような、越えたくないような複雑な気持ちです。だけど、なかなかこういうチャンスは巡って来ないので、是非勝ちたいと思います」


桜花「風香とはJDでの先輩後輩の関係なんですけど、あたしのいた頃の風香はまだハルウララで、勝てなくて、弱くて、泣いているイメージだったんですけど。JDが無くなって独り立ちして強くなった風香を見て、人は成長するんだなと。風香が5周年を迎えるなんて、凄い感極まって、お母さん的な気持ちになって、風香もずっとプロレスを続けてくれていてるんだと嬉しく思いました。3年7カ月ぶりということで、その頃の風香とは全然違うと思うので、蹴りを主体にしているみたいなので、その蹴りで記憶が飛ばされないように、風香の成長を見つつ勝っていきたいと思います」


 -中国修行の後の試合ですが?
風香「散打で教えてもらった技をどんどん出していきたい!散打で習ってから初の試合になるので、予測されないのでそれで決めるのもいいなと思います。
 -5周年大会で見た風香の成長はどうでしたか?
桜花「逞しくなっていました。昔は試合中も泣きそうで、『頑張れ風香!』みたいな感じだったのですけど、最近は大丈夫だろう…どんな技を喰らっても風香なら大丈夫だろうと見ていました」。
 -マスカラスの大会と言うことでファン層も違いますが、何を見せたいですか?
風香「女子プロレスをあまり見ない人に、男子との違いを見せるチャンスなので、女子のスピード感だとか、華やかさを見せていきたい。あと大きな選手に勝ったらビックリすると思うので、そんなサプライズを見せたい」。

   

風香祭9では栗原あゆみと待望のシングルが決定!

FUKA  MATSURI9~風香ゴールデン・ファイト2009
429日(祝)新木場1stRING (午後1230分開始)
  <決定カード>
◆風香ゴールデン・ファイト 301本勝負
風香   vs   栗原あゆみ
※過去、シングルマッチは風香の11勝。20066月以来、210カ月ぶり2度目のシングル対決。

風香「ずっとやりたかった同期対決なので、バチバチやり合って絶対勝って大会を締めたいと思います。栗原あゆみとのカードは、みなさんが見たいと思っているカードの一つなので、その大切なカードを落とすことなく闘いたいと思います」

 -前回はPOPの王座争奪トーナメントの準決勝で当たりましたが。
風香「ドールFという技を最初に出した大会だったので、相手は警戒していなかったので今回も、また新しい技を身に付けてビックリさせながら勝ちたいと思います」。

 -栗原選手は長期欠場をしていましたが?
風香「怪我の前よりも、試合がえぐくなったと言うか、受けるのも逞しいし。休んでいたと思えないような試合をいつもしているので、自分も凄く刺激を受けています。だけど勢いでは負けたくないので、多分向こうもガンガン来ると思うので、私も栗原あゆみの勢いに負けないように攻めまくりたいと思います」。

◆風香祭DEカリビアン降臨! 201本勝負
松本浩代&大畠美咲  vs  カリビアン軍団(KIMRAM
※カリビアン軍団と松本浩代は、風香祭初出場。
風香の見所「格闘美時代に渋谷シュウとカリビアン軍団の抗争がずっと続いていて、最終的に渋谷が勝ってカリビアンの海に
帰って行ったんですけど…今回また殴り込みに来たので、今回は渋谷の直接の後輩である大畠美咲がカリビアンに挑みたいと思います」。

他カード、後日発表


3月12日から中国の南京に散打修行に出発!

 兼ねてから発表していた中国武術である散打の修行のため、3月12日より短期間ながら南京に行くことが決まった。
風香「ずっと憧れていた競技なので、やっと行くことが出来ることになったので、少しでも技だったり基本的な部分でも身に付けて帰って来たいと思います。もしかしたら、これをきっかけにまた新しい道が開けるかもしれないし、何があるのかわからないので。長い期間は行けないですが一日、一日を大事にしていろいろなものを身に付けたい。散打はプロレスに近い華やかさだったり、魅せる要素もあるので。散打の国際チームの練習に参加出来る予定です。本当にレベルの高い練習に参加するので、内容の濃い遠征にしたいと思います!」
 
 


3/9

4月12日、1年ぶりに風香のイベント開催!本日より受け付け開始!

 
<風香イベント情報>
風香の今年初めてのイベントを412日(日)午後4時から開催することになりました。
題して「風香スプリング・パーティー2009」です。詳細は次の通りになります。

412日(日)午後4時~6
場所等は都内を予定(参加者のみに集合場所を連絡します)。
参加費/お1人様5,500円(軽食&飲み放題込み)
募集定員/50
応募方法/39日よりメールにて受け付けます。
 kakimotofuka@yahoo.co.jp 及びshop@fukamatsuri.jp
※尚、定員になり次第締め切りさせていただきます。

  


3/8

風香&Rayの異色チームがパッション・レッドに快勝!

 NEO CLIMB OVER09
3月8日(日)後楽園ホール
◇タッグマッチ 15分1本勝負
風香&○Ray(11分41秒、フランケンシュタイナー)夏樹☆たいよう●&華名

 風香はRayと初タッグを組み、パッション・レッドの夏樹&華名と同世代対決。風香のテーマ曲で入場したが、雰囲気は華やいだ。因縁のあるRayと夏樹でスタートし、素早い攻防を展開。風香は華名と蹴り合いを見せ、お互いグラウンドでも譲らぬ取り合い。風香は華名のワキ固めにロープブレイクするも、キックで腕に一撃。腕ひしぎ十字を仕掛けるも、夏樹にカットされる。風香と華名は何度も蹴り合いを見せたが、華名のアンクル・ホールドに捕まり、夏樹のミサイルキックで吹っ飛ぶが、風香は夏樹をティヘラで返し、最近多用するバックドロップで追い込んだ。終盤はRayと夏樹がフォールの奪い合い。夏樹のモモ☆ラッチもカットプレーされフィニッシュに成らず…間髪を入れずRayはフランケンシュタイナーで畳み込むと、完全フォール勝ち。試合後は夏樹とのシングル決着を望んだのだった。
 試合後の勝者コメント Ray「今回はタッグマッチで、夏樹ともっと思いっきりやり合いたかったんですけど。次のシングルが決定すれば、そこでガッチリ、向こうのパッション・レッドのパッションとやらを見せ付けてやります!」、風香「ダブルで来い!と言ってくださったので、戸惑いも無く引っ張ってもらいました。全くやることが違うんで、それで上手く翻弄できたと思います」。Ray「全く(風香とは)ファイティング・スタイルが違うので、お互いの色を潰さないように、自分のスタイルでガツガツいけたと思うので」。
   

   

3/7

明日のNEO後楽園大会で販売されるポートレートが2種類!
 3月8日(日)NEOの後楽園大会用に販売されるのが、この2種類のポートレートです。①5周年記念Tシャツを着た風香②風香祭8での木村響子に放ったハイキックのベストショット。1枚定価1000円となります。

3/6

風香が大きく全面に、風香祭9のポスターが完成!

 4月29日(祝)午後12時30分から開催される次回、風香祭のポスター・デザインが完成しました。風香が左拳を握るポーズ写真が大きく使われ、かなり目立つものとなりました。”女子プロレスの黄金週間、トップは風香の闘いで飾ります!”というフレーズが決まっています。
    

3/4

東スポが風香の散打修行概略を報じた!?

 本日、発売の東京スポーツ紙上で風香が散打修行のための、中国行きが報じられました。具体的には来週予定されている会見で述べるが、来週にも中国に向かう。興味のある方はこの紙面をご覧下さい。
   

3/2

風香&ダーク・エンジェルがスペル・ルチャスの表紙になった!

  
 
 今週発売のメキシコの専門誌「スペル・ルチャス」最新号で、風香祭が特集されている。表紙にも
風香&ダーク・エンジェルが登場。これで風香祭もインターナショナルなイベントになったのだ。!
さて将来、風香祭がメキシコで開催される日も訪れるのか…!?



2/28

究極のアイドルWAVEで闘牛・空に快勝!

Saturday Night WAVE
2月28日(日)新木場1stRING
◇究極のアイドルWAVE 20分1本勝負
風香(10分1秒、外道クラッチ)闘牛・空

 牛のコミカル・シリーズが、究極のアイドルWAVEとして対戦相手に風香が登場。リングインすると牛も調子に乗って、風香のフットワークを真似る。試合はいつもの牛ワールドに持っていこうとする空に、風香は二段蹴りから、腕ひしぎ十字固めで攻めたてる。もがく空に三角締めを決めるが、空は体力にものをいわせ切り替えす。風香を恥ずかし固めに持っていこうとするが、これがスルーされると鉄柱を利用した股間攻めに移行する。風香は珍しく619を失敗し再トライ。コーナーに上り、ダイビング・プレスを試みようとするが、空は体を入れ替える。風香の困った表情に、本部席で見ていたGAMIが「業務命令です!」とマイクで告げると空はターンして風香のプレスを喰らうのだった。空も背面アタックを失敗し、もう一度やり直したが、風香は背中にキックを叩き込み外道クラッチで押さえ込んだのだ。
 風香のコメント「楽しかったです!普段は全然やらないような空気感で、やらせてもらったので。なんか自分のペースに持っていきたい気持ちもあるんですけど、牛さんの試合を見ていていつも面白いから、そのワールドに入った上で勝ちたいと思ったので、楽しくできて勝てて良かったです」。
    
 
 
2/27


WAVE 2/28新木場大会で発売されるポートレートはこれ!
 
 2度目の参戦となるWAVEの2月28日(土)新木場大会で、新発売されるポートレートはこの右手を挙げた風香のポーズです。
風香祭では用意したポートレートが完売しましたが、今回も限定ですので是非お早めにお買い求め下さい。風香がサイン即売会を行います。ふるって参加をお願いします。

2/25

週プロ最新号で風香祭を2ページ掲載で、大絶賛だ~!

 本日発売の週刊プロレス最新号で、2・22風香祭の詳報が2ページに渡って紹介されています。これまでも風香祭は毎回掲載されているが、2ページは初めて。それも大会のレポートの最後に、”風香の試合を最大限に楽しみたければ、完成度を増し続ける風香祭に行くしかない”と絶賛しているのだ。定価450円で発売中です!
  

2/23

NEO3.8後楽園大会でRayと組み、夏樹&華名と激突!

 3月8日(日)後楽園ホールで開催されるNEOの大会で、風香はRayとのタッグで夏樹☆たいよう&華名と対戦が決まった。風香とRayは1月10日のパッション・レッド興行で対戦したが、今回はタッグを組む。パッション・レッドとして快調な夏樹&華名は風香と同世代だけにバチバチした闘いが見られるだろう。

NEO『CLIMB OVER 09』
3月8日(日)後楽園ホール(午後12:00開始)
◆タッグマッチ 15分1本勝負
      
     風香 & Ray    vs   夏樹☆たいよう &華名


ダーク・エンジェルが日本滞在を終え帰国!

 風香祭に特別参戦したダーク・エンジェルが本日、午後5時20分発のJAL便でメキシコに帰国しました。帰国の際、次のようなメッセージを残しましたので紹介します。「風香祭はとてもスペクタクルなイベントで、特にダンスには驚きました。このような素晴らしい大会に参加できたことを光栄に思います。対戦したRay、Leon、FUKAキッド、パートナーのヒュウガとみんなメキシコに連れて行きたい素晴らしい選手ばかりでした。また私に対して暖かい声援ありがとう!とてもリスペクトしてもらい感謝しています。そして私は日本はとても愛しています。また日本に戻ってくる時を楽しみにしています。私はTNAと契約し、3月からアメリカでも試合をします。でも、アメリカ国内以外はフリーの契約なので、TNAとCMLL
でこれかも頑張っていきます!」。
   写真は風香祭プロデュース事務局を訪れたダーク・エンジェル

2/22


風香祭の昼夜大会は大成功!風香が新境地を切り開く!

風香デビュー5周年記念  風香祭IN新木場ワンディーズ
FUKA  MATSURI7~風香5thアニバーサリー PART1
222日(日)新木場1stRING 午後1230分開始(観衆300人=満員)


◆風香祭
DE格闘美Ing 151本勝負
○渋谷シュウ   vs   大畠美咲●
1135秒、ジャーマン・スープレックス・ホールド)                        

   

◆風香祭&アイスリボン・コラボマッチ 201本勝負
FUKAキッド    vs    さくらえみ●
○りほ            闘牛・空
1015秒、クリームパン)                        

    

◆風香祭DE LUCHA  LIBRE PRIMER 151本勝負
○ダーク・エンジェル vs   Ray
956秒、タイガー・ドライバー→エビ固め)                        

   
 3年3カ月ぶりに来日したダーク・エンジェルはリング登場からオーラを振りまく。日本では空中殺法の第一人者であるRayも翻弄されたが、初対戦とは思えぬ攻防を展開。エンジェルは美しいフォームのプランチャを見せたが、最後はRayのフランケンシュタイナーを逆エビで切り替えし高角度のタイガードライバーで完勝した。

◆風香デビュー5周年記念試合 バトル1 301本勝負
○風香       vs     田村欣子
高橋奈苗            松尾永遠●
1951秒、ドールF→片エビ固め)                 

  
 昼夜大会、昼のメインは風香が頼れるパートナー高橋奈苗と組み、NEOの田村欣子&松尾永遠と対戦。序盤は風香と松尾が一進一退の攻防を展開したが、「風香祭を潰す!」と豪語していた田村が風香を直撃。顔面にえぐい攻撃で風香を苦しめた。奈苗はこの日も大ハッスルし風香ををサポート。風香は3度目の場外ダイブを見せるなど、必死にNEO勢に食らいつく。最後は奈苗のラリアット、田村の誤爆で捕まった松尾を、風香がドールFでスリーカウントを奪った。試合後にはJDスター時代の盟友である渋谷と大畠が花束を贈呈。そして桜花由美が入場テーマで登場し、風香を祝福。「5周年おめでとう!アストレス出身でハルウララと呼ばれるほど弱かった風香が、こんなに続けるとは思わなくて、強くなってプロレス界に貢献してくれてありがとう。これからもプロレス界を盛り上げてください!」とメッセージ。風香も笑顔でこれに応じた。
 バックステージに戻り、「自分の意地を見せられ本当に良かった!ホッとしました。勝てて、夜に繋げて嬉しいです。(「強くなったぞ!」という観客の言葉に)技術も伸びていると思うんですが、一番成長したのは気持ちの部分だと思うので、夜の部はごまかしのきかないシングルマッチなので、ガンガン攻めていきたいと思います。SPEEDを真似できたことよりも、そういう場所を用意できたことが嬉しかった」と語った。

FUKA  MATSURI8~風香5thアニバーサリー PART2
222日(日)新木場1stRING 午後6時開始(観衆300人=満員)


 

◆風香祭DE新世代ファイト 151本勝負
 夏樹☆たいよう    vs    希月あおい
○紫雷美央           紫雷イオ●
1035秒、紫閃光→片エビ固め)                      

◆風香祭★超異次元バトル 151本勝負
○闘牛・空      vs   アントニオ小猪木●
1023秒、スモールパッケージ・ホールド)                       

◆風香祭DE LUCHA  LIBRE SEGUNDA 30分1本勝負
○ダーク・エンジェル  vs   FUKAキッド●
日向あずみ           闘獣牙Leon
1148秒、シャドー・チェイサー)                        


 初タッグを結成したダーク・エンジェル&日向。スタートから日向とFUKAキッドが、軽快なルチャを見せる。エンジェルとLeonはさらにスキルの高いルチャで魅せる。華麗な場外ダイブの応酬では、まず日向トペ・コンヒーロ、Leonがスワンダイブ式プランチャ、そしてエンジェルが世界一のプランチャで飛んだ。リング内に戻ったエンジェルはFUKAキッドをルチャのジャべであるシャドー・チェサーと命名された技でギブアップを奪って昼夜連勝した。

◆風香デビュー5周年記念試合 バトル2 102ラウンド
風香  (1-1)  木村響子 
1ラウンド目はスリーカウントのみ、2ラウンド目はギブアップかKOのみで勝負が決まる特別ルールを採用
①木村(646秒、ビッグブーツ→エビ固め)                  
②風香(245秒、レフェリー・ストップ)                             
延長 101ラウンド
風香(時間切れ引き分け)木村       




 特別ルールで2年10カ月ぶりのシングル対決が行われた夜の部でのメインは、激しく熱い闘いに終始。奮闘する風香の姿に観客は惜しみない拍手を贈った。風香祭初参戦の木村は観客のヒートを買い、風香の顔面を狙いまくる。風香もキックで応戦するが…1本目はビッグブーツの連発で、木村が堂々の勝利。ギブアップかKOのみで決まる2本目は、風香が怒涛のラッシュ。木村の左腕に的を絞り、腕ひしぎ十字固めががっちり決まり、レフェリーは試合をストップさせた。本来なら1-1の引き分けで終わるのだが、木村は延長を主張。「何でもありのルール!」というに対し、風香も同意し、ロッシー小川プロモーターがこれを認めて延長戦が始まった。風香は木村の痛めた左腕に、キックやアームブリーカーで徹底的に攻め立てる。木村もスリーパーで応戦するが、風香はティヘラで投げると619、ダイビング・プレスでファールを狙う。場外乱闘でも風香は負けていない。残り時間1分で両者は切り返しでフォールの奪い合い。延長10分間は密度の濃い熱闘を繰り広げたのだった。場内からは風香の健闘に、惜しみない拍手が贈られたのだ。木村は「ただのアイドル崩れのレスラーだと思ってたら、なかなかやるじゃねえか。今度は無制限でやってやるよ。それまでプロレス続けておけよ!」と叱咤激励した。
 
一つの大会がエンターティメントに仕上がりつつある!3月に散打修行に中国行きを発表!

 バックステージでの風香コメント「みんなで笑って終わりたかったんですけど、凄く残念なんですけど、だけどやってみて、勝ちたいという気持ちが強かったのに、なかなか気持ちに体が全然動けなくて。今回、見えた課題はそこだと思います。凄く悔しいけど勉強になりました!(木村の認める発言について)凄く嬉しいです。頑張ってこれだけ言ってもらえるなら、今度は勝ってもっとビックリさせたいと思います!(昼夜興行を振り返り)試合もそうですけど、プロデュースすることは、凄くきつかったですね。だけど、たくさんの人が力を貸してくれたので、こうやって実現できたことは凄く良かったと思います。(今後の展望は)昼夜興行でこれだけお客さんが来てくれたので、これからは全部、超満員にしたいと思います!だた超満員になるのではなく、この大会が見たいというって来てくれる人がどんどん増えていっていけばいいと思います。ダーク・エンジェルさん、りほちゃん、小猪木さんと(既成の)女子プロレスの枠からどんどんはみ出していって、一つの大会がエンターティメントに仕上がりつつあるので、それを大事にしていきたい。これから6年目に入ることで、今まで当たっていない選手や、しばらく当たっていない選手とやるのが当面の目標で…去年から中国武道の散打という格闘技に凄く憧れて、1度勉強しに行こうと思っていて、昼夜興行も終わったことだし、3月に散打修行に行って来ます。凄く華やかで、プロレスに通じる要素がたくさんあって、魅せるという意味でも勉強したいことがたくさんありました。だから、それを学んでプロレスのリングで出したいと思います。」と語った。



2/21

ーク・エンジェルが持参したグッズ情報!

 2月22日の風香祭に出場するダーク・エンジェルが、メキシコよりオリジナルのグッズを持参。当日、会場でサイン即売会を行うが品名と価格は次の通りとなる。尚、どれも数に限りがあるので要チェックしてください。

   
  Tシャツ 2,000円 各種写真2枚1,000円  DVD 各3,000円
 その他にツーショット撮影 1回1,000円


2/20

風香&ダーク・エンジェルがサムライTV出演で風香祭をPR!

 2月20日(金)のファイティングTVサムライ「A-ARENA」に、風香&ダーク・エンジェルが出演。25分間に渡り、風香は5年間の足跡を振り返りながら、22日に開催する風香祭をPRした。ダーク・エンジェルは3年ぶりの来日での成長ぶりをアピール。通訳にはDDTの中澤マイケルが担当した。
 

  



2/18


ダーク・エンジェルが本日、風香祭に参戦のため来日!

 本日、午後5時13分着のJAL11便でメキシコよりダーク・エンジェルが来日しました。15時間の長旅にも疲れを見せず開口一番「3年ぶりの来日になるけど、この間で私がどれだけ成長したのか見せたいと思うわ。2試合とも必ず勝つから!」と言いつつも、「日本は寒いわね。体調もいいし、ルチャリブレの素晴らしさを見てもらいたい」とコメントした。前日にはプエブラでレディ・アパッチェ&マルセラと組み、下田美馬&HIROKA&プリンセサ・ブランカと対戦。試合後、メキシコシティに戻り翌朝、日本に向って出発したのだ。



2/17

風香祭で発売されるのは、ポートレート版の風香アルバム!2004-2008の5年分とプラスワン
 2月22日、風香祭の昼夜大会で発売されるポートレートは、2004年から2008年の名場面が集約されたもの。これはまさしく風香のポートレート版アルバム。5枚集めれば、5年分の風香がコンプリートできるが、1年ごとでも記念品としては十分だ。サイン入り限定枚数、定価は1枚1,000円。5年分のコスチュームを並べた1枚も同時に発売されます。乞うご期待!
  ポートレート1枚づつにサインを入れる風香(本日サイン入れ)
    




2/16

今週の金曜日にサムライTV「S-ARENA」生出演!

 
風香&ダーク・エンジェルが2月20日(金)、午後10時から生放送されるファイティングTVサムライの人気ニュース番組「S-ARENA」にゲスト出演します。今回は、22日に開催される風香祭を特集。風香とダーク・エンジェルが大会の意気込みを大いに語ります。再放送は2月23日(土)4:00~、8:00~と何回かありますので、是非ご覧下さい。CS301チャンネルです。
 
 

2/15


風香がWAVE登場!?対戦相手は風香祭では人気者の闘牛・空!

Saturday Night WAVE vol.5
 
228()新木場1stRING 19:00開始 
◆アイドルWAVE
風香 vs 闘牛・空?
WAVEのマッチメークで、なぜかこれまで対戦相手に最も予算がかかってしまった空。そのうえギャラ泥棒のふがいなさも度重なり辟易して空にブチ切れたGAMIは、プロデューサー権限を発動し、強引に自分の趣味趣向を押し通したアイドル路線を開幕する事に。しかしこの日すでに2試合を行なうハメになってしまったGAMIをうっちゃり、まんまと空は風香との対戦権をゲット!

 


2/13


風香祭で発売されるフォトブックの表紙をお見せします!
 
 デビュー5周年を記念した1冊は全24ページで、風香祭7&8において発売されます。5年間の足跡が人目でわかる年表や、豊富な写真で構成された2004~2008年に渡ってのグラフ、風香自身に振り返ってもらったインタビューと内容も満載。もちろん出場選手の紹介や、特別参戦のダーク・エンジェルもバッチリ載っています。1部1,500円で発売されますが、数に限りがありますので来場の方はお早めにお買い求め下さい。

2/10

5周年記念DVDのジャケットが完成、22日はサイン入りで直販!

 風香の5年間のすべてが収録されたDVD「風香THE BEST」が22日の風香祭で先行発売されますが、このほどジャケットの印刷が完成。風香が会場販売用のためジャケットに1枚、1枚サインを入れました。200試合のキャリアを持つ風香ですが、このDVDでは150試合が収録。つまり風香のプロレスラーとしての大半がここに詰まっているのだ。試合スタイルも変わったが、何より風香の雰囲気が大きく変化した。弾むような体型から、筋肉質のボディになった。ここでは女性・風香の足跡も存分に感じられるのだ。風香ファンは記録という意味でも是非、コレクションに加えてもらいたい作品です。
  
   




2/8


週プロmobileで2月の待ち受け祭りに風香が配信!

 週刊プロレスmobileの2月「待ち受け祭り」今月の特集で風香の画像が配信中です。毎週木曜日に新たな画像が加わりますが、現在は風香祭での入場シーンが”オープニング集”として5種類アップされています。12日、19日、26日とどんな画像が出てくるのか、お楽しみに!



2/6


明日の東京中日スポーツに風香が掲載されます!
 
 風香が日比谷に在る、日比谷中日ビルを訪れ東京中日スポーツの取材を受けました。風香祭を2週間後に控えた風香は、大会の宣伝として見所をPR。文化社会部長の計らいで、記者の人たちに囲まれ記念撮影も行いました。明日、発売の紙面で紹介されますので、是非チェックしてください。

2/5


木村響子が吼える!風香の顔をボコボコニする!


木村響子のコメント
◆風香の認める部分は?…「顔は可愛いので、あえて顔を狙っていきたい。顔をボコボコニして、ちょっと不細工にしてもうアイドルを辞めてプロレスに専念したほうがいい」
◆シュートボクシングでも勝っている実績について?…「それはそれで凄いことかもしれないけど、記者会見の口喧嘩でつっかえる様な奴ですよ。言い合いでつっかえる奴に私は負ける気がしない!」
◆風香祭の印象は?…「見たことはないけど、ポスターに風香しか映っていない。風香しか映っていないなら、風香が1人でやればいいじゃない!?」

 FUKA MATSURI8~風香5thアニバーサリーPART2
222日(日)新木場1stRING 午後6時開始
◇風香デビュー5周年記念試合 バトル2 10分2ラウンド
  風香  vs  木村響子
※特別ルールとし、1ラウンド目はスリーカウントのみ、2ラウンド目はギブアップかKOのみで勝負が決まる。




2/4

これぞ風香の決定版DVDが完成!5年間の足跡、全150試合が収録!
2月22日、風香祭で先行発売します!

 
デビュー5周年記念コンプリート・コレクション
「風香THE  BEST 20042008

FMP-105 540in 10,000円(3枚組ディスク)

 必殺系アイドル風香、プロレスラー5年間の軌跡
 150試合を収録したベスト版が完成!

<収録内容>
DISC1 風香・格闘美奮闘編~デビュー~アストレス卒業~POP王座奪取~
2004年~2006年の総93試合を収録!
DISC2 風香・激闘躍進編~JDスター解散~風香祭開催~他団体進出
2007年~2008年の総57試合を収録!
DISC3 特典映像 風香セレクション
風香セレクションマッチ、必殺技カタログ、コスチューム・コレクション
<特別2大対談>風香&井上京子、風香&松尾永遠


     

2/3

華名との蹴り合いは見応え十分、ベイダー興行で貫禄の勝利!

皇帝降臨ビッグバン・ファイト2
2月3日(火)新木場1stRING
◇6人タッ30分1本勝負
○風香&アップルみゆき&渋谷シュウ(8分20秒、ドールF→片エビ固め)華名&中島安里紗&紫雷イオ●

 元JDスターの風香と渋谷が解散以来、1年半ぶりにタッグを組みアップルとのトリオで登場。一方は元AtoZの華名&中島にイオがドッキング。風香は最後に入場し、貫禄を見せる。試合は風香が華名とスピーディーな蹴り合いを見せ、場内を沸かせた。華名が蹴りから張り手を見舞うが、風香も張り手を見せ、ハイックで倒す。6人が目まぐるしい展開を見せる中、風香はイオのムーンサルト・プレスを喰らいながらも、得意のFクラッシュでフォールを狙う。イオがこれを耐えると、次は必殺のドールFでピンフォール勝ち。若手世代に入ると風香の貫禄が際立った。
 風香のコメント「出番は少なかったけど、動きは良かった。いつもは6人だと、それだけでパニックになっちゃうんですけど、今日は割と落ち着けて。同世代が多かったので、何か負けたくない。特に華名さんは、バチバチ蹴ってきたので、それでは負けられないという気持ちが強かったので、気持ちが出せて良かったです!」。
   

  


2/2


ベイダー興行で発売のポートレートです!
 2月3日(火)、新木場で行われるベイダータイムでは6人タッグに出場しますが、
この日に発売されるポートレートはこれです。新木場を借りで撮影した沢山の写真
からセレクトしました。定価は1枚1,000円です。

2/1

DASH・チサコと好勝負を展開、風香息吹出場詳報!

 第27回息吹
2月1日(日)新木場1stRING
◇シングルマッチ15分1本勝負
風香(7分43秒、ドールF→片エビ固め)DASH・チサコ

 風香にとって2度目の参戦となった息吹は、チケット完売の大盛況。対戦相手のチサコとは初対戦で、仙女勢とも初遭遇となった。風香はチサコのラッシュ攻撃に応戦し、巧みなグラウンドでのサブミッションで苦しめる。序盤から腕ひしぎ十字を狙うが、チサコをこれに耐え何度もロープブレイクで逃れる。小気味のいいドロップキックで、チサコは活路を見出し、切り返し技でフォールを奪おうとする。ミサイルキック、ダイビング・プレスでフォールを狙おうとするが、風香はカウンターキック、ニーアタックで反撃。途中、風香の動きが止まるシーンがあったが、雪崩式ブレーン・バスター、得意のFクラッシュは返されるが、最後は必殺ドールFで完勝。初の仙女との対戦を切って落とした。
 風香のコメント「凄い気合は入っていましたが、ちょっと焦ってしまいました。あまり後輩とする機会がないので、何か違いを見せなきゃという気持ちが、上手くいかなかったけど。顔面ばかり狙ってくるので、叩いてくる手を取ろうとして関節に入ったりとか、やりましたけど。何か反省点が出てきた感じですが、勝てて良かったです。仙女に対するイメージは凄く基本が出来ていて、力強さがある。今日は気持ちの強さが伝わってきたので、負けられないと思いました!」。

 

  


1/31

風香祭夜の部追加カード、希月あおいが初参戦!

 昨日発表しました風香祭のカードですが、未決定だった夜の対戦カードが次の通り決まりました。

FUKA  MATSURI7~風香5thアニバーサリー PART2
222日(日)新木場1stRING 午後6時開始

①<風香祭DE新世代バトル>151本勝負
 夏樹☆たいよう&紫雷美央 vs 希月あおい&紫雷イオ

※希月あおい(アイスリボン)は風香祭に初参戦となり、紫雷イオとの10代コンビで出場。


息吹で発売される最新ポートレートはこれです!
  2度目の参戦となる2月1日(日)、新木場1stRINGで行われる息吹の大会で
 発売する新しいポートレートのデザインがこれです。お馴染みのホワイト・コス
 チュームで、淡い雰囲気のものです。1枚1000円で試合後の売店で、サイン即
 売を致します。


1/30

風香祭の昼夜カードが決定!6団体4グループが出場!

風香デビュー5周年記念
風香祭IN新木場ワンディーズ

FUKA  MATSURI7~風香5thアニバーサリー PART1
2月22日(日)新木場1stRING 午後1230分開始

①<風香祭DE格闘美Ing>151本勝負
 大畠美咲 vs 渋谷シュウ

 (エスオベーション) (WAVE)
   
 
②<風香祭&アイスリボン・コラボマッチ>201本勝負
 FUKAキッド& りほ  vs さくらえみ & 闘牛・空
 
 (風香祭)(アイスリボン)(アイスリボン)
     

③<風香祭DE LUCHA  LIBRE PRIMER >151本勝負
ダーク・エンジェルvs Ray
 
(CMLL)           (エスオベーション)
     

④<風香デビュー5周年記念試合 バトル1>301本勝負
  風香 & 高橋奈苗 vs 田村欣子 & 松尾永遠

 (風香祭) (パッションレッド)   (NEO)       (NEO)
        

  

FUKA  MATSURI7~風香5thアニバーサリー PART2
222日(日)新木場1stRING 午後6時開始

①<風香祭DE新世代バトル>151本勝負
 夏樹☆たいよう&紫雷美央   vs  希月あおい&紫雷イオ
  (パッションレッド)(MAKEHEN)   (アイスリボン) (MAKEHEN) 
        

②<風香祭★超異次元バトル>151本勝負
アントニオ小猪木vs闘牛・空
 (西口プロレス)
     

③<風香祭DE LUCHA  LIBRE SEGUNDA30分1本勝負
ダーク・エンジェル&日向あずみvs闘獣牙Leon&FUKAキッド
 
 (CMLL)          (JWP)      (JWP)    (風香祭)
       

④<風香デビュー5周年記念試合 バトル2>10分2ラウンド
     風香  vs  木村響子
   (風香祭)  (レボルシオン・アマンドラ)
       

※特別ルールを採用し、1ラウンド10分の2ラウンドで闘う。1ラウンド目はスリーカウントのみ、2ラウンド目はギブアップかKOのみの決着とする。

当日発売される新グッズ)
DVD 風香デビュー5周年コンプリート・コレクション
 「風香 THE BEST」 3枚組 540分収録 定価10,000
◇風香祭フォトブック6  定価1,500
◇デビュー5周年記念ポートレート 各1,000
◇デビュー5周年記念Tシャツ 各種3,500


次回、風香祭のお知らせ
 FUKA  MATSURI9~風香ゴールデン・ファイト2009
 429日(水・祝)新木場1stRING 午後1230分開始

<チケット料金>
Sシート/6,000円  Aシート/4,000円 レディース・シート/3,000円
キッズ・シート(小中学生)/1,000円(当日のみ)
<プレイガイド>
チケットぴあ 0570029999、後楽園ホール 0358009999、風香祭Webサイト 
<先行発売>
222日(日)風香祭大会にて
<一般発売>
223日(月)より

風香vs木村響子は異例の10分2ラウンドで対決! 
 

 風香祭の会見が1月30日、午後2時より行われひと通りのカード発表の後、PART2のメインで闘う木村響子については「2年8カ月ぶりのシングルの対戦となります。格闘美で対戦して、その時はまだ歯が立たない感じなんですけど、自分はどんどん成長して、木村さんの活躍も同じ会場で見ているんですけど。ここで試合をするのは、今なら勝てるという自信が持てたからです。しっかり昼夜2試合共勝って、みんなで”5周年だワッショイ!”ということで大会を締めくくりたいと思います!」。 

 そこへ風香と闘う木村響子が登場。木村「お~い、風香!何?風香祭り?ねえ知ってる?こういう興行は、自分の名前を付けていいのはもっと偉い人だけなんだよ。お前レベルで百万年早いよ!お前なんか、あたしとやったら秒殺だよ。そんで風香祭りは名前を変えて、アマンドラ祭りにしてもらうから」と捲くし立てると、風香は「私は秒殺なんかされません!木村さんこそ、そんなに自信があるなら、ギブアップかKO、倒すか、倒されるかで決着付けたいと思います」。
 
 「上等だ、何でもいいよ、何でもやってやる!ハンデ上げてもいい。どんな不利なルールでも、これに負ける気はしないので。」、「もう2年近く、試合をしていないので、昔の私と違うところを見せたいと思います」と言い合うと、「それじゃルールは任せますよ、何か面白いルールを考えてくださいよ!」と木村はプロモーターのロッシー小川にルールを一任する。

 すると、しばし考えた後、「ちょっと突拍子もないルールを考えてみました。お互いの主張を取り入れ、10分1ラウンドで2ラウンドの闘いをしてもらって、1ラウンド目はスリーカウントのみの勝負。2ラウンド目はKOかギブアップのみのルールにします。そこでお互いの個性をぶつかり合ってもらいたい」と小川氏は新ルールを提案した。両選手はこれに同意、当初の30分1本勝負から変更された。
 
  
 
   


1/22

風香祭で5周年記念Tシャツを販売、デザインが決定!
 2月22日(日)新木場大会で開催される風香祭で、デビュー5周年を記念したTシャツが発売されます。このほど、そのデザインが完成しました。昨年の5月大会、奈良凱旋、シュートボクシング挑戦に続く、アート・ジャンキーによる第4弾。今回は上記の2種類で、初めてバナナ・カラーの登場です。定価は1枚、3,500円です。


1/21

風香のメディア掲載情報
日の東スポ、明日発売のリングスターズを見てください!


 本日発売された東京スポーツの6面に、風香祭に燃える意気込みが載っています。これは昨日のサムライTVロケの際に、取材を受けたもの。2月22日の風香祭に対してや、今後の活動における構想が語られています。


  
 こちらは明日、22日から全国の書店で発売される女子プロレス専門誌「リングスターズ」Vol.2で、風香&松尾永遠の新春対談が掲載されています。浅草の浅草寺で撮影され、人力車に乗った美女二人が2009年をトークしています。定価1,000円です!

1/20


サムライTVのロケで東スポ編集局に潜入!放送は1月23日の金曜日!

 プロレス&格闘技専門チャンネルであるサムライTVが2月から番組改編のため、風香がそれを東京スポーツに掲載してもらおうと任務を受け、越中島にある編集局を訪れた。運動部に向かいプロレス担当の記者を直撃。その模様は1月23日(金)午後9時から放送される「S-ARENA」でご覧ください。風香のレポーターぶりはどうなのか?また、風香祭の宣伝もしてきたので近日発売の東スポ紙面を要チェックだ。「S-ARENA」は何回かリピート放送されます。
  


1/18

りほが風香祭出場を直訴し、参戦が決定!

アイスリボン・33
118日(日)北沢タウンホール
◇タッグマッチ151本勝負
○さくらえみ&安藤あいか(1151秒、エビ固め)風香&りほ●

 初参戦となったアイスリボンだが、風香&りほの仲良しタッグで登場。風香&りほは見事な連携プレーを見せ、さくらを翻弄する。「ニコニコ印!」というハート型を描いたポーズも見せて余裕の試合展開。風香も安藤を相手にキックを連打、りほもさくらに軽快な立体殺法で振り回す。風香はさくらに投げっぱなしジャーマンや、ドールFも放つ。りほがさくらにコルバタを仕掛けたが、上手く切り返されエビ固めで瞬時のフォール負け。さくら&安藤が勝利を宣すと、りほがマイクを取り「風香さん、今日は負けてしまってスミマセンでした…自分が本当に情けないです(場内、爆笑)。なので、今度の風香祭に出させてください!自分は風香さんの前で(さくらに)勝ちたいので、よろしくお願いします!」と風香祭の緊急参戦をアピールしたのだ。場内は割れんばかりの拍手に包まれた。風香はこれには苦笑し承諾したのだ。
りほのコメント「本当に風香祭には出たかったんで、風香さんにこの場をお借りしてお願いしてみました。自分がさくらえみをぶっ潰す試合をしたいです!」それを受けて風香は「本当にずっと前から、りほちゃんのお母さんからも「見に行くので、出たい」と言っていると聞いて、是非出て欲しいと思っていたので、こういう形でリベンジしてもらえたら嬉しいです!りほちゃんの試合は是非、見たいと思います」。






風香がJ-GIRLSで挨拶、参戦の可能性は!?

 北沢タウンホールのアイスリボンが終了すると、風香は新宿に向かいSHINJUKU FACEで行われる女子キックボクシング「J-GIRLS」に出向いた。この日は主催者サイドから招待されリングサイドで観戦となったわけだ。第1試合から熱心に観戦したが、休憩時間後にリングアナに紹介されリング上に登場。挨拶することとなり、「すごい試合ばかりで驚きました。機会があれば、「J-GIRLS」に参戦したいです」とリップサービス。風香はゲスト的な扱いを受けたが「どの試合もアグレッシブで技術が高かったですね。正直、驚きました」と語っていた。



1/17

 アイスリボンで発売されるポートレート情報!

 風香が初出場するアイスリボンの会場で発売されるポートレートが完成しました。
今回はこれまでの、りほとの絡みをふんだんに使用したバージョンです。記念品としては、いい感じで出来ました。定価は1,000円です。



1/16


息吹で仙女の選手と初遭遇、DASH・チサコと対戦!

 2度目の参戦となる息吹で、初めてセンダイガールズの選手と対戦することになりました。十文字姉妹の姉、DASH・チサコ選手は小柄ながら抜群の闘志の持ち主。軽快なウラカン・ラナを得意としています。

第27回 息吹
2月1日(日)新木場1stRING  午後12時30分開始
◇シングルマッチ15分1本勝負
風香 vs DASH・チサコ
                      

  
1/15

ベイダー興行で渋谷&アップルとトリオで出陣!

 ビッグ・バン・ベイダーのプロデュースする大会「皇帝降臨ビッグバン・ファイト2」に出場が決まった風香は、渋谷シュ&アップルみゆきとトリオを結成。華名&中島安里紗&紫雷イオと対する。風香と中島は07年9月23日、SUNの君津大会以来の対戦となる。

皇帝降臨ビッグバン・ファイト2
2月3日(火)新木場1stRING 午後7時30分開始
◇6人タッグ 30分1本勝負
風香&&アップルみゆき&渋谷シュウvs華名&中島安里紗&紫雷イオ

 VS  


1/14

風香が仮面貴族マスカラスと共演!?

 あの“仮面貴族”ミル・マスカラスが2年半ぶりに来日し、藤波辰爾、初代タイガーマスクも参戦する豪華イベント「仮面貴族FIESTA2009」に風香の出場が決まりました。この大会は仮面貴族FIESTA実行委員会がプロデュースし、風香祭プロデュースが運営をサポートします。さて風香はどんなカードが組まれるのか?昭和プロレス・ファン、ルチャ・ファン、そして女子プロレス・ファンも楽しめるイベントに期待してください。

(大会概要)
~ミル・マスカラス華麗なるゴールデン・タイム伝説~
仮面貴族FIESTA2009

3月29日(日)新木場1stRING
1230開場 1300開始
<主催>仮面貴族FIESTA実行委員会
<後援>DEPO MART
<協賛>オリエンタルプラントサービス(株)
<お問い合わせ>DEPOMART 03-3818-6221風香祭プロデュース 03-3678-4226
<出場選手>ミル・マスカラス、藤波辰爾、初代タイガーマスク、風香、他
(入場料金)
プレミアム・シート 15,000円(最前列=プレミアム・グッズ&大会パンフレット付)
アレナ・シート 8,000円(大会パンフレット付)
(プレイガイド)
チケットぴあ Pコード813-4160570-02-9999)、e+(http://eee.eplus.co.jp/index.html
後楽園ホール(03-5800-9999)、DEPOMART03-3818-6221
風香祭プロデュース(03-3678-4226
(プレイガイド発売日)
118日(日)より


1/13

 風香祭のスペシャル・ゲスト参戦
ダーク・エンジェルにインタビュー(後編)

 風香のことはアスリートとしても素晴らしい選手だし、
タレント性もあり成功してもらいたいと思っています

―あなたは以前から体のシェープアップを心掛けていますが、何を最も気にしていますか?
DA   私は毎日の運動を、ストレス解消法や気分転換ぐらいに考えるようにしています。自分の身体における変化に対して、とてもエキサイティングになります。体全身を鍛えたいですけど、特に足と背中に力を入れています。体を動かすのに、重要な場所ですからね。鍛えていてとても楽しい場所は、ふくらはぎです。鍛えるとすぐに結果が出る部分ですから。長距離ランニングも大好きです。
―その成果がCMLLのボディビル・コンテストで優勝し実りましたが、かなり嬉しかったのでは?
DA  毎回、とてもハードなトレーニングの末の結果だったので、とても満足がいったわ。CMLLがレスラーに対してレスリング以外にアスレチックのフィールドで何が出来るのかを試させてくれる機会を示してくれたことに対しとても感謝しています。
―まるでボディビルダーのような鋼のような体になりますが、これをどれだけ維持していくのですか?
DA   今後もずっとトレーニングは続けていくけど、大会当時の体をキープするのはとても大変です。私が行ってきたダイエットは大変、厳しいものだったし、1年中、あんなストイックなダイエットを続けるのは不可能だと思う。脱水状態によくなったし…大会ではボディーペインティングやライティングのせいもあって、とても見栄えが良くなるの。
―ところでメキシコに住んでどのくらいになりますか?
DA メキシコに最初に来たのが2003年の10月だから、もう5年以上になります。
―なぜ、最初はメキシコシティではなく、モンテレーだったのですか?
DA 最初に来た場所がモンテレーでした。カナダ人トレーナーのエディ・ワッツが滞在していた場所だったからです。ここでエディは私にいろいろな人を紹介してくれて、スペイン語を学ぶ手助けをしてくれました。アパートを借りて、家具なども揃え、ねこも飼い始めました。モンテレーはメキシコシティに比べ、比較的安全で、より平和な場所です。しかしながら、昨年4月にメキシコシティに出て来ました。なぜなら、メキシコシティの方がパブリシティも含めて可能性が大きいからです。
―ところでCMLLにおける最大のライバルは?
DA   私の一番のライバルはプリンセサ・スヘイと HIROKAです。それとミマ(下田美馬)も何事にもギブアップしない、とても意思が固く、強い素晴らしいレスラーだと思います。あとCMLLのベルトを持っているアマポーラには是非とも勝って、世界チャンピオンになりたいわね。
―試合では飛び技が得意ですね?
DA 一番はプランチャだわ。誰よりも美しいフォームで飛べる自信があるし、それにはこだわっているのよ。相手がルチャリブレで来れば、ルチャリブレで対抗するし、どんなスタイルでも対応するから。
―毎試合、コスチュームを代えているのも見せ場ですね?
DA カナダの国旗をイメージした物や、デザインもいろいろな種類があるのよ。やっぱり肩の筋肉、腹筋とかをいかに綺麗に見せるかを心掛けているから。20着ほど持っているけど、日本ではどんなコスチュームにしようかと今から楽しみにしているわ。
―最後に再来日に際してメッセージお願いします。
DA 今回は風香のアニバーサリー・イベントに招聘されますが、彼女のことはアスリートとしても素晴らしい選手だし、タレント性もあり成功してもらいたいと思っています。そして短い滞在ですが、また日本の食事を楽しみにしています。対戦相手がどうのというより、私が日頃から鍛えているその成果が出せればと思います。是非、会場に来て応援してください!

   


1/12

 風香祭のスペシャル・ゲスト参戦
ダーク・エンジェルにインタビュー(前編)

 成功するためには、自分自身の強さと弱さをよく把握することが大切です。
そして自分の価値を自分自身で高めていかなければならない!

 

―あなたの再来日を望む声が多かったのですが、初めて行った日本の感想はどうでしたか?
ダーク・エンジェル(以下、DAとする) 日本はとても美しい国で、私は日本が大好き。ファンはとてもレスラーを尊敬してくれて、心から私たちを支えてくれるのでとても感謝しています。日本には世界でもトップレベルのレスラーが何人もいるので、日本で過ごした経験はとても名誉に思っています。
―カルチャーの違いを感じましたか?
DA   メキシコと日本では文化的な違いがたくさんあります。メキシコでは愛情表現がとても豊かです。笑ったり、冗談を言い合ったり、感情を表に出すのが大好きで、大はしゃぎしたり、祝いごとをよくします。日本はメキシコと違ってとても効率の良い国だと思います。とても質の高いカスタマーサービスには関心させられますし、人々の時間を大切にしようとする姿勢にはいつも感銘を受けます。日本はとても秩序だった国で、みんなとても働き者だと思います。日本にはたくさんの教訓が生活に生きています。日本人はとても生真面目なので、練習をしているときでも、それを強く感じます。
―日本とのレスリング・スタイルの違いについては?
DA  メキシコのルチャリブレと日本のプロレスのスタイルは異なります。私はハードな打撃スタイルや力技を用いるプロレスが好きなのです。そのようなスタイルでの試合の方が、ラフですが、決まったときに効果的です。
―印象に残っている思い出は何かありますか?
DA   たくさん! 私は日本で食事に行くのが大好きでした。特に焼肉が大好きになりました。日本では以前にトライしたことのない食べ物をたくさん試しました、例えば、お刺身、桜肉、のり、海藻などです。ステーキハウス・リベラに食事に行ったのも、今ではいい思い出です。なかでも一番印象的だったのは、ファンから受けたもてなしです。自分がとても歓迎されていると実感できて嬉しかったです。
―そもそもプロレス入りしたきっかけは?
DA   普通とは違ったスポーツをやってみたかったのが、私がプロレスを始めたきっかけです。ムエタイ式のキックボクシング、パンクラシオン、柔術の練習や試合をしていましたが、プロレスリングをやってみようと自然に思い立って始めることになりました。私のお気に入りレスラーはオーエン・ハートやエディ・ゲレロです。
―これまでで一番、影響を受けた人は誰ですか?
DA   両親のサポートとフィル・ラフォンには本当に感謝しています。彼は私にプロレスビジネスについて色々と教えてくれた人で、また、私のトレーニングの面倒をずっとみてきてくれました。
―あなたのプロレスをやる上でのモットーは何ですか?
DA   成功するためには、自分自身の強さと弱さをよく把握することが大切です。そして自分の価値を自分自身で高めていかなければならない。なぜなら、誰もあなたのために、それをしてくれないからです。そして未来の自分を想像していくこともとても大切です。



1/11

新年第1戦は久々のドールFでRayに快勝!

パッション・レッド興行「1PASSION
110日(土)板橋グリーンホール
◇シングルマッチ 301本勝負
風香(132秒、ドールF→体固め)Ray

 風香にとって新年初の試合は、Rayとのシングル初対決。「バチバチ闘ってほしい」というプロデュース側である高橋奈苗のリクエスト通り、スタートからキックとサブミッションの攻防で緊張感ある展開を見せた。Rayは風香に対抗するようにキックを叩き込むが、的確さでは風香が勝る。Rayは水平チョップを連発すると、風香の胸板はミミズ腫れとなった。グラウンドでは、風香が三角締めやヒール・ホールドで締め上げる。Rayは回転キック、バックラッシュで畳み込む。Rayのキックが風香の鼻を痛打。これに動きが鈍った風香だが、飛び膝蹴りから久しぶりにドールFを炸裂させスリーカウントを奪った。
 風香のコメント「蹴り技とか本格的にやっている人じゃないのに、巧みな蹴り技が多くて、顔面からやられて(鼻が)もぎっていってきつかったですけど。でも最後まで、心が折れなかったので絶対、今年はどんどん勝っていこうと思うので。第1弾、いいスタートになれて良かったです!」。




1/10

りほとの仲良しタッグでアイスリボン初参戦!

大晦日でリッセットさせた形となった、風香とアイスリボン勢の闘いだが…このほど、風香がりほとタッグを組み、アイスリボンに初めて出場することになった。対戦相手は大晦日に続いて、さくらえみ&安藤あいかとの再戦。さて、どんな展開が待ち受けるのだろうか?乞うご期待だ。

アイスリボン32
118日(日)北沢タウンホール 午後2時開始
◇タッグマッチ
風香&りほ   vs   さくらえみ&安藤あいか




1/9

年初めに発売されるポートレート2種類!